Amazon Kindleでは、 Adrian Willaert and the Theory of Interval Affect をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Adrian Willaert and the Theory of Interval Affect: The Musica Nova Madrigals and the Novel Theories of Zarlino and Vicentino
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで Adrian Willaert and the Theory of Interval Affect をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

Adrian Willaert and the Theory of Interval Affect: The Musica Nova Madrigals and the Novel Theories of Zarlino and Vicentino [ハードカバー]

Timothy R. Mckinney

価格: ¥ 4,671 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 8,643  
ハードカバー ¥ 4,671  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


商品の説明

内容説明

In the writings of Nicola Vicentino (1555) and Gioseffo Zarlino (1558) is found, for the first time, a systematic means of explaining music's expressive power based upon the specific melodic and harmonic intervals from which it is constructed. But this 'theory of interval affect' originates not with these theorists, but with their teacher, influential Venetian composer Adrian Willaert (1490-1562). Because Willaert left no theoretical writings of his own, Timothy McKinney uses Willaert's music to reconstruct his innovative theories concerning how music might communicate extramusical ideas. For Willaert, the appellations 'major' and 'minor' no longer signified merely the larger and smaller of a pair of like-numbered intervals; rather, they became categories of sonic character, the members of which are related by a shared sounding property of 'majorness' or 'minorness' that could be manipulated for expressive purposes. This book engages with the madrigals of Willaert's landmark Music nova collection and demonstrates that they articulate a theory of musical affect more complex and forward-looking than recognized currently. The book also traces the origins of one of the most widespread musical associations in Western culture: the notion that major intervals, chords and scales are suitable for the expression of happy affections, and minor for sad ones. McKinney concludes by discussing the influence of Willaert's theory on the madrigals of composers such as Vicentino, Zarlino, Cipriano de Rore, Girolamo Parabosco, Perissone Cambio, Francesco dalla Viola, and Baldassare Donato, and describes the eventual transformation of the theory of interval affect from the Renaissance view based upon individual intervals measured from the bass, to the Baroque view based upon invertible triadic entities.

著者について

Timothy McKinney, Associate Professor, School of Music, Baylor University, USA

登録情報

  • ハードカバー: 318ページ
  • 出版社: Ashgate Pub Co (2010/5/30)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 0754665097
  • ISBN-13: 978-0754665090
  • 発売日: 2010/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.1 x 24.8 cm
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック