Amazon Kindleでは、 A Study in Scarlet (Annotated) (Sherlock Holmes Book 1) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

A Study in Scarlet (Naxos Audio) (英語) カセット – Audiobook, Unabridged


すべての 195 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 515
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 82,731 ¥ 1,807
CD, Audiobook, CD, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 2,291
カセット, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 13,344 ¥ 4,649
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 4,142 ¥ 2,272



商品の説明

内容紹介

Sherlock Holmes is a calculating, rational sleuth who also exudes an almost hypnotic sense of otherness. More than a mere detective, he is rather an enigmatic mix of folklore and science, with a knowledge and wisdom, which seems mysterious and even, at times, unearthly. Join Holmes and his able assistant, Dr. Watson, as they become acquainted and combine forces to solve their very first case together.

出版社からのコメント

This book is in Electronic Paperback Format. If you view this book on any of the computer systems below, it will look like a book. Simple to run, no program to install. Just put the CD in your CDROM drive and start reading. The simple easy to use interface is child tested at pre-school levels.

Windows 3.11, Windows/95, Windows/98, OS/2 and MacIntosh and Linux with Windows Emulation.

Includes Quiet Vision's Dynamic Index. the abilty to build a index for any set of characters or words.
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • カセット
  • 出版社: Naxos Audio Books; Unabridged版 (2002/02)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 962634749X
  • ISBN-13: 978-9626347492
  • 発売日: 2002/02
  • 商品パッケージの寸法: 17.9 x 11.5 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 1,187,015位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/8/15
形式: ペーパーバック
表紙は有名なドラマのものですが、内容はコナンドイルの原作です。

ワトソンとホームズが同居することになる出会いのシーンから書かれている。
ドイルはホームズの奇特な言動を細かく描いており、化学と推理の天才であることを除けば、薬中、嫌味で高慢、気分屋。

ワトソンとのやりとり、ホームズのエキセントリックさ、重要な小道具など原作を読んでドラマと比べるとさらに楽しい。

ただ「推理小説」と考えるならば、読者が犯人を推理できるような巧い伏線は少なく、その後に発表された多くの短編のほうが優れているように思う。

英語で読むたのしみとしては、例えば
日本語だと「馬車」という一語で訳されがちな語も、ブルーアム、ランドー、ドッグカート、ハンソンなど型式に違いがあり、乗り手の立場や経済力を暗示している場合もあります。
そういう用語は最初は辞書がいりますが、表現の細かい違いがわかるほど原作で読む楽しみも増えます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サムワイズ8 投稿日 2013/5/15
形式: ペーパーバック Amazonで購入
コナン・ドイルのシャーロックホームズのなにが面白いんだろうと
ずっと思っていたのは小学校の「学級文庫」にあった、
シリーズのせいだった。今思えば、あれは子供向きに書き換えた
ものだったのだ。
BBCの「シャーロック」にはまって、表紙に魅かれて読み始めた
原作は面白いではないですか。
面白くなければ、世界中にファンがいるわけがないので
いまさらながら、コナン・ドイルの達者なストーリーテリングに
はまっています。
とてもいい意味での古典。
最近無駄に情報量がおおくて、冗長なストーリーが多いので
新鮮です。
子どもの頃つまらないと思って読まなかったし、「シャーロック」
以前のテレビドラマも見ていないので、知らないストーリーが
多くて他の作品も楽しめそうです。
今回のテレビシリーズ「シャーロック」は別のストーリーですが、
うまく原作のキーアイテムを取り込んだ話になっているので、
あー、ここを使ったのかと、二つの話を比べる楽しみも
あります。
「シャーロック」もシーズン3,4の製作が決定したようなので
見ては、読むの順番で楽しめそう
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 bikegirl 投稿日 2012/9/11
形式: ペーパーバック Amazonで購入
BBC「シャーロック」の表紙ですが、中身はサー・アーサー・コナン・ドイルの「緋色の研究」です。

原作の魅力もさることながら、この本の魅力はシャーロック・ホームズの大おたくであり、BBC「シャーロック」のプロデュサーで脚本も担当しているスティーヴン・モファットの序文。自分とこの原作本との出会いやシャーロック・ホームズシリーズへの愛が熱く語られています。

原作を読んだ方は原書にトライしてみるも良し、英語教材として活用するも良し。

BBC「シャーロック」ファンの方は、"A Study in Pink"の元になったこちらを読んで、比べてみるのも面白いですよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック