BIGBANG


BIGBANGのデジタルミュージック
並べ替え:
売れている順番
1-10 of 234
曲名 アーティスト名 アルバム  
30
BIGBANG
30
BIGBANG
30
BIGBANG
30
BIGBANG
30
BIGBANG
30
BIGBANG
30
BIGBANG
30
BIGBANG
30
BIGBANG
30
BIGBANG

BIGBANG の画像
アーティストまたはその代理人から提供されています

最新のツイート

YGEXStaff

【D-LITE】10月28日(火)ニコニコ生放送に出演!『期間限定ニコニコ動画販売サイト』もOPEN決定!詳細はこちら ⇒ http://t.co/iSb0DuuEOv  #DLITE #BIGBANG #でぃらいと http://t.co/URLnNNLLa9


バイオグラフィー

楽曲制作はもちろん、ダンスメイキングからライブプロデュースまで自らの手で成すBIGBANG。
宇宙誕生を引き起こした大爆発を意味するその名の通り、日本の音楽シーンでも革新的なサウンドとパフォーマンスによって爆発的なムーブメントを巻き起こしている。
2006年に韓国でデビューを果たすや、ヒット曲を立て続けに飛ばしてきた彼らG-DRAGON作詞・作曲の楽曲「嘘(Lies)」/「最後の挨拶」、そして2008年発表の「Haru Haru」の国民的大ヒットにより、デビュー1年あまりで韓国最強の実力派グループとしての地位を確立。
2007年からアジアへ活動を広げ、2008年の日本進出以降、日本でも人気を獲... 続きを読む

楽曲制作はもちろん、ダンスメイキングからライブプロデュースまで自らの手で成すBIGBANG。
宇宙誕生を引き起こした大爆発を意味するその名の通り、日本の音楽シーンでも革新的なサウンドとパフォーマンスによって爆発的なムーブメントを巻き起こしている。
2006年に韓国でデビューを果たすや、ヒット曲を立て続けに飛ばしてきた彼らG-DRAGON作詞・作曲の楽曲「嘘(Lies)」/「最後の挨拶」、そして2008年発表の「Haru Haru」の国民的大ヒットにより、デビュー1年あまりで韓国最強の実力派グループとしての地位を確立。
2007年からアジアへ活動を広げ、2008年の日本進出以降、日本でも人気を獲... 続きを読む

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

BIGBANGとは宇宙を誕生させた(大爆発)を意味する言葉。革新的なパワーで音楽業界に新たな時代の到来を知らせるべく結成された韓国の大手音楽事務所<YGエンターテインメント>に所属するヒップホップ・グループ。
メンバーは、13歳でYG FamilyのHIP HOPアルバムに参加した天才ラッパーG-DRAGON(ジードラゴン)、12歳でYG Familyに入り次世代R... 続きを読む

楽曲制作はもちろん、ダンスメイキングからライブプロデュースまで自らの手で成すBIGBANG。
宇宙誕生を引き起こした大爆発を意味するその名の通り、日本の音楽シーンでも革新的なサウンドとパフォーマンスによって爆発的なムーブメントを巻き起こしている。
2006年に韓国でデビューを果たすや、ヒット曲を立て続けに飛ばしてきた彼らG-DRAGON作詞・作曲の楽曲「嘘(Lies)」/「最後の挨拶」、そして2008年発表の「Haru Haru」の国民的大ヒットにより、デビュー1年あまりで韓国最強の実力派グループとしての地位を確立。
2007年からアジアへ活動を広げ、2008年の日本進出以降、日本でも人気を獲得し2009年6月、
メロウで胸を締めつける切なさの滲む1stシングル『MY HEAVEN』で日本でのメジャーデビューを飾る。
続く2ndシングル『ガラガラ GO!!』、3rdシングル『声をきかせて』を発表、
同年年末には“ベストヒット歌謡祭2009 ゴールドアーティスト賞”、“第42回 日本有線大賞 最優秀新人賞”、そして“第51回 日本レコード大賞 最優秀新人賞”を受賞する。
リリースやライヴを重ねる度にファンを増やし続け、その結果MTV主催“VMAJ”では最優秀新人アーティストビデオ賞のほか、3冠を達成し、日本が世界に誇る野外フェス、 SUMMERSONIC2010への出演でも話題をさらう。
日本メジャーデビュー後にリリースされた全てのオリジナルシングル/アルバムがオリコン・ウィークリーチャートTOP10入りしているBIGBANG。
遂に2011年5月、メジャー2ndアルバム『BIGBANG 2』がオリコン・ウィークリーランキングで1位を獲得!
日本でもその人気を不動のものにした。

軽妙でエッジの効いたG-DRAGONのラップと重厚に轟くT.O.Pのラップによる“ハイ”と“ロー”の2つのカラーのラップと、
ソロシンガーとしても評価の高いSOL、D-LITE、V.Iの柔らかでリスナーを包み込む3色のボーカルという5つの音が絡み合い放つ、唯一無二のグルーヴ。
そのグルーヴが生み出すBIGBANGサウンドは、新たな曲を出すたびに新鮮な風を巻き起こしている。
一つの形に止まらない、変幻自在で自由奔放なエレクトロ・ポップの快進撃は限界を知らず、続いていく。
そんな彼らは自らプロデュースするステージ・パフォーマンスでも評価が高い。
インディーズ時代の2008年には幕張メッセ2回公演を始めとした東名阪ツアーを成功させ、
メジャーデビュー後に開催したジャパンツアー「ELLECTORIC LOVE TOUR 2010」 では横浜アリーナ、日本武道館の全6公演で5万人の観客を動員。
更に2011年、東名阪アリーナツアー「Love & Hope Tour 2011」では大阪城ホール、幕張メッセ、日本ガイシホールの全8公演で前年の倍となる約10万人を動員する。

昨年11月にはヨーロッパ最大級の音楽授賞式『MTV EUROPE MUSIC AWARDS 2011』で「ワールドワイド・アクト賞」を授賞するなど
名実共にアジアを代表するモンスターグループとなった彼ら。
2012年3月28日、全世界待望のニュー・アルバム『ALIVE』をリリースし、
アジア・北米・南米・ヨーロッパを巡る初のワールドツアー「BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR」では全世界12ヶ国21都市48公演で80万人を動員。
ここ日本においても、東京・大阪・福岡3大ドーム公演を含む全6都市19公演で45.5万人を動員し、日本全国を熱狂の渦に包んだ。

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

楽曲制作はもちろん、ダンスメイキングからライブプロデュースまで自らの手で成すBIGBANG。
宇宙誕生を引き起こした大爆発を意味するその名の通り、日本の音楽シーンでも革新的なサウンドとパフォーマンスによって爆発的なムーブメントを巻き起こしている。
2006年に韓国でデビューを果たすや、ヒット曲を立て続けに飛ばしてきた彼らG-DRAGON作詞・作曲の楽曲「嘘(Lies)」/「最後の挨拶」、そして2008年発表の「Haru Haru」の国民的大ヒットにより、デビュー1年あまりで韓国最強の実力派グループとしての地位を確立。
2007年からアジアへ活動を広げ、2008年の日本進出以降、日本でも人気を獲得し2009年6月、
メロウで胸を締めつける切なさの滲む1stシングル『MY HEAVEN』で日本でのメジャーデビューを飾る。
続く2ndシングル『ガラガラ GO!!』、3rdシングル『声をきかせて』を発表、
同年年末には“ベストヒット歌謡祭2009 ゴールドアーティスト賞”、“第42回 日本有線大賞 最優秀新人賞”、そして“第51回 日本レコード大賞 最優秀新人賞”を受賞する。
リリースやライヴを重ねる度にファンを増やし続け、その結果MTV主催“VMAJ”では最優秀新人アーティストビデオ賞のほか、3冠を達成し、日本が世界に誇る野外フェス、 SUMMERSONIC2010への出演でも話題をさらう。
日本メジャーデビュー後にリリースされた全てのオリジナルシングル/アルバムがオリコン・ウィークリーチャートTOP10入りしているBIGBANG。
遂に2011年5月、メジャー2ndアルバム『BIGBANG 2』がオリコン・ウィークリーランキングで1位を獲得!
日本でもその人気を不動のものにした。

軽妙でエッジの効いたG-DRAGONのラップと重厚に轟くT.O.Pのラップによる“ハイ”と“ロー”の2つのカラーのラップと、
ソロシンガーとしても評価の高いSOL、D-LITE、V.Iの柔らかでリスナーを包み込む3色のボーカルという5つの音が絡み合い放つ、唯一無二のグルーヴ。
そのグルーヴが生み出すBIGBANGサウンドは、新たな曲を出すたびに新鮮な風を巻き起こしている。
一つの形に止まらない、変幻自在で自由奔放なエレクトロ・ポップの快進撃は限界を知らず、続いていく。
そんな彼らは自らプロデュースするステージ・パフォーマンスでも評価が高い。
インディーズ時代の2008年には幕張メッセ2回公演を始めとした東名阪ツアーを成功させ、
メジャーデビュー後に開催したジャパンツアー「ELLECTORIC LOVE TOUR 2010」 では横浜アリーナ、日本武道館の全6公演で5万人の観客を動員。
更に2011年、東名阪アリーナツアー「Love & Hope Tour 2011」では大阪城ホール、幕張メッセ、日本ガイシホールの全8公演で前年の倍となる約10万人を動員する。

昨年11月にはヨーロッパ最大級の音楽授賞式『MTV EUROPE MUSIC AWARDS 2011』で「ワールドワイド・アクト賞」を授賞するなど
名実共にアジアを代表するモンスターグループとなった彼ら。
2012年3月28日、全世界待望のニュー・アルバム『ALIVE』をリリースし、
アジア・北米・南米・ヨーロッパを巡る初のワールドツアー「BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR」では全世界12ヶ国21都市48公演で80万人を動員。
ここ日本においても、東京・大阪・福岡3大ドーム公演を含む全6都市19公演で45.5万人を動員し、日本全国を熱狂の渦に包んだ。

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

BIGBANGとは宇宙を誕生させた(大爆発)を意味する言葉。革新的なパワーで音楽業界に新たな時代の到来を知らせるべく結成された韓国の大手音楽事務所<YGエンターテインメント>に所属するヒップホップ・グループ。
メンバーは、13歳でYG FamilyのHIP HOPアルバムに参加した天才ラッパーG-DRAGON(ジードラゴン)、12歳でYG Familyに入り次世代R&Bヴォーカリストとして脚光を浴びているSOL(ソル)を中心に、オーディションでその座をつかんだTOP(トップ)、D-LITE(ディライト)、V.I(ヴィアイ)の5人で構成される。

近年大型新人の登場がなかった韓国音楽業界で06年度最も期待される新人として注目を浴び、07年に発売されたG-DRAGON作詞・作曲の楽曲「嘘(Lies)」が民放・各音楽プログラムで8週連続チャート1位を獲得するなど、国民的な大ヒットを記録。続く「最後の挨拶」「Haru Haru」についても前作同様の8週連続チャート1位を獲得する偉業を達成。

07年後半からは本格的に海外活動をスタートさせ、タイでのデビューに続き、日本では08年1月にデビュー・ミニ・アルバム『For The World』をリリース。同年3月には日本・タイ・韓国を含めた全7都市にて、単独ライヴ・ツアー『GLOVAL WARNING TOUR』を実施。10月に発表した日本初となる1stフル・アルバム『Number1』は、オリコン・デイリー・チャート3位、<レコチョク♪>での着うた(R)デイリー・チャートでは1、2位を独占した。また、このアルバムのリリース・イベントには、3,000人を越えるファンが集まり、過去最高動員数を記録。同時期には、約14,000人を動員した東名阪ツアー『STAND UP TOUR 08』を大成功させた。

そして09年6月24日、<ユニバーサルミュージック>より1stシングル「MY HEAVEN」で遂にメジャー・デビュー。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら