数量:1
ALWAYS 三丁&#... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 323
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,800
通常配送無料 詳細
発売元: ★★ニコニコ堂☆☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]


参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,078 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,026 (25%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオ(デジタル動画配信サービス)でALWAYS三丁目の夕日'64を今すぐ観る ¥ 300 より

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 春のセール最大70%OFF(5月31日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円新生活におすすめDVDセールTVドラマセールジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。

¥ 3,078 通常配送無料 詳細 在庫あり。 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD] + ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版]
両方の価格: ¥ 6,058

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: 吉岡秀隆, 堤真一, 小雪, 堀北真希, 三浦友和
  • 監督: 山崎貴
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バップ
  • DVD発売日: 2006/06/09
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (522件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000EPE77S
  • EAN: 4988021153256
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 4,451位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   昭和33年。東京の下町の自動車修理工場に、集団就職で青森からひとりの少女が就職してきた。六子は大きな会社を期待していたが、小さな工場でガッカリ。それに怒った社長の則文だが、やがて六子は則文の妻トモエや息子の一平らと仲良くなり、一家になじんでいく。一方、売れない作家の茶川は、飲み屋のおかみのヒロミから、親に捨てられた少年・淳之介を押しつけられ、一緒に生活することに。最初はけむたがっていたが、淳之介が自分が原作を書いている漫画のファンだと知り、次第に距離が縮まっていく。そんなとき、淳之介の本当の父親が現れ…。
   東京タワーが完成し、白黒テレビが出始めた昭和30年代を舞台に、人情味溢れる下町の人々の心温まるエピソード満載の感動作。堤真一(工場の社長)薬師丸ひろ子(社長の妻)吉岡秀隆(作家)小雪(飲み屋のおかみ)など人気と実力を兼ね備えた役者陣も好演だが、一平演じる小清水一輝のヤンチャさ、淳之介演じる須賀健太のけなげさが、この映画のチャームポイント。また下町の人情がホノボノと胸を打つゆえに、後半のさまざまな別れには泣かされっぱなしだ。昭和の景色を再現したCGも見事だが、やはり映画は映像だけでは語れない。人々のやさしさに、心の清らかさに触れることのできる原作(西岸良平の同名漫画)のハートを山崎貴監督がきちんと映し出したからこそ、感動できる映画に仕上がったといっても過言ではないだろう。(斎藤 香)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

西岸良平によるロングセラーコミックを、『リターナー』の山崎貴監督が映画化した感動作。東京タワー完成間近の昭和33年。人情味溢れる東京都下の下町・夕日町三丁目にある自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 不肖TAK 投稿日 2011/9/1
形式: DVD
この映画は素晴らしい!
5つ星を軽く超える出来映えだ。

私は過去を美化することを好まない。
何でもかんでも「昔は良かった」なんて言うのも好きではない。
時は戦後の高度成長期。
言うまでもなく、敗戦の傷はまだ相当に深かったはず。
国際的には冷戦の最中だし、国内においては貧困や公害など様々な負の問題を多く抱えていた時代であろう。
けれども、そこには「幸せ」な日常があった。
そう。平凡な日常にこそ、「幸せ」が潜んでいるのである。

この作品は、それを教えてくれる。
単にノスタルジーに浸るための映画ではないのだ。

役どころを見てもよく分かる。
淳之介はそもそも、親に捨てられた子供である。
六子も集団就職で東京へ送られた真相を、口減らしのためだと思い込んでいた。
タクマ医師は戦争で妻子を失っているし、スズキオートの主人も戦争から生き残った元軍人である。
文学くずれの茶川はいうに及ばず、ひろみも親の借金を繕うために踊り子をしていた。
一人ひとりをよく見渡すと、決して幸せな人々ではない。

にもかかわらず、みな生き生きとしている。
些細な日常のワンシーンから、「幸せ」が映像と
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
42 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 歌舞伎 投稿日 2011/12/13
形式: DVD
第三作目が公開間近なので新たに前二作を再評価したく書き込みしました

この作品 ぶっちゃけ昭和という時代を体験してない平成生まれの若い大人達には美化し過ぎとかわざとらしいと思う方々が多いみたいですが映画の中の世界観は現実でしたよ 少なくとも私の家は静岡市の下町にある三丁目で小さな家内工場を営み貧乏でしたが希望と夢は確実にあった時代でした

油臭い作業場 近所の各家内工芸 夕方になると酒屋に集う親父達 紙芝居 色々な店が隣接したマーケット 狂犬病 半ズボン 駄菓子屋 酔っぱらい かるこ屋 縁台で打つ将棋や花札 バタ屋 銭湯 リヤカーで来る色々な物売り業者 掘りこたつ 季節の行事 物珍しい高級洋菓子 ウルトラマン 怪獣 妖怪 プロレス 金タライ 喧嘩 丸いちゃぶ台 そして映画よりも綺麗な本物の真っ赤な夕日 全部あったんです

想像や美化ではない 人の心も 優しさも温かさも近所付き合いも現代からは考えられない程 良い意味で本当に豊かで悲しさもたくさんあって不自由で貧乏でしたよ

CGはわざとらしいですか? はい仕方ないけどわざとらしいです それは本物は越えられないからです それを映画にして現代に蘇らせてくれた事には大感謝ですよ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
79 人中、70人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 長田亀吉 トップ1000レビュアー 投稿日 2006/6/11
形式: DVD Amazonで購入
昭和・・・決して豊かではない、便利でもない時代だが、そこに登場する人々は互いの心を通わせ、温めあって人と人の絆を結んでいく。

演技陣も素晴らしく、観ていて何箇所か私は泣かせてもらった。

特に修理工場の夫婦を演じる堤真一と薬師丸ひろ子の演技は自然でわざとらしさがなく、好感が持てた。情けない売れない作家役の吉岡秀隆も素晴らしい。

特撮も実に昭和の時代を巧みに再現していると思う。

その技術を見せ付けられる一方で、あの時代も特撮でないと再現できない時代になったんだなあと思ったりした。

昭和も人の心は豊かだった・・・とは言い切れない。いつの世も貧富があり、心は荒みがちだ。この映画も実は、それをきっちりと描いている。だから、その中で精一杯生きようとする人々を描いている姿が印象的に心に残る。

人間の幸せとはなんだろう。観た後にしばし思いを馳せた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 長い道 投稿日 2006/6/19
形式: DVD
 昭和30年代の町並みや風景を再現した映像も凄いんだけれども、これはCGなのでなんとでもなると思うんだよ。本当の意味での映像のすごさは小道具だな。よくもあんな細々した物を集めたもんだと感動してしまう。

 例えば、バケツに入れて冷やしてある瓶入りファンタとか、そこかしこにさり気なく並べられている小道具とか本当に憎らしい。

 一平のお父さんは原作とイメージをかえてあるけれど、あんまり違和感なかった。原作通りだといい人ばかりになったしまうから、うさんくさいところのある人物にしたんだろうけれど、あれで正解だと思う。このお父さんが激怒するシーンは、なんか『大魔神』(っていう映画があったらしい)みたいで可笑しかった。

 あとお父さんが激怒する同じそのシーンで文学(吉岡秀隆)が地面に倒れてるんだけれど、その倒れ方(ポーズ)が爆笑もの。なんか黒沢明の『三四郎』のワンシーンみたいでした。・・・・って、絶対「三四郎」意識してるよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック