通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文前に必ずお読みください。動作に支障のない、中古品の経年劣化による傷・色あせはご容赦ください。商品タイトルに「限定」「初回」などの記載がございましても特典や内容物のない場合がございます。応募券(ハガキ)・帯・シール(カード)などの封入物は原則として付属しておりません。予めご了承の上ご注文ください。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BBゴローの恐の出来事 (竹書房ホラー文庫) 文庫 – 2013/2/28


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫, 2013/2/28
"もう一度試してください。"
¥ 689
¥ 689 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

BBゴローの恐の出来事 (竹書房ホラー文庫) + 恐怖箱 吼錆(くさび)   (竹書房ホラー文庫) + FKB実話怪談覚書 有毒花 (竹書房ホラー文庫)
合計価格: ¥ 2,067

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

稲川淳二の物まねでお馴染みのBBゴローが怪談を語る!ハンパない実話が容赦なく恐怖の世界へ引きずり込む…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

BBゴロー
1972年北海道富良野生まれ静岡県御殿場育ち。ギター漫談・弾き語り・漫談を駆使する「遅れてきた昭和芸人」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 220ページ
  • 出版社: 竹書房 (2013/2/28)
  • ISBN-10: 4812493390
  • ISBN-13: 978-4812493397
  • 発売日: 2013/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 539,773位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あまぞん VINE メンバー 投稿日 2013/3/11
どうして竹書房の本って、誤植が多いんでしょうね。
誤植のない本はないというくらいの頻度で呆れるくらいです。
また本作、面白いものの「です・ます調」と「だ・である調」が混在している芸人さんの書いたものに多い残念な書き方…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nonokan 投稿日 2013/4/6
Amazonで購入
恐怖の感じ方は人それぞれですが、怪談本としてそれなりに怖く読めます。毎度の事ながら、相変わらずの誤植。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 magnumx 投稿日 2013/3/15
全然怖くもないし、落ちもないし、どーでも良い話がいくつかあった反面、「こういう話はあまり聞いたことがないかも」というような話もあり、全体的には、まずまず楽しめる。「実話」と言っても、必ずしも信用はしていないが、どの話もあまり人工的な匂いがないところも好感がもてた。しかし、帯に「ハンパない実話が容赦なく恐怖の世界へ引きずり込む」とあるのは、あおり過ぎ。そこまで怖くない。あと、先行レビュアーも書いてる通り、ちょっと校正が甘いのではないだろうか。竹書房の本は実話怪談くらいしか読んでないので、他は分からないが、確かに誤植というか、助詞が抜けてたりするのは、良く見かける。毎月2冊3冊と発行していくペースに無理があるのか。文芸作品ではないので、多少のことは目をつぶっても良いが、段々ひどくなってる様な気がする。善処望む。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
Amazonで購入
バッフアローゴローさんの本と思ってたら、稲川順二さんのモノマネの人の本でした。あまり怖くなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック