Amazon Kindleでは、 AKB49~恋愛禁止条例~(5) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、綺麗なものを販売しております。※新品同様の品質ではありません(書き込みやマーカーがない状態)万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため時間差で在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AKB49~恋愛禁止条例~(5) (講談社コミックス) コミック – 2011/11/17


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

AKB48が漫画になった!! 男子高生・浦山実は、憧れの同級生・吉永寛子がAKB48のオーディションを受けると聞き、彼女を応援するため「浦川みのり」と名乗り、女装でオーディションに潜入。その甲斐あって、吉永は見事合格するが、なんと、「浦川みのり」も一緒に合格してしまう!! 男子が、ある日突然AKB48の研究生!? 「浦山実」と「浦川みのり」‥バレたら地獄の二重生活スタート!

運命の研究生Xデー公演当日、みのりは倒れた吉永に付き添ったまま戻らない‥‥。センター不在で開演時間を迎えた劇場では、開演を引き延ばすため、選抜メンバーが研究生に代わり前座を務めていた!! しかし、その甲斐虚しく、ついに制限時間いっぱい! みのりコール鳴り響くなか、非情な宣告が。「1万円は払い戻し、公演は中止とする!!」

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/11/17)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4063845869
  • ISBN-13: 978-4063845860
  • 発売日: 2011/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tarosuke 投稿日 2011/11/17
形式: コミック
好きな娘のために女装してまでAKBに入った実。
4巻で実が吉永の所へ走った時、自分はこの二人の恋を純粋に応援したい気持ちだったので、これで良かったのだと思っていました。
しかし今回、吉永の本当の気持ちを知り会場へ戻り、再びアイドルとして舞台に立った「みのり」を見てアイドルとして成長していくみのりを見守って行きたいと本気で思いました。アイドルとして全ての人に感謝の気持ちを伝えるみのりは余りにも魅力的で、ええ……自分はもう完全にみのり推しです(笑)
近年これ程までに魅力的なキャラが居たでしょうか。好きな子への真っ直ぐで純粋な気持ち、その子の夢を応援したいただそれだけでここまでの無茶をやり遂げてしまう根性、人への感謝を忘れない真摯さ。男だとか女とか関係なく、人間として非常に魅力的でまぶしい存在。それが浦山実であり、浦川みのりなのです。
勿論実だけでなく、現実の正規メンバーも魅力的に、誇張しすぎることなく書かれています。自分は三次元の方のAKBには殆ど興味が無いのですが、ファンの方でも楽しめる頻度と密度で正規の人気メンバーも登場するのでオススメです。
しかしこの漫画は自分が思うに、AKB嫌いの人をAKB好きにさせるための秋元大先生の戦略の一環だと思います(笑)ですのであくまでもオリジナルキャラが中心となっています。
とにかく、AK
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: コミック Amazonで購入
 存続をかけたXデーの公演、そのクライマックスが描かれています。
 その話の中でのみのりですが、何シーンか、本当に格好よかったり、本当に可愛かったり描かれています。ここぞのシーンで、ホント気合いいれて魂込めて描かれたんだなってのが伝わってきます。みのりの作画はそんなに好きじゃなかったんですけど、そのシーンでは惚れそうになりました。
 あと、今回もたかみなさん可愛いです! この作品、たかみなさんプッシュしすぎじゃないでしょうか? この漫画とアニメのAKB0048しか知らないから、どんどんたかみなさんのファンになっていってしまいます。あっちゃんもかなり優遇されてて格好いいんですけどね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 青木孝典 投稿日 2014/2/2
形式: コミック Amazonで購入
購入してよかったです。
おすすめ商品です。
内容も面白いです。今後の展開が楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Ayumu Kohiyama 投稿日 2014/12/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
【要点】

1:満員にならないとクビになる公演当日に倒れた吉永に会いに行くために公演をすっぽかして病院に向かったみのりを呼び続けるAKB劇場でのみのりコール。コールが終わる前に劇場に辿り着いたみのりと研究生に出た結果は満員御礼。

2:クビにならずに済んだ研究生のセンターであるみのりはAKBの主要メンバーから目をつけられる。大島優子と渡辺麻友というキャラとチームの違う2人にチームに来るように誘われ、それぞれがアイドルとして活動している中で考えていることを肌で感じる

3:研究生はそれぞれがチーム入りを気にする中、アイドルの厳しい現実が目の前に迫っている。

チームから個人の戦いに変わっていきそうな雰囲気。AKB49、第一章終了と第二章の前振り。

選抜総選挙やじゃんけん大会でメンバー紹介が行われる際にそれぞれがどのチームに所属しているのかも含めて紹介がされるけど、AKBに詳しくない自分は全く気にしていなかった。

それぞれのチームにはカラーがあって、詳しい人にとってはそれなりの意味があるようだけど、やっぱり個人の存在が大きくなってしまう。

チームとしてやってきた中でも最終的には個人として戦っていかないといけないのがアイドルの世界。チームとして
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 kk 投稿日 2014/9/15
形式: Kindle版 Amazonで購入
最後まで見てしまった。面白かったから、続きを見て見たいね。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック