AKB48

こんな商品も買われています

SKE48
HKT48
NMB48
Not yet
AKB48
乃木坂46
フレンチ・キス
指原莉乃

AKB48のデジタルミュージック
並べ替え:
売れている順番
1-10 of 934
曲名 アルバム  
30
30
30
30
30
30
30
30
30
30

AKB48グループメンバー エア握手会 ダイジェスト映像公開!

「AKB48グループメンバー エア握手会」とは・・・

AKB48で行われている「個別握手会(大握手会)」にカメラが潜入。
個別握手会でメンバーと握手を実際に行っているかのような疑似握手会映像になります。

AKB48グループメンバー、全257人の握手を収録しています。
総収録分数は、驚愕の約90分

ツンデレな子、元気で声が大きい子、変わった格好の子、ジャンプして迎えてくれる子・・・
257通りの握手体験が出来る映像となっております!

※実際の握手映像より短縮したものをダイジェスト映像として切り出しております。


5th Album『次の足跡』封入生写真全16種絵柄公開
※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。
入山杏奈
入山杏奈
大島優子
大島優子
柏木由紀
柏木由紀
川栄李奈
川栄李奈
小嶋陽菜
小嶋陽菜
小嶋真子
小嶋真子
指原莉乃
指原莉乃
島崎遥香
島崎遥香
高橋みなみ
高橋みなみ
松井珠理奈
松井珠理奈
松井玲奈
松井玲奈
峯岸みなみ
峯岸みなみ
山本彩
山本彩
横山由依
横山由依
渡辺美優紀
渡辺美優紀
渡辺麻友
渡辺麻友
  

AKB48 チームサプライズ関連商品



動画


AKB48 の画像
アーティストまたはその代理人から提供されています

バイオグラフィー

作詞家・秋元康が総合プロデューサーを務める、2005年12月より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは「会いにいけるアイドル」。

東京・秋葉原に彼女たち専用の「AKB48劇場(シアター)」をもち、トップアイドルとなった現在も日々公演を行う。

総公演回数は、2096回、観客延べ総動員数は、約51万人。(2010年11月2日終演時点)
メンバーは全て全国各地からの応募によるオーディションにより選出されており、2011年4月10日現在チームA16名、チームK16名、チームB16名の計48名および、研究生として23名、合計71名が在籍。

2010年シングル売り上げランキングでは「Beginne... 続きを読む

作詞家・秋元康が総合プロデューサーを務める、2005年12月より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは「会いにいけるアイドル」。

東京・秋葉原に彼女たち専用の「AKB48劇場(シアター)」をもち、トップアイドルとなった現在も日々公演を行う。

総公演回数は、2096回、観客延べ総動員数は、約51万人。(2010年11月2日終演時点)
メンバーは全て全国各地からの応募によるオーディションにより選出されており、2011年4月10日現在チームA16名、チームK16名、チームB16名の計48名および、研究生として23名、合計71名が在籍。

2010年シングル売り上げランキングでは「Beginne... 続きを読む

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

日本が世界に誇るアイドル文化。その中でも数多くのメンバーで構成された、いわゆる<束物アイドル>の系譜は古くから脈々と続いている。その元祖的存在のおニャン子クラブから約20年後、同グループの仕掛人だった秋元康の完全プロデュースによって誕生したのがAKB48だ。
このグループの最大の特徴は“会いに行けるアイドル”ということ。秋葉原に専用劇場を構え、ほぼ毎日コンサートを開催。チームA、チームK、チームBと呼ばれるユニット各16名が交互に出演するというスタイルをとっている。秋葉原というオタク文化象徴の地で、ファンとアイドルの交歓が日夜繰り広げるなど、独自の文化を形成した。
CDデビューは、... 続きを読む

作詞家・秋元康が総合プロデューサーを務める、2005年12月より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは「会いにいけるアイドル」。

東京・秋葉原に彼女たち専用の「AKB48劇場(シアター)」をもち、トップアイドルとなった現在も日々公演を行う。

総公演回数は、2096回、観客延べ総動員数は、約51万人。(2010年11月2日終演時点)
メンバーは全て全国各地からの応募によるオーディションにより選出されており、2011年4月10日現在チームA16名、チームK16名、チームB16名の計48名および、研究生として23名、合計71名が在籍。

2010年シングル売り上げランキングでは「Beginner」が首位を獲得!続いて2位も「ヘビーローテーション」、5位「チャンスの順番」7位「ポニーテールとシュシュ」がランクインし、名実共に国民的アイドルの地位を確立したAKB48。2010年は「AKB48」というグループ名が日本流行語大賞ノミネート、グッドデザイン賞(優秀賞)、第25回日本ゴールドディスク大賞の「シングル・オブ・ザ・イヤー」「ザ・ベスト5シングル」の3作品計4賞、第52回日本レコード大賞(優秀作品賞)を受賞。「もっとも人数の多いポップグループ」としてギネス認定される等、内外にその存在を広くアピールする結果となり、3度目の出場となる「第61回NHK紅白歌合戦」にも出場を果たした。

人気は国内に留まらず海外での活動も積極的に行っており、2009年はパリ・ニューヨーク・カンヌにて、2010年はロサンゼルス・韓国・マカオ・シンガポール・モスクワでの公演も行った。

「会いに行けるアイドル」として活動するAKB48ならではの握手会イベントは、2010年の来場者数は150万人を超える。来場者数の増加に伴い、東京競馬場・さいたまスーパーアリーナ・味の素スタジアム・大阪京セラドームなどでの大規模なイベントになっている。

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

作詞家・秋元康が総合プロデューサーを務める、2005年12月より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは「会いにいけるアイドル」。

東京・秋葉原に彼女たち専用の「AKB48劇場(シアター)」をもち、トップアイドルとなった現在も日々公演を行う。

総公演回数は、2096回、観客延べ総動員数は、約51万人。(2010年11月2日終演時点)
メンバーは全て全国各地からの応募によるオーディションにより選出されており、2011年4月10日現在チームA16名、チームK16名、チームB16名の計48名および、研究生として23名、合計71名が在籍。

2010年シングル売り上げランキングでは「Beginner」が首位を獲得!続いて2位も「ヘビーローテーション」、5位「チャンスの順番」7位「ポニーテールとシュシュ」がランクインし、名実共に国民的アイドルの地位を確立したAKB48。2010年は「AKB48」というグループ名が日本流行語大賞ノミネート、グッドデザイン賞(優秀賞)、第25回日本ゴールドディスク大賞の「シングル・オブ・ザ・イヤー」「ザ・ベスト5シングル」の3作品計4賞、第52回日本レコード大賞(優秀作品賞)を受賞。「もっとも人数の多いポップグループ」としてギネス認定される等、内外にその存在を広くアピールする結果となり、3度目の出場となる「第61回NHK紅白歌合戦」にも出場を果たした。

人気は国内に留まらず海外での活動も積極的に行っており、2009年はパリ・ニューヨーク・カンヌにて、2010年はロサンゼルス・韓国・マカオ・シンガポール・モスクワでの公演も行った。

「会いに行けるアイドル」として活動するAKB48ならではの握手会イベントは、2010年の来場者数は150万人を超える。来場者数の増加に伴い、東京競馬場・さいたまスーパーアリーナ・味の素スタジアム・大阪京セラドームなどでの大規模なイベントになっている。

このバイオグラフィーはアーティスト本人またはその代理人から提供されています

日本が世界に誇るアイドル文化。その中でも数多くのメンバーで構成された、いわゆる<束物アイドル>の系譜は古くから脈々と続いている。その元祖的存在のおニャン子クラブから約20年後、同グループの仕掛人だった秋元康の完全プロデュースによって誕生したのがAKB48だ。
このグループの最大の特徴は“会いに行けるアイドル”ということ。秋葉原に専用劇場を構え、ほぼ毎日コンサートを開催。チームA、チームK、チームBと呼ばれるユニット各16名が交互に出演するというスタイルをとっている。秋葉原というオタク文化象徴の地で、ファンとアイドルの交歓が日夜繰り広げるなど、独自の文化を形成した。
CDデビューは、06年2月のシングル「桜の花びらたち」。以降も「スカート、ひらり」「制服が邪魔をする」など話題作を続々リリースしており、支持層は秋葉原の外へと拡がりを見せている。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら