Amazon Kindleでは、 AKB49~恋愛禁止条例~(2) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 463
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
AKB49~恋愛... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

AKB49~恋愛禁止条例~(2) (講談社コミックス) コミック – 2011/3/17

8件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

AKB49~恋愛禁止条例~(2) (講談社コミックス) + AKB49~恋愛禁止条例~(3) (講談社コミックス)
両方の価格: ¥ 926
ポイントの合計:  28pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


Amazonで直接、商品を販売
出版社様が商品を委託し、常備することができる 「e託販売サービス」。売り逃し防止に、ぜひご活用ください。

商品の説明

内容紹介

AKB48が漫画になった!! 男子高生・浦山実は、憧れの同級生・吉永寛子がAKB48のオーディションを受けると聞き、彼女を応援するため「浦川みのり」と名乗り、女装でオーディションに潜入。その甲斐あって、吉永は見事合格するが、なんと、「浦川みのり」も一緒に合格してしまう!! 男子が、ある日突然AKB48の研究生!? 「浦山実」と「浦川みのり」‥バレたら地獄の二重生活スタート!

AKB48の研究生「浦川みのり」としての生活を始めた男子高生・浦山実は、研究生公演のセンターに抜擢されるも、実力不足から周りに迷惑をかけることを恐れ、レッスン中に逃げ出してしまう! しかし、みのりを信じて待ち続ける吉永の姿に胸を打たれ、決意を新たに劇場へと戻るのだった。ついに、みのりと吉永たち研究生のステージデビュー初日が幕を開ける!!

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406384465X
  • ISBN-13: 978-4063844658
  • 発売日: 2011/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キッド 投稿日 2012/7/6
形式: コミック Amazonで購入
 アニメのAKB0048を見ている途中のCMでこの作品を知り、試しに1巻だけ買って読んでみたところ、これがまたおもしろくて。たまらず2〜8巻もまとめて購入しました。
 2巻になってますますリアルのメンバーとの絡みが増えてきました。リアルのAKB48のメンバーについて、ほとんど知識がないため、各メンバーのことが知れて勉強になります。1巻はたかみなさんがめっちゃ可愛かったですけど、2巻はあっちゃんが格好いいです! 顔面センターとか思っててすみませんでした。秋元才加の件にも触れてて、まじかよ!?って思いました。ああいうのって普通タブーにするでしょ!わざわざ漫画で蒸し返すなんて……恐るべしAKB。
 あと、1巻で完全にイヤなキャラだった岡部がライバル的キャラになってきて、好感持ててくるのもいい感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kuro 投稿日 2011/3/17
形式: コミック
結構面白かった一巻よりも盛り上がってるし、ストーリー的には5つ星レベル。
主人公に好感が持てるし、他のキャラも大体全員立ってる。
まぁ、ヒロインが若干影が薄いけど、この子はそれがキャラと言えなくもないし。
 
ただ、不満があるとすると、単行本ならではのオマケ要素がほとんどないこと。
一応表紙裏に少しあるが、他はなんもない。
マガジンコミックはジャンプコミックより高いのにサービス精神で負けてる。
この漫画ならキャラのプロフィールを載せるだけで十分なので、それぐらいはして欲しかった。
 
漫画の内容じゃなく、単行本としての完成度への不満で星をひとつマイナス。
わがままだと思うけど、自分みたいにマガジンを買いつつ、単行本も買う人間にも新しい楽しみを。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近、真剣勝負が出来ているのかと悩む。悩むってことはできてないんでしょう。だったら、真剣勝負が出来る相手に勝負を挑むしかない。挑んでいかないと自分は小さくなる。ライバルになっちまったら真剣勝負をするしかない。そんな環境が人を大きくする。

真剣勝負ができていない気がするのは仕事の話。今の会社に入ってはや一年。がっちりやってきたつもりだけど、最近、気が抜けてしまっている気がしてちょっと考え中な日々。ライバルが見つからないなんて言わないでドンドン勝負を挑んでいかないとあかんのですな。

総選挙にじゃんけん大会と呆れるほど人と人の勝負を見せるAKB。その勝負の象徴がセンター。センターに立てるのはその舞台で1人だけ。だからこそ、メンバーはセンターを目指して努力をし続ける。

センターに立つ人間は自分にその力があるのかはわからない。でも、任せてもらったからには全力でセンターに立つ。センターにそんな意味があるのだと考えたこともなかった。AKBのセンターには想いが詰まっている。

研究生公演でセンターに立つことになったAKB48唯一の男のメンバーである浦川みのりは自分がセンターにふさわしいのかを悩む。でも、実際にセンターに立つAKBの象徴、前田敦子との関わりを通して自分なりのセンターとして振る舞う。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 林田力 投稿日 2011/11/24
形式: コミック
元麻布ファクトリーの原作で宮島礼吏が『週刊少年マガジン』に連載中の漫画『AKB49 恋愛禁止条例』第2巻では主人公・浦川みのりが大島優子のアンダーに抜擢される。そこでKチームの厳しさを目の当たりにする。お友達同士で傷をなめあう温さの対極に位置していた。正規メンバーの自然な描写が、主人公が感じた研修生への違和感の回答になり、正規メンバーの持ち上げにもなるという好展開である。(林田力)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック