¥ 596
通常配送無料 詳細
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ARIA (1) (BLADE COMICS) コミック – 2002/10


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ARIA (1) (BLADE COMICS) + ARIA 2 (BLADE COMICS) + ARIA 3 (BLADE COMICS)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 173ページ
  • 出版社: マッグガーデン (2002/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4901926128
  • ISBN-13: 978-4901926126
  • 発売日: 2002/10
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (49件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7

最も参考になったカスタマーレビュー

72 人中、67人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ういトマト 投稿日 2005/10/30
形式: コミック
はっきり言って癒し系の物語です。どこらへんが癒し系なのかの詳細はネタばれになるので避けますが、読んでいて絵の描写や表現、またストーリーも一貫して自然と心を和ませ癒やしてくれます(雰囲気は表紙の絵そのままの感じです)。

話のアップテンポな展開による面白さや、あるいは軽く読んであまりに表面的な面白さを求めているという人には、あまり良い作品とは感じないかもしれません。ですが、人間ドラマの面白さも良いですが、さらに登場人物、キャラクター達の言っていることや、作者の表現したいこと、といったものの意味を少し考え、意識して読むと素晴らしい作品になると思います。
正直私は結構前に最初読んだ時は軽く読んで表面的な面白さを求めていたせいか、そこまで良い作品だとは思えませんでした。ですが現在はちゃんと読んでみて素晴らしい作品だと思っていますし、とても好きな作品です。特に癒し系の話が好きな人には、おすすめです。

個人的には、登場人物たちのギャグの感じも好きで、私にはそれも癒やしの一つになっています(笑)

あと補足しておくと、「
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
42 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 絵馬燈星 投稿日 2008/5/4
形式: コミック
 今まで私は「癒し」という言葉が嫌いでした。「癒し」という言葉に対して、「疲れてしんどい生活の合間に、束の間の夢の休息が得られること」という現実逃避的なネガティブなイメージしか持っていませんでした。夢のような時間を一時的に得られても、またしんどい現実の生活が待っているだけだろう、というイメージです。ですので、当初「ARIAという漫画は癒されるよ」という話を人から聞いても、「そりゃ、綺麗な風景と美少女がのほほんとしているような漫画ならば、一時的に現実逃避できるよね」ということしか頭に思い浮かびませんでした。というわけで当初は関心がなかったのですが、つい手にとって読み始めてみたら…腰を抜かしました。
 これは私の言葉の概念の中では、上記のような「癒し」とか「癒される」というレベルを越えています。
「AQUA/ARIA」は現実逃避のための作品ではありません。
 この漫画から伝わってくるのは「生き方」そのものです。
 私など試行錯誤の末に認知療法まで辿り着き、そこでやっと「結局、人生ってこう生きていけばいいのかな」ということが朧げに見えてくるまで数十年の歳月がかかったというのに…
「AQUA/ARIA」は「人生で一番大事なもの」を見事に絵と登場人物の会話の中で表現しています。

「頑張っているのに、まだ幸せになれない」と
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 めいこ 投稿日 2006/12/26
形式: コミック
よくARIAの第一印象は萌系のマンガと思っていたという方がいらっしゃるのですが、
私もそのうちのひとりでした。
女の子ばかりでどうなのだろうか・・・と長い間敬遠していたのですが、
その考えは一気に覆されました。
ネオ・ヴェネツィアでの平凡な出来事を書いているだけなのに、とても安らぐ。
本当にこんな世界があればいいなと思わされます。
ARIAはよく四季を題材にしていますが、
これは天野先生の「四季があることを幸せに思ってほしい」というメッセージなのでしょう。
話の進み方は遅いので(そこがARIAのいいところなのですが)
どんどんと展開が繰り広げられるアクションものなどが好きな方は苦手かもしれませんが、毎日に疲れている方はいかがでしょうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
44 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 癒され人 投稿日 2005/11/23
形式: コミック
近未来の火星「AQUA」に栄える地球のヴェネツィアを模した街「ネオ・ヴェネツィア」を舞台とし、主人公・水無灯里が一人前の水先案内人(ウンディーネ)を目指しながら個性ある友人や先輩とすごしていく、きらきら輝いた素敵な日常を描いたこの作品。

この作品には、ただのようだけどただの日常ではない、太陽のように暖かく、大自然のように透き通っている日常があふれていました。

私は読んでいる内にこの作品の世界観にドンドン引き込まれ、心の中がぽかぽかしてきてしまいました。時には言葉に出来ない不思議な涙がこぼれそうになるときもありました。まさに癒し系と呼べる作品です。

日常の生活に疲れたそこのあなたへ、この作品を手にとってネオ・ヴェネツィアで素敵なウンディーネさんと一緒にきらきらした日々に心を癒されてみるのはいかがでしょうか?

私のでっかいオススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック