この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Batman Begins Soundtrack, Import

5つ星のうち 4 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 3,453より 中古品の出品:5¥ 1,297より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ジェームズ・ニュートン・ハワード ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • CD (2005/6/14)
  • オリジナル盤発売日: 2005/6/15
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack, Import
  • レーベル: Warner Home Video
  • 収録時間: 140 分
  • ASIN: B0009IW88A
  • EAN: 0012569713246
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 404,853位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Vespertilio
  2. Eptesicus
  3. Myotis
  4. Barbastella
  5. Artibeus
  6. Tadarida
  7. Macrotus
  8. Antrozous
  9. Nycteris
  10. Molossus
  11. Corynorhinus
  12. Lasiurus

商品の説明

内容紹介

Score by Award Winning Composers Hans Zimmer (Gladiator, The Lion King) and James Newton Howard (The Village, The Fugitive). Track Titles: 1. Vespertilio 2. Eptesicus 3. Myotis 4. Barbastella 5. Artibeus 6. Tadarida 7. Macrotus 8. Antrozous 9. Nycteris 10. Molossus 11. Corynorhinus 12. Lasiurus Total Run Time: 1:00:32

Amazonレビュー

巨匠ふたりの手による作曲は稀なことだが、ダニー・エルフマンによる1989年の『バットマン』(原題『Batman』)の人々の記憶に立ち向かうには、ふたりの人間が必要だったのかもしれない。クリストファー・ノーラン監督の黒に戻ろうとするアプローチが、ティム・バートン監督の移り変わる幻影のようなアプローチと大きく異なるのと同様に、ハンス・ジマーとジェームズ・ニュートン・ハワードの試みもエルフマンの音楽にあまり似ていない。たとえば、はっきりわかるテーマを見つけるにはかなり四苦八苦するだろう。このふたりの作曲家は、地味で繊細な感じをほとんどの部分で維持してはいるが、「Myotis」(邦題「マイオティス」)や「Antrozous」(邦題「アントロザウス」)のように期待どおりの荘厳なアクション・スコアも仕上げている。この詩的に聞こえる題名は、コクトー・ツインズの古いレコードから取ったわけではなく、コウモリのいろいろな種類の名前だ。特に秀でているのは「Tadarida」(邦題「タダリダ」)で、スケアクロウの薬物による悪夢の様子と関連して、音声をゆがめる効果をいくぶん取り入れている。時にはかないほどの美的なムードで、それぞれの曲はお互いにしばらく混ざり合っていく。スタイルの継続は全体の雰囲気をうまく作り上げているが、黒い影のそれぞれを区別するのは難しいこともある。(Elisabeth Vincentelli, Amazon.com)


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
これはかなり質が高いです。さすがハンス・ジマーと思いました。メインテーマがないとおっしゃられてる方もおられるみたいですが10曲目などいいテーマではないでしょうか!?あのテーマはなかなか作れませんよ・・・。派手さを求める人にはあまり満足しない作品でしょうが美しい曲だと思います。

追記:
今作品はHans ZimmerとJames Newton Howardという異質の有名作曲家2人によってCo-composedされました。これがどのようにスコアに反映しているか。
自分はZimmerの大ファンなので彼のクセは熟知していますが、Howardのスコアはほとんど聴いたことがありません。なのでZimmerの音楽から推測すると、トラック3、8、10のようなアクションはもちろんZimmerだと思います。
ただそう言ってもいつものとは少し違い、どの曲もダークさだけではなく独特のミステリアスな雰囲気を持っています。これがHowardによる影響ではないかと。彼の過去の作品を見るとそういうジャンルが得意なような気がします。
この独特なHoward音楽の上にZimmerらしさを加えることで、ダークでミステリアスかつ美しくカッコいいテーマ曲が生まれたのではないでしょうか。初代のDanny Elfmanの曲を一切使わず、評価が高い事実がこの作品の質を
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 ビギンズの音楽は二人の巨匠によるコラボレートで話題を呼びました。片方は100本以上の映画音楽を手がけ日本でも超人気のハンス・ジマー。もう片方はサスペンスやスリラーやディズニー映画にも参加しているジェームス・ニュートン・ハワード。ジマーとニュートン・ハワード(以下:JNH)は共にディズニー映画でも大人気であるのが共通項でもあります。
 今までのバットマンシリーズはそれぞれ作曲者が変更になろうともメインテーマは必ず存在していました。しかしビギンズはどうでしょう。バットマンのテーマと呼べるテーマがありません。
ところが聞いてみるといつものようにメインテーマが流れてオープニングらしい匂いを感じさせる楽曲が必ず1曲目に来ていたのですが、ビギンズの場合、暗く悲しいテーマが静かに演奏されるだけに終わりました。どうしてなのか?とさらに考えてみました。
しかし答えは簡単なことでした。ビギンズはどういった経緯でバットマンになるかという作品なので、過去4作品のような冒頭からバットマンが登場するような映画ではありません。これが答えです。この映画も初めからバットマン登場では、ビギンズというタイトルも無駄になるし、経緯も全く無意味になってしまいます。それともうひとつ。今回はキャラクターよりも映像に合わせたスコアが多いため、メインテーマはあえて作らなかった模様です。今回のスコアは
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 03575182013 投稿日 2006/1/17
形式: CD
ダニー・エルフマン版バットマンよりもツボでした。冒頭から鳴り響く太鼓のような力強いリズムがずっと印象に残っています。

ダークな重厚感を持った音楽がバットマンというキャラのイメージにピタリと当てはまっているように思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 daidat 投稿日 2011/9/15
形式: CD Amazonで購入
カッコイイ!浸れます。
ダークナイトより好きです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック