数量:1
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 タカコー書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■レンタルアップではありません。■帯なし■中古商品ため、多少のケース傷や日焼け、ディスクの微キズなどはご容赦ください。■ディスク面は研磨クリーニング済みの為、目立ったキズはなく良好の状態です。■付属品(付録・初回特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。■その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。■商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。ご了承ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,062
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Ballad for Edvard Grieg CD, Import


価格: ¥ 2,081 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,367より 中古品の出品:3¥ 533より

デジタルミュージックストア
読書に最適なクラシック25曲入り100円コンピレーションほか、 クラシックの名盤も取り揃えたクラシックストアはこちら。 便利な無料音楽アプリも使える、 Amazon デジタルミュージック(MP3)ストア をチェック。


Amazon の Leif Ove Andsnes ストア

ミュージック

Leif Ove Andsnesのアルバムの画像

写真

Leif Ove Andsnes点の画像
Leif Ove AndsnesのAmazonアーティストストア
for 45 点のアルバム、9点の写真、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • オーケストラ: Berlin Philharmonic Orchestra
  • 指揮: Mariss Jansons
  • 作曲: Edvard Grieg
  • CD (2007/6/26)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: EMI Classics
  • ASIN: B000SOBU8Y
  • EAN: 0094639439928
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 440,039位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. I. Allegro molto moderato
2. II. Adagio
3. III. Allegro moderato molto e marcato - Andante maestoso
4. Ballade in G Minor, Op.24
5. No.6 Homesickness (Heimweh)
6. No.6 Homeward (Hjemad)
7. No.5 Cradle song (Bådnlåt)
8. No.6 Wedding Day at Troldhaugen (Bryllupsdag på Troldhaugen)
9. No.4 Evening in the mountains (Aften på höjfeldet)
10. No.7 Remembrances (Efterklang)

商品の説明

Amazonレビュー

Released in honor of the centenary of Grieg's death, this is a loving tribute to Norway's greatest composer by a compatriot and renowned interpreter of his music. The album includes reissues of Andsnes' award-winning recording of the "Concerto" with the Berlin Philharmonic, the Lyric Pieces, recorded in Grieg's home on his own piano, and a new recording of the "Ballade Op. 24," an unfamiliar piece Andsnes only recently added to his repertoire and is performing in public for the first time this season. Dark, brooding, and melancholy, it was written when Grieg, despite his growing international fame, was facing personal and creative crises. Cast in the form of a large-scale set of variations, it is essentially a series of almost improvisatory character pieces, related but highly contrasting in style, sound, texture, and mood. It is technically extremely demanding, especially as it builds toward its spectacular final climax. The Lyric Pieces, composed throughout most of Grieg's life, are charming, descriptive miniatures; they vary in style from impressionism to folk-music, and in mood from the pensive, poetic "Homesickness" to the cheerful, robust dance, "Wedding Day at Troldhaugen." The "Concerto," written in 1868 when Grieg was only 25, is the epitome of unabashed romanticism and one of the repertoire's enduring favorites. Though sometimes dismissed as unsophisticated and naïve, its qualities emerge clearly in the right hands, and Andsnes' performance could hardly be bettered. He commands the keyboard with natural, unobtrusive virtuosity and an infinite variety of touch, color, and nuance. The melodies sing; cascades of runs ripple and flow with crystal clarity; tone and expression can change in an instant. Mightily abetted by the wonderful orchestra, he makes the music sound wistful, dreamy, and delicate, or grand and heroic; it never loses its elegance and sentiment never turns into sentimentality. --Edith Eisler

Product Description

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Pen VINE メンバー 投稿日 2009/1/30
形式: CD
グリーグは、一般には『ペール・ギュント』のイメージが強いが、実際には『抒情小曲集』というピアノ曲集を出し続けた「北欧のショパン」とも言われる作曲家で、ピアノこそが彼の楽器であり、ピアノ曲こそが彼の本領と言えるだろう。現在のノルウェーを代表するピアニストであるアンスネスが案内役となった同名のドキュメンタリー番組とともにつくられたこのCDは、本当の意味での新録音はその番組でもフィーチャーされていた「ノルウェー民謡による変奏曲形式のバラード」だけである。だが、そのめったに演奏されない「バラード」と、子供の頃からグリーグの曲に親しんできた彼がグリーグ愛用のピアノで弾いた『抒情小曲集』からの抜粋や、マリス・ヤンソンス/ベルリン・フィルという強力なバック・アップを得た有名なピアノ協奏曲を、まとめて1枚で聴けるこのCDは、ピアノの作曲家としてのグリーグの魅力を知るのに最適なCDとなっている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック