この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Abacab Original recording remastered, Import


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 860より 中古品の出品:5¥ 619より


Amazon の ジェネシス ストア

ミュージック

ジェネシスのアルバムの画像

写真

ジェネシス点の画像

バイオグラフィー

進化しつづけるジェネシスは、その進化ゆえに同時代... Amazonのジェネシスストアで詳しく見る

ジェネシスのAmazonアーティストストア
for 185 点のアルバム、10点の写真、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • CD (1994/11/29)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered, Import
  • レーベル: Atlantic / Wea
  • ASIN: B000002J2H
  • EAN: 0075678269325
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 316,609位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. Abacab
2. No Reply At All
3. Me And Sarah Jane
4. Keep It Dark
5. Dodo/Lurker
6. Who Dunnit?
7. Man On The Corner
8. Like It Or Not
9. Another Record

商品の説明

Amazonレビュー

Phil Collins might be swinging away the late '90s, but in 1981 he was sharpening his pop chops, from his first solo offering to this, the first Genesis album to break the hallowed million-copy mark stateside. But Abacab wasn't entirely about charting Top 40 singles ("No Reply At All," "Man on the Corner," and the title track); it still exhibited some late-stage evidence of a trio courting the art-rock muse that had graced its past ("Who Dunnit," "Dodo," "Keep It Dark"). However, by 1983's eponymous follow-up, the hit factory that was Genesis in the mid- to late-1980s was operating full steam ahead, and the angel Gabriel's spectre had all but vanished. Then, there were truly only three. --Bob Michaels

Product Description


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 (*^ワ^*) 投稿日 2009/10/18
形式: CD
ジェネシスの歴史の中では、地味な扱いを受けやすい一枚。

とりたてて、個性的な面が無いのが原因か・・・?
ただ、アース・ウィンド・アンド・ファイアーばりのホーン・セクションを導入したり、ある程度の変化はある。

この時期は、各メンバーのソロ活動が目立ち始めていたので、その影響もあるのか、かなりのポップ路線。

人によっては、ジェネシスに背を向けたくなるかもしれないが、生粋のジェネシス・ファンの僕には、そのような事はない。

「キープ・イット・ダーク」、「アナザー・レコード」、好きな曲は収録されているし、充分な出来栄えだと思いますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/3/31
形式: CD
1981年9月18日リリース。1981年5-6月サリーのザ・ファームにて録音。この時期はちょうどフィル・コリンズのソロ・アルバム『Face Value』が英米で延々と大ヒットしている時期(このアルバムは全英1位・全米7位を獲得)にあたる。だから前作から1年のスパンがあることを意識することなく新作を聴くという、まれな体験をした気がする。

アルバム・ジャケットも色違いで数種類用意されていて楽しい。色々な意味で完全に吹っ切れた感のあるアルバムだ。一番驚いたのは『ミー・アンド・サラ・ジェーン』でレゲエのリズムを使ったこと。しかもこの曲の作者はキーボードのトニー・バンクスだ。もうとことんまで吹っ切れたんだなぁ、と驚いた。

考えてみると残った3人はフィル・コリンズ筆頭に陽性なメンバーばかりである。残ったのがピーター・ガブリエルとスティーヴ・ハケットだったら絶対こうならない。必然の変化と言えるのだろう。前作同様、しかもフィル・コリンズのソロまで挟んで全英1位をゲットした大傑作だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 うえみっくす 投稿日 2007/5/31
形式: CD
国内盤の情報があまり出てこないので、発売元に問い合わせてわかった内容は

ディスクはSACD、DVDともに輸入盤と同内容で、特典映像(インタヴュー等)の日本語字幕はなしで対訳は紙で対応とのこと

BOX盤の発売も今のところ予定なしとのこと(5月31日現在)

プレミアがついている紙ジャケ仕様で(しかも作り直しとのこと)出してくれるのは嬉しいが、せめてBOX盤は発売してほしいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 緑川 とうせい トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/10/27
形式: CD
ハケット脱退後のジェネシスの3作目。1981作
昔の自分なら「ポップになったジェネシスなど聴きたくない」と思ったろうが
最近は「DUKE」もまあ悪くないかな、と思えるようになったので聴いてみた。
当然ながら音のほうはやはり、もはやプログレとは呼べないが、
キーボード入りのメロディックロックとして聴けばなかなか悪くない。
キャッチーでポップでデジタルな雰囲気もあるが、トニー・バンクスのキーボードは
それでもまだ瑞々しさを失っていないし、曲には爽快なメロディアスさがある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/4/30
形式: CD
1981年9月18日リリース。1981年5-6月サリーのザ・ファームにて録音。この時期はちょうどフィル・コリンズのソロ・アルバム『Face Value』が英米で延々と大ヒットしている時期(このアルバムは全英1位・全米7位を獲得)にあたる。だから前作から1年のスパンがあることを意識することなく新作を聴くという、まれな体験をした気がする。

アルバム・ジャケットも色違いで数種類用意されていて楽しい。色々な意味で完全に吹っ切れた感のあるアルバムだ。一番驚いたのは『ミー・アンド・サラ・ジェーン』でレゲエのリズムを使ったこと。しかもこの曲の作者はキーボードのトニー・バンクスだ。もうとことんまで吹っ切れたんだなぁ、と驚いた。

考えてみると残った3人はフィル・コリンズ筆頭に陽性なメンバーばかりである。残ったのがピーター・ガブリエルとスティーヴ・ハケットだったら絶対こうならない。必然の変化と言えるのだろう。前作同様、しかもフィル・コリンズのソロまで挟んで全英1位をゲットした大傑作だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/6/26
形式: CD
フィル・コリンズの考える音楽がジェネシスとして集大成されたアルバム。特にアース・ウインド&ファイヤーのホーン・セクションを導入したのが大きい。大ヒットした『No Reply At All』などはその典型で『プログレッシブ・ソウル』というべき作品に仕上がっている。この頃フィル・コリンズはソロとしてもヒット曲を量産し始めていて、まさにブレイク寸前のパワーに溢れている。ここから80年代半ばまでは、このジェネシスの音が世界を引っ張って行くヒットする音になっていく。
ライブでも演奏にあわせて生き物のように動くコンピューター・ライティング『ヴァリ・ライト』が大活躍していて向かうところ敵なし状態。ジャケットも何種類の色違いが選べて面白かった。やはり、ピーター・ガブリエルがジェネシスを離れたのはお互いのためにプラスだったのだなと感じうるアルバム。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック