通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: Blu-ray限定版、特典類完備。出品物はスリーブケース、デジパックケース、本編Blu-ray、特典CD、ブックレット、ジャケットイラストカード2枚、です。中古品ですがスリーブケースに多少の使用感ある以外はそれぞれの状態はよく、ケースやディスク盤面、その他付属物等に傷、汚れなどの使用感はほとんど無く綺麗です。保管時や配送時のスレ傷や汚れ防止のためクリスタルパック包装し、ゴミ分別しやすいよう剥せるタイプの管理ラベルを使用しています。Amazon配送センターよりAmazon同等のサービスにて発送されます。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,137
こちらもどうぞ
カートに入れる
¥ 7,197
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

BLOOD-C 6【完全生産限定版】 [Blu-ray]


参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 7,197 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 147 (2%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、発送屋 本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 7,197より 中古品の出品:4¥ 2,032より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

BLOOD-C 6【完全生産限定版】 [Blu-ray] + BLOOD-C 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray] + BLOOD-C 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
合計価格: ¥ 20,394

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 水樹奈々, 藤原啓
  • 監督: 水島 努
  • 形式: Color, Limited Edition
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アニプレックス
  • DVD発売日: 2012/02/22
  • 時間: 48 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.1  レビューをすべて見る (24件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B005ET25U0
  • EAN: 4534530049346
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 76,614位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

【完全生産限定版(BD&DVD共通) 特典】
■CLAMP描き下ろしジャケット&クリアケース仕様
■特典DISC
■ジャケットイラストカードA(限定版ver)
■ジャケットイラストカードB(通常版ver)
■ブックレット
■4.22「BLOOD-"C"arnival」チケット優先販売申込券封入

※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※完全生産限定版は数に限りがございます。

≪Copy Right≫
©2011 Production I.G,CLAMP/Project BLOOD-C TV/MBS

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気マンガ家集団・CLAMPと「BLOOD」シリーズがコラボしたTVアニメ第6巻。小夜の前に現れた求衛ねねとのの。小夜の封じられた記憶と彼女を取り巻く仮初の世界の謎が明かされていく。第11話「たれをかも」と最終第12話を収録。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ちょもら 投稿日 2014/10/4
1から10話までは、確かに単調の繰り返しで、いつになったら結末に近づくのかかなり不安でした。
もしかしたら、最終回に詰め込みすぎてまとめきれないんじゃないかと思ってたんですが、、、予想が的中してしまいました。
11と12話の内容があまりにひどい!
特に11話、種明かしで30分潰したような形ですからね!
そして問題の最終回。味気ない父親との戦い、とにかくありったけのメインキャラと村人が惨殺されます。
もう、ハチャメチャな内容で溜め息しかでません。アニメでここまでがっかりした作品はこれが初めてです。
全話通して☆1に近いですが、劇場版にホリックの四月一日が登場して、不覚にも「マジか!」と驚いてしまったので☆2です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
38 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 donkobune 投稿日 2012/7/2
劇場版を観てから、このテレビ版を観ました。最初はクラスメイトや町の人々を邪悪な「古きもの」から守るために戦う美少女の物語、と思っていたら、観ている内に「なんかおかしいぞ」と思うようになりました。まず、舞台が不自然です。美しい自然に囲まれた「浮島」は、しかし、低年齢の子どもや高齢者がいません。小夜の登下校時間には小中学生の姿がありません。私立高校があるのに、小中学校がありません。過疎の町なので、シャッター通りの商店街があるのは良いのですが、住宅街には人の気配がありません。それから、主人公の小夜は巨乳で少しドジで純粋な眼鏡巫女娘という設定です。これはまるで男の欲望をそのままキャラにしたようです。また、妙にアキバ系の色が強い制服も不自然さを感じます。小夜の巫女コスもどこか不自然です。実は、黒幕である文人が自分の願望に合わせて作り上げたものです。
そして、このDVD第6巻で、小夜は死んだはずのクラスメイトたちから、全てはウソだったことを知らされます。いつも優しく小夜を見守っていた七原文人が、小夜を「実験」するために作り上げたセットであったこと、ののやねねは犯罪歴を文人にもみ消してもらうため、香奈子は朱食免を手に入れるために参加したことを小夜に告げます。なによりも衝撃的なのは、小夜の正体を知った上で彼女に愛を告白した慎一郎が、カネを得るために参加したことです。汚いモノを観るような目
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
92 人中、57人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 虎乱 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/30
 とりあえず、企画があらぬ方向へ向かった作品になってしまったことが残念です。
 素人目から遠巻きに見ても、監督、脚本の意思疎通、BLOOD-Cプロジェクトの企画自体が滅茶苦茶になっているとしか思えない。
 TV版と劇場版は別だと聞いておりましたが、このTV版は劇場版に丸投げ状態になってしまいました。
 いつの間にか映画は6月公開になってるし……(確かもう少し公開早かったような……間違ってたらすみません)
 12話の最終回は「BLOODはグロじゃないとダメなんだろ見せてやるよ」と言うような強引で無茶苦茶なグロテスクな表現が多すぎます。
 グロテスクを越えてスプラッターと言っても過言ではありません。
 BLOODだけでなく、バトルホラーはグロテスク以上に、雰囲気、暴力的なカタルシスが求められる作品で無ければならないと思います。
(本当に初代見たのか?PS2版やったのか?プラスに目を通したのか?)
 正直、比較的グロがあっても大丈夫なほうなのですが、今作の12話は目を背けたくなりました。もはやTVで放映できる表現じゃありません。
 クランプのキャラデザ、声優目当ての方には絶対にオススメできる作品ではありません。
 脚本の大川氏が原因かと思いましたが、ここまで来るとTVシリーズと解っていなが
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
79 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ツキウサギ 投稿日 2011/9/30
全話視聴しての感想です。
他の方もおっしゃっていましたが、展開が単調でかつテンポも悪かったです。
10話あたりでやっと動きだしたと思いきや、ラストは劇場版に投げっぱなしのような展開…。

12話は正直視聴をおすすめしたくないです。
私はアニメを何回か見返すことが多いのですが、「もう視たくない」と思ったのは初めてかもしれません。
それくらいグロテスクなシーンが多いです。一度視て気分が悪くなりました。

しかも、そのグロさには意味がないように私には感じられました。
前作の「BLOOD+」 にも血が出るシーンはけっこうありましたが、目を背けたくなることは無かったように思います。
それはそのシーンに意味があったからではないでしょうか。(前作を視たのはずっと前ですのではっきりは覚えていませんが…)
意味のないグロさは気分を害するだけということがこの作品でわかりました。

登場人物も使い捨てのような死に方をしていて、キャラがかわいそうだと思いました。
単調な展開を繰り返すぐらいならば、もっと登場人物に感情移入できるような場面、展開を入れるべきだったのではないかと思います。

最後まで視て、後味の悪さだけが残りました。
来年、劇
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック