Appassionato がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Appassionato CD, Import

5つ星のうち 5 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,537 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,107より 中古品の出品:3¥ 900より

プライムラジオ開始 プライムラジオ開始


Amazon の ジョー・パス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

  • Appassionato
  • +
  • Unforgettable
  • +
  • Songs for Ellen
総額: ¥4,780
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1991/11/14)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Pablo
  • ASIN: B000000XL4
  • EAN: 0025218094627
  • 他のエディション: CD  |  カセット
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 36,886位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Relaxin' At Camarillo
  2. Grooveyard
  3. Body And Soul
  4. Nica's Dream
  5. Tenderly
  6. When It's Sleepy Time Down South
  7. Red Door
  8. Gee, Baby Ain't I Good To You
  9. Lil' Darlin'
  10. That's Earl, Brother
  11. Stuffy
  12. You're Driving Me Crazy


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
こんなに熱いジョー・パスのリーダー作は知りません。
For Djangoと同じメンバーにてやってくれてます。
1曲目途中からバックのメンバーがだんだん熱くなってきます。
このメンバーでやっているのを心から楽しんでいる気持ちがひしひしと伝わってきます。
ジョー・パスファンの方は是非御一聴を。
g.Joe Pss
g.John Pissano
b.Jim Hughart
ds.Colin Bailey
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1曲目の「リラクシン・アット・カマリロ」から,ノリノリのプレイが聴けます。
パスのリラックスしたスウィンギーなギターは,最後まで心地よく響きます。
「Summer Nights」と並んで,私の愛聴盤です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
For Djangoと同じメンバー!
当然Summer Nightsとも同じ。。。
ということで買ってみたが、
これは素晴しいアルバムで当たりだった!

これでほぼアルバムは持ってるが・・・

ソロものも素晴しいし、ギター弾きとしては勉強になるが・・・
やはりアンサンブルの中でのJOE PASSの演奏のほうが好きである。

他の方も書いているが、(どんなジャンルでも)何でもかんでも見収録のものを見つけてはアルバムにしてしまうのは疑問。おまけの別テイクも。
本人も「それはやめて」と言ってるかも。
そして手放しでそれをありがたがるのはどうかとも思うが・・・
それでもつい聞いてみたくなるんですよね。

いいものもあれば微妙なものもあるが、それを含めてのJAZZでありライブだから。
自分が気に入ったものを聞いて楽しければ○ですね。

僕はSummer Nights好きですよ(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック