数量:1
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★盤面は良好で再生にも問題有りません。★ケースに多少のスレはございますが、チャプターリストも付属しておりまして盤面状態も良いのでコンディションを良いにさせていただきます。★お客様の大切な商品をクリスタルパックにて梱包済みです。★こちらの商品はAmazon専用在庫でAmazonより発送されますのでご安心下さい。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 129
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]


参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,982 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,122 (27%)
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,118より 中古品の出品:47¥ 200より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオALWAYS三丁目の夕日'64を今すぐ観る ¥ 324 より

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD] + ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版] + 「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町のひとびと』
合計価格: ¥ 7,414

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: 吉岡秀隆, 堤真一, 小雪, 堀北真希, 三浦友和
  • 監督: 山崎貴
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バップ
  • DVD発売日: 2006/06/09
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (515件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000EPE77S
  • EAN: 4988021153256
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 5,625位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   昭和33年。東京の下町の自動車修理工場に、集団就職で青森からひとりの少女が就職してきた。六子は大きな会社を期待していたが、小さな工場でガッカリ。それに怒った社長の則文だが、やがて六子は則文の妻トモエや息子の一平らと仲良くなり、一家になじんでいく。一方、売れない作家の茶川は、飲み屋のおかみのヒロミから、親に捨てられた少年・淳之介を押しつけられ、一緒に生活することに。最初はけむたがっていたが、淳之介が自分が原作を書いている漫画のファンだと知り、次第に距離が縮まっていく。そんなとき、淳之介の本当の父親が現れ…。
   東京タワーが完成し、白黒テレビが出始めた昭和30年代を舞台に、人情味溢れる下町の人々の心温まるエピソード満載の感動作。堤真一(工場の社長)薬師丸ひろ子(社長の妻)吉岡秀隆(作家)小雪(飲み屋のおかみ)など人気と実力を兼ね備えた役者陣も好演だが、一平演じる小清水一輝のヤンチャさ、淳之介演じる須賀健太のけなげさが、この映画のチャームポイント。また下町の人情がホノボノと胸を打つゆえに、後半のさまざまな別れには泣かされっぱなしだ。昭和の景色を再現したCGも見事だが、やはり映画は映像だけでは語れない。人々のやさしさに、心の清らかさに触れることのできる原作(西岸良平の同名漫画)のハートを山崎貴監督がきちんと映し出したからこそ、感動できる映画に仕上がったといっても過言ではないだろう。(斎藤 香)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

西岸良平によるロングセラーコミックを、『リターナー』の山崎貴監督が映画化した感動作。東京タワー完成間近の昭和33年。人情味溢れる東京都下の下町・夕日町三丁目にある自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

77 人中、69人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 長田亀吉 トップ1000レビュアー 投稿日 2006/6/11
形式: DVD Amazonで購入
昭和・・・決して豊かではない、便利でもない時代だが、そこに登場する人々は互いの心を通わせ、温めあって人と人の絆を結んでいく。

演技陣も素晴らしく、観ていて何箇所か私は泣かせてもらった。

特に修理工場の夫婦を演じる堤真一と薬師丸ひろ子の演技は自然でわざとらしさがなく、好感が持てた。情けない売れない作家役の吉岡秀隆も素晴らしい。

特撮も実に昭和の時代を巧みに再現していると思う。

その技術を見せ付けられる一方で、あの時代も特撮でないと再現できない時代になったんだなあと思ったりした。

昭和も人の心は豊かだった・・・とは言い切れない。いつの世も貧富があり、心は荒みがちだ。この映画も実は、それをきっちりと描いている。だから、その中で精一杯生きようとする人々を描いている姿が印象的に心に残る。

人間の幸せとはなんだろう。観た後にしばし思いを馳せた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
40 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 raku 投稿日 2006/11/5
形式: DVD
昭和の野暮ったい話じゃないの〜?と言う感覚で見たが、

ものすごくよかった、びっくりした。

なにが『いいか』って、

・出てくるみんなが当たり前にみんなを思っているところ。

・一生懸命生きているところ。

・夢を持って毎日過ごしているところ。

・簡単に町が1つになれるところ。

・映画そのものがあったかいところ。

・・・・・とにかくいいの。

おまけにこれを見ている劇場の観客全員が

場内一体で一緒に笑ったり、すすり泣いたり・・・。

この劇場の雰囲気って映像で簡単に出せるものではない!!

東京タワーの完成が最後に映し出されるが、

それよりも登場人物がそれぞれの場所で感じている夕焼けがきれいだった。

今都心では夕焼けより東京タワーを見るほうが簡単。

当たり前の景色を失っている現在に少し疑問を覚えながら、

映画で感じたあったかさを噛み締めていた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
39 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 歌舞伎 投稿日 2011/12/13
形式: DVD
第三作目が公開間近なので新たに前二作を再評価したく書き込みしました

この作品 ぶっちゃけ昭和という時代を体験してない平成生まれの若い大人達には美化し過ぎとかわざとらしいと思う方々が多いみたいですが映画の中の世界観は現実でしたよ 少なくとも私の家は静岡市の下町にある三丁目で小さな家内工場を営み貧乏でしたが希望と夢は確実にあった時代でした

油臭い作業場 近所の各家内工芸 夕方になると酒屋に集う親父達 紙芝居 色々な店が隣接したマーケット 狂犬病 半ズボン 駄菓子屋 酔っぱらい かるこ屋 縁台で打つ将棋や花札 バタ屋 銭湯 リヤカーで来る色々な物売り業者 掘りこたつ 季節の行事 物珍しい高級洋菓子 ウルトラマン 怪獣 妖怪 プロレス 金タライ 喧嘩 丸いちゃぶ台 そして映画よりも綺麗な本物の真っ赤な夕日 全部あったんです

想像や美化ではない 人の心も 優しさも温かさも近所付き合いも現代からは考えられない程 良い意味で本当に豊かで悲しさもたくさんあって不自由で貧乏でしたよ

CGはわざとらしいですか? はい仕方ないけどわざとらしいです それは本物は越えられないからです それを映画にして現代に蘇らせてくれた事には大感謝ですよ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 thegoodlife1977 VINE メンバー 投稿日 2006/7/2
形式: DVD
DVDで見ました。

舞台は昭和33年(東京タワーが完成した年)の東京の下町。

この当時の事はいろいろな小説などで読んでも、凄く時代の力を感じる時期。

そういった時代背景が映画の中から随所に伝わってきた。

全てが活き活きとしていて、ドンドンと世の中が改善して行く。

たしかに今の時代に比べれば不便な事が多かっただろうとは思う。

それでも、この時代は「楽しかったんだろうなぁ」という印象が真っ先に思い浮かぶ。

僕が生まれる19年前の時期の話だけど、この時代に生きてみたいなぁと思わせてくれる。

今の時代は人との繋がり合いが減少していく傾向にある。

例えば、僕はマンションの隣の住人の名前を知らない。

お互いすれ違った時に会釈をする程度の関係性である。

でも、「ALWAYS」の時代は違う。

皆で助け合いながら、同じ方向を目指して頑張っている。

どうして世の中はこんなに変わってしまったのだろう?

そんな疑念を改めて思い起こしてしまった。

最後の方はもう涙なしでは見れませんで
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック