¥ 3,456
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニッ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選 単行本(ソフトカバー) – 2006/11/14

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 2,785

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選
  • +
  • Debug Hacks -デバッグを極めるテクニック&ツール
  • +
  • 実践 デバッグ技法 ―GDB、DDD、Eclipseによるデバッギング
総額: ¥9,936
ポイントの合計: 299pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

本書のテーマは低レイヤのプログラミング技術です。低レイヤと
は「生」のコンピュータに近いことを意味します。ソフトウェアの世界は抽象
化の積み重ねによって進歩してきました。抽象化は低レイヤの複雑な部分を隠蔽
し、より生産性、安全性の高い方法でプログラミングする手段を開発者に提供し
ます。しかし、低レイヤの技術を完全に忘れてプログラミングできるかという
と、そうもいきません。性能をとことん追求したい、信頼性をできるだけ高めた
い、ときおり発生する「謎のエラー」を解決したい、といった場面では低いレイ
ヤに降りていく必要に迫られます。残念ながら、抽象化は万全ではないためで
す。本書の目的は、そういった場面で使えるたくさんのノウハウ「Binary
Hack」を紹介することです。本書では、Binary Hackを「ソフトウェアの低レイ
ヤの技術を駆使したプログラミングノウハウ」と定義し、基本的なツールの使い
方から、セキュアプログラミング、OSやプロセッサの機能を利用した高度なテク
ニックまで広くカバーします。(「はじめに」より)

内容(「BOOK」データベースより)

計算機の力を限界まで引き出すプログラミングテクニックが満載!基本ツールの使い方、GCCの拡張機能、セキュアプログラミング、さらにOSのシステムコールやインラインアセンブラを駆使した高度なテクニックまで解説。名うてのハッカーたちがこの一冊のために集結し、低レイヤのプログラミング技術の活用法とディープな楽しみ方を明らかにする。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 412ページ
  • 出版社: オライリー・ジャパン (2006/11/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873112885
  • ISBN-13: 978-4873112886
  • 発売日: 2006/11/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,415位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
家を建てたいとしよう。本当の本当に必要な最小限度の道具立てを考えると、電動工具は不要だ。でも、実際には電動工具は効率的に家を建てるためには不可欠。

この本に載っている情報の多くは、ソフトウェア開発者にとっての「電動工具」。

たとえば"objdump -d で逆アセンブルの結果が出てくる"なんてのは、gdbを使えば不要な知識かもしれない。elfファイルの構造は知らなくても、どうにかなる。共有ライブラリの動作原理を知らなくたって、ほとんどのプログラマは困らない。

でも、objdump を知っていると、Linux/scripts/checkstack.plのようなプログラムが書ける。elfの構造を知っていると、デバッグ情報は実はメモリにロードされないから、ディスクに余裕があるなら -g オプションはつけっぱなしにしよう、という気になる。共有ライブラリのロード手順を知っていると、後付で動的ライブラリを切り替えて文字コード対応する、なんてプログラムの作り方が出来ることに気づく。

大工さんがよい道具に興味を示すように、優秀なプログラマはよい道具に関心を示す。そんなプログラマになりたいなら、入門書としてこの本はお勧め。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
コンパイラツール群の単なるフロントエンドであるgccコマンド1発しか普段使わない
私のようなにわかプログラマには知らない事ばかりが詰まっていてとても有益な
1冊でした。最初から最後までわくわくしっぱなしでした。自分はコンピューター
歴は結構長いのですがこの本を読んでやっと中級レベルになれた気がします。

Cの文法書は非常にたくさんある,UNIXの本もたくさんある,Shellの本もそこそこ
ある,しかし本書のような,重要ではあるが一般人はあまり使うことのない
binutilsツール群の解説書は他に見たことがありません。「gcc」以外のコマンドを
日常的に使うユーザーは私は少ないと思っていますが,その数少ない人でなくても
強くオススメします。本書はbinutilsのテクニック集という体をとっていながら
実はOS全般の理解を深めるのに絶大な効果のある1冊です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
GNUプログラミングテクニック集と言った感じの本です。
バイナリフォーマットの説明に関しては期待したほど深く突っ込んでいません。
100ものテクニックを紹介することが中心なので全体的に駆け足の説明になっているような気がします。

テクニック集なので前提になる知識は自分で調べる必要があります。
少なくともGNUの使用経験と多少のアセンブラの知識が必要です。
GNUを利用したことがあればなるほどと思うことがあると思われます。
ただし、ハードウェアやOSに依存したテクニックが多く、移植性、保守性を無視したテクニックが多いことに注意しましょう。
実用的な本というよりは、バイナリを意識したテクニックを通じてコンピューターの勉強をする本なのかもしれません。

組込みソフトウェアの技術者は本書のような本を読んでおいても損はありません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
余裕のある人が読む本かもしれませんが、読めば役立つ本です。ある程度自分で書ける人向きで、初心者向きではないとは思いますが。でも、ファイルの種類チェックやダンプの仕方、0とNULLの違い、シグナルの話、プログラムの細かい動きかたなど、結構、言語やシステムをきちんと理解したいなら知っていて当たり前みたいな、基礎的なことが書いてあるとも言えます。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
以前からバイナリファイルには興味があったため、読んでみました。
Webページでは見つからないようなテクニック、ノウハウが満載です。

静的ライブラリと共有ライブラリの説明がとても分かりやすかったです。
例えば、標準の strcpy 関数を自分で実装できるが、リンク時になぜ
シンボルの二重定義でエラーとならないのかがずっと謎だったのだが、
この本でやっと分かりました。
このように、シンボル(関数)の二重定義が検出されない場合があるため、
思わぬバグの原因となる可能性があるので、開発時にこの辺は常に意識
しておく必要があります。

「bitmask する定数は符号なしにする」で説明されている話は、以前私が
遭遇したのと全く同じ現象でした。その時は理由が分からなかったが、
整数昇格と符号拡張が原因のようです。とても勉強になります。
「大きすぎるシフトに注意」、「0 と NULLの違いに気を付ける」もまさに
目から鱗で必見です。例えば、memset 関数の第2引数は int 型だが、
実務のソースでは、NULL ポインタを渡しているソースをよく見かけま
した。64bit環境に移植したらトラブルになると思われます。
...続きを読む ›
2 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック