Amazon Kindleでは、 AKB49~恋愛禁止条例~(6) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 463
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AKB49~恋愛禁止条例~(6) (講談社コミックス) コミック – 2012/1/17


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

AKB49~恋愛禁止条例~(6) (講談社コミックス) + AKB49~恋愛禁止条例~(7) (講談社コミックス) + AKB49~恋愛禁止条例~(8) (講談社コミックス)
合計価格: ¥ 1,389

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容説明

AKB48が漫画になった!! 男子高生・浦山実は、憧れの同級生・吉永寛子がAKB48のオーディションを受けると聞き、彼女を応援するため「浦川みのり」と名乗り、女装でオーディションに潜入。その甲斐あって、吉永は見事合格するが、なんと、「浦川みのり」も一緒に合格してしまう!! 男子が、ある日突然AKB48の研究生!? 「浦山実」と「浦川みのり」‥バレたら地獄の二重生活スタート!

アイドルになりたいという夢を父親から幾度となく否定されてきた吉永。そのため、いまなお自分がAKB48の研究生だということを言えずにいた。しかし、ついにバレてしまい、激高した父親にAKBの活動を禁止させられてしまう‥‥。“親の理想”と“自分の夢”‥その狭間で揺れ動く吉永。でも、やっぱり自分の夢には素直でいたい!! 覚悟の吉永、動く!!

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/1/17)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4063846180
  • ISBN-13: 978-4063846188
  • 発売日: 2012/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キッド 投稿日 2012/7/6
形式: コミック Amazonで購入
 吉永がアイドルやってること父親に言ってなかったとか、いまさらそんなエピソードもってこられるとは思いませんでした。よく今まで隠して通せていたな……。でも、この巻で吉永がちょっと成長します。
 あと、第3回のAKB48選抜総選挙がこの巻で行われているのですが、ここまであっちゃんについて色々と描いてきたおかげで、あっちゃんが泣いてるシーンにすっごい重みがあります。普通に見たら、何泣いてんだよって感想なんですけど、なんつーか、ホントに、おめでとうって言いたい気分になります。でも、これ、この先どうするんでしょうね。みのりとか岡部とか現実の順位に入れることできないですよね? 現実と乖離して、みのりたちが入ってくる世界を描くのか、それとも選抜総選挙についてはもう作中で描かないのか。でも、CDデビューって時点で現実との乖離がだいぶ進んでいるわけで、研究生から正規メンバーになっていくと、現実と離れていくのはしょうがないことなんでしょうね。現実にある程度即した感じが良かったんですけど、離れていったときに今のおもしろさを保てるのか、それがこれからの重要な点ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 じ、えんど 投稿日 2012/2/24
形式: コミック
AKBを題材に出来るのに微妙な使い方、ファン任せ的な説明不足。
主人公の悟り方、発言。
作品が違うが、ガンダムSEEDのキラヤマトを見ている感覚。と似ている。

個人的意見だが キャラの掘り下げ、ギャグの見直し必須だと思う。
及第点ではあるが、中身が無くスカスカな印象しかうけない。
1巻の『地球から戦争が消えた2時間』の評価ドコに消えた?
設定が消えています。
客の熱狂っぷりも低い。

もう無理かもしれないが、作者様にはどうにか乗り越えて欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 堀田針一 投稿日 2012/1/19
形式: コミック
ふと気がつけばもう6巻です。
Xデー公演も成功したみのりたちの次の危機、みのりの支えであるひろこがAKBを辞めさせられそうになります。自分の価値観を押し付けようとする父親に屈しかけたひろこに対するみのりのありがたいお言葉。本当どこまでもカッコいいですよね。男とか女とか通り越して理想の人間です。
最初に語られたひろこが前田推しになった理由、ここにあったんですね。実は。
それにしても、寮に入るきっかけとなったひろこの父親とみのりの母親は本当に正反対ですね。足して2で割ればちょうどいいのに、と思います。
カバーをはがした後のサービスとここで初めて載る巻末のおまけ漫画も健在で、非常にお得な1冊でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 バナナオ〜レ 投稿日 2012/1/19
形式: コミック
さて、九月に研修生になったと思えば、もう七月です。あと少しで一年になりますね。

Xデー公演の時と比べれば大きな盛り上がりがないように思えますが、今回は『正』ヒロインである吉永さんがメインです。

正直、モブキャラと言っても差し支えないくらいの目立たなさでしたがこの巻でやっと見せ場がやってきます。

ある意味で実が一番可哀想かとw
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック