¥ 8,261
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Aspects of Harpsichord Ma... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Aspects of Harpsichord Making in the British Isles (Historical Harpsichord) (英語) ハードカバー – 2010/3/30


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 8,261
¥ 8,002


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • ハードカバー: 226ページ
  • 出版社: Pendragon Pr (2010/3/30)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 1576471535
  • ISBN-13: 978-1576471531
  • 発売日: 2010/3/30
  • 商品パッケージの寸法: 1.9 x 21 x 28.6 cm
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 1,473,992位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

Amazon.co.jp にはまだカスタマーレビューはありません
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 1件のカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
A seminal work of extraordinary scholarship 2010/7/9
投稿者 Midwest Book Review - (Amazon.com)
形式: ハードカバー
The fifth volume in the outstanding Pendragon Press 'The Historical Harpsichord' series, "Aspects Of Harpsichord Making In The British Isles" focuses on the 18th Century English harpsichords produced by Shudi and Kirckman, and other British Georgian era makers (including Ferdinand Webert who operated out of Dublin, Ireland). The collaborative effort of Darryl Martin (Curator of the Edinburgh University Collection of Historic Musical Instruments), Jenny Nex (Curator of the Museum of Instruments, Royal College of Music, London), Lance Whitehead and Grant O'Brien, "Aspects Of Harpsichord Making In The British Isles" is composed into three major sections: The Native Tradition in Transition: English Harpsichords circa 1680-1725; The Stringed keyboard Instruments of Ferdinand Weber; and Criteria for the Determination of Original Stringing in Historical Keyboard Instruments: The Cautionary Tale of a 1785 Longman and Broderip Harpsichord. Enhanced with four appendices (including an extensive bibliography), "Aspects Of Harpsichord Making In The British Isles" is a seminal work of extraordinary scholarship and an invaluable addition to academic library reference collections. Also very highly recommended are the four earlier volumes comprising this superbly composed series: "Reconstructing the Harpsichord"; "The Metallurgy of 17th and 18th-Century Music Wire; "Bartolomeo Cristofori as a Harpsichord Maker/The Identification and Authentication of Italian Stringed Keyboard Instruments"; and "Harpsichord Decoration: A Conspectus/A Fable Deconstructed: The 1770 Taskin at Yale".
このレビューはお役に立ちましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。


フィードバック