Amazon Kindleでは、 All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 626
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) 文庫 – 2004/12/18


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 49


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) + All You Need Is Kill 2 (ジャンプコミックス) + All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックス)
合計価格: ¥ 1,546

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「出撃なんて、実力試験みたいなもんじゃない?」敵弾が体を貫いた瞬間、キリヤ・ケイジは出撃前日に戻っていた。トーキョーのはるか南方、コトイウシと呼ばれる島の激戦区。寄せ集め部隊は敗北必至の激戦を繰り返す。出撃。戦死。出撃。戦死―死すら日常になる毎日。ループが百五十八回を数えたとき、煙たなびく戦場でケイジはひとりの女性と再会する…。期待の新鋭が放つ、切なく不思議なSFアクション。はたして、絶望的な戦況を覆し、まだ見ぬ明日へ脱出することはできるのか。

登録情報

  • 文庫: 276ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/12/18)
  • 言語: 日本語, 英語
  • ISBN-10: 4086302195
  • ISBN-13: 978-4086302197
  • 発売日: 2004/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (112件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,494位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

89 人中、75人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 くまくま 投稿日 2006/5/8
形式: 文庫
 意思疎通ができない異世界生物との戦闘。戦術なんていう華麗なものがない消耗戦の中、戦場に叩き込まれる初年兵。あえなく戦死…と思いきや、目が覚めると出撃前だった。

 作者の別作品、「よく分かる現代魔法」とはまったく別のテイスト。はじめは重過ぎる出だしに少し躊躇したが、読み進むに従って、その物語に引き込まれていった。

 なぜ彼は、彼女は同じ日を繰り返しているのか。その答えと共に物語りは収束する。上下分冊として、もう少し書き込んでも良かったのではないか。それだけの深さのある作品だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 achiral@わぁいヽ( ´ ▽ ` )ノ 投稿日 2014/8/3
形式: Kindle版
文章は決して上手くない。

ループするたびに出る情景描写。
短文or繰り返しで伝えようとする臨場感ある戦闘シーン。
終末の世界観。
敵の人間を上回る侵略。

それは、どれをとっても素晴らしい。
簡単に伝えようとしている『~のような』の比喩表現で
重く感じるかもしれないが。

繰り返せばできる……しかし、その繰り返しは記憶でしかない
身体には残っていない。
ただ死に際なのに、台詞が長すぎない?って思った。
慣性を無視した動きができる身体には、ループしてもならないはず
だから、体力や筋力は元のままで、『敵に勝つ』ことができることに違和感。

超人的動きや言動、行動に、リアルをよく感じなくなる。

それが作者の意図だったら、末恐ろしい巧妙な作品だ。
ラノベとしては10年前の作品。
なつかしい感じはした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 温泉卵 投稿日 2014/12/20
形式: 文庫
小説と漫画版の両方を読みました
10年前に書かれたラノベという部分を考えればそう悪くはないと思う
ただ、ループ毎の描写が飛び飛びの状態のままツギハギで繋げられているので唐突な場面の切り替わりが頻発して感情移入しにくい

肝心の敵の姿については小説を読んでも今いちイメージがつきません
全体的な描写が伝わりにくいせいか尺が不足気味に感じます
小説としてのボリューム、文章力、描写はさておいてBLAME! のようにSFの設定を楽しんで読む内容です
画像によるイメージによる補完がある分だけ小畑健コラボの漫画版のほうが読みやすいですし、改めて小説を読みなおすこともなく事足りるでしょう
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/29
形式: 文庫
訓練校を出たばかりの初年兵である
主人公キリヤ・ケイジが、常軌を逸した異常で絶望的な
状況に追い込まれ、それでも懸命にそこからの脱出を試みる物語。
この小説で描かれているのは、一見絶望的な問題に直面した人間が
必死になってあがき、苦しみ、しかし決して諦めずに戦う姿です。
この本の登場人物たちの過酷な戦場での戦いは、
『今、自分にできる最上の努力』をするという意味では、
たとえそこが戦場でなくても私たちにとってもリアルな
『人生そのもの』という戦いだと思います。
そういった意味で私はこの本を読んでいると
強く共感して、そして悲しむことができます。
ぜひ一度読んでみてください。
泣けますよ。多分。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おやじねこ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/8/10
形式: Kindle版
テーマはとてもシンプルだ。ボーイ・ミーツ・ガールの典型的な青春小説と言って良い。戦場が舞台だが、これも珍しいことではない。ただ、独特のスピード感があり一気に読ませる。ただ、タイム・ループを舞台装置としているので映像化には工夫が求められるかもしれない。
敵は異星人の作ったギタイという一種の開発機械だ。機械といっても自律的に進化する人工生命のようなもの。時空を超えて情報を共有する能力がある。開発機械なので既存の地球の環境は単なる未開の地と同じだ。当然、人類もただの原生生物に過ぎない。彼らの作り主が住みよいように開発するために駆除しなくてはならない。結果、人類とは永らく戦闘状態にある。
人類は押されてはいるが、リタの活躍で状況は変わりつつある。だが、兵器の重要パーツを作る日本がギタイの標的となったため、彼女はやってきた。その戦いぶりは爽快感を憶えるほどのすさまじさだ。しかし、普段の彼女の寂寥感はまるでそこだけ日が陰るかのようだ。主人公は初めて戦闘に参加し、リタと出会い、決定的な経験をする。
印象としては、一つ一つのセンテンスが短いので辛うじて文体の綻びを回避している、初めはそう思った。読み進めるにつれてそれは初年兵、キリヤ・ケイジの精神的な余裕の有無の反映だとわかった。なるほど、と納得したのは第2章を読了してからだ。読んでいるときはそのことに気が付かないくら
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック