¥ 3,866 + 関東への配送料無料
在庫あり。 販売元: サウンドハウス
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,974
+ 関東への配送料無料
発売元: オフプライス楽器
カートに入れる
¥ 3,974
+ 関東への配送料無料
発売元: 島村楽器(全国送料無料)
カートに入れる
¥ 4,930
+ 関東への配送料無料
発売元: アルバセレクト
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

BEHRINGER UFO202

5つ星のうち 4.3 41件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,292
価格: ¥ 3,866
OFF: ¥ 1,426 (27%)
この商品の特別キャンペーン 1 点以上購入すると、配送料無料 1 件

残り8点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サウンドハウス が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:14¥ 3,866より
  • オーディオキャプチャー
  • バンドル:無

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



よく一緒に購入されている商品

  • BEHRINGER UFO202
  • +
  • audio-technica ラインケーブル ATL461A/1.5
総額: ¥4,755
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報



製品の特徴:
  • メーカー型番 : UFO202
  • 入出力端子 : RCAピンジャック グランド接続
  • コンバーター : 16bit
  • サンプリングレート : 32.0kHz,44.1kHz,48.0kHz
  • システムの必要条件;動作環境 : Windows、プロセッサ : Pentium III/Athlon XP 1Ghz、USBポート×1(USB1.1 以上)、CD ドライブ、512MB RAM、オペレーティングシステム、Windows XP SP2/Vista/7
詳しい仕様を見る

重要なお知らせ

ご注意(免責)> 必ずお読み下さい
通常3営業日以内で発送いたします。3営業日以内に発送できない場合はメールにてご連絡します。また併売商品のために売切れの際はご容赦ください。別途返金いたします。

商品の情報

詳細情報
メーカー型番UFO202
インターフェース USB 2.0
カラースクリーンいいえ
  
登録情報
ASINB002GHBYZ0
おすすめ度 5つ星のうち 4.3 41件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 楽器 - 2,069位 (ベストセラーを見る)
発送重量118 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2009/5/3
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

この非常にコンパクトなインターフェースを使用すれば、お手持ちのWindows®およびMac®コンピューターをオーディオ機器に接続することができます。このインターフェースをコンピューターの空いているUSB ポートに差し込むだけで、準備完了!UFO222はフォノプリアンプを内蔵したオーディオインターフェイスです。さらに、 U-CONTROLダウンロードエリアでは、レコーディングおよび編集用のソフトウェアパッケージを数多く提供しています。システムの必要条件;動作環境:ASIO対応 Windows、プロセッサ:Pentium Ⅲ/Athlon XP 1Ghz、USBポート×1(USB1.1 以上)、512MB RAM、オペレーティングシステム、Windows XP SP2/Vista/7 システムの必要条件;動作環境:Mac、プロセッサ:G4 1.5GHz またはデュアルコア 1.6GHz、USBポート×1(USB1.1 以上)、CDドライブ、512MB RAM、オペレーティングシステム、MAC OS X 10.4以降


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
LPレコードをディジタル化して保存するために購入。本器のoutputをスピーカーにつないで聞くとよさそうなので、SoundEngineで録音してみるとモノラルになっている。いろいろ調べると、Lチャンネルの音声がL/Rの両チャンネルに録音されていることが分かった。Amazonでのコメントを読むと、同じようにモノラルになってしまう、という投稿があり、またUSBドライバを最新のものに変えないとダメ、という投稿もあった。ドライバのダウンロードはサイトがわかりにくく迷った末にようやく発見。インストールすると今度はちゃんとステレオで録音できる。これなら価格を考えると満足できる。でも最近リリースされたというものではないのだから、最初から正常動作するものを添付してほしい。評価はドライバソフトが古いこと、またドライバソフトのダウンロードサイトが分かりにくいことで二つ減点です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
これをつなげるとノートPCの音がよくなるというのもあるでしょうが、
この製品の最大の利点は、
ASIOドライバが使用可能なオーディオインターフェイスの中で
最も安価で携帯性に優れドライバも安定しているということです。
さすがはコスパの王者、機材屋BEHRINGERの製品です。
他の方も書かれているように、最新ドライバをダウンロードして導入すれば
何の問題もなく動作してくれます。
ヘッドホンジャックがステレオミニしかないのが残念と言えば残念ですが、
ノートPCなどで安価にDAWを動かしたい方には最適の製品といえるでしょう。
もちろん使い方は買った人の自由なのでw、
単に音をよくするといった用途にもいいと思います。
3 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
USBのついてない昔のデジタルマルチトラックレコーダからライン出力→このオーディオインターフェース→PCのUSBに繋いでソング録音しましたが、曲頭前後の無音部分でのノイズが消えて尚且、ソング自体の音質も良くなってました。 この製品はお薦めします。安くて質も確かに良いです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ホームページで専用ドライバをダウンロードし、組み込むことを強くお勧めします。
Win7ではWDMデバイスとして組み込み、WASAPIモードで使用すると
発音遅れをASIOなみに小さく設定できます。
ASIOall4経由で標準デバイスとして使用すると
動作が非常に不安定だったのでWASAPIモードで使用しています。
どれが専用ドライバなのかホームページではわかり難かったので星一個マイナスしました。
1 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
値段からしたら良いと思います。音はやっぱり高価なのに比べると悪いです。抜けも悪いし音の分離性も悪いし。でも使えないレベルではないです。充分使えます。ただ、デジタルの特性なのか、アナログのフォノイコライザーに比べて高音も低音も出ません。CDのように上下が削られてる感じです。アナログフォノイコライザーを使うと、安いものでも高音と低音の出方は、CDとは比べ物になりません。そのような感じは無いです。やっぱりデジタル処理された音です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
LPレコードをデジタル化してパソコンに取り込みCDに録音する目的で購入しました。レビューで何人もの方が書かれている様に最新のドライバー(ASIO4ALL_2._13_English.exe )を導入しソフトはサウンドエンジンV5を使用し正常に動作するか確認しました。
確認するとL/Rと正しく入力されているにもかかわらっず録音はL/Lで録音されR側が録音されません。確かドライバーを最新にするとこの様な現象は起こらないはずと思っていましたが、そうではありませんでした。
それで販売店やホットラインミュージックの方に色々とお聞きして原因が分かり今は正常に動作しています。

★もし、まだお困りの方がおられましたら以下を参考にしてください。
①最新のドライバー(ASIO4ALL_2._13_English.exe )を導入する。※Windows10にも対応
②(コントロールパネル)→(サウンド)の(再生タブ)を開き下にある(USB AUDIO CODEC)を既定デバイスに設定する。
③ 録音タブを開き(ライン入力 USB AUDIO CODEC)を既定のデバイスに設定する。
④(ライン入力 USB AUDIO CODEC)を右クリックし、そのメニューの中にある(プロパティ)を選択します。
  次に(詳細タ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー