Amazon Kindleでは、 9割の病気は自分で治せる (中経の文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 617
通常配送無料 詳細
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

9割の病気は自分で治せる (中経の文庫) 文庫 – 2009/2/1


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

9割の病気は自分で治せる (中経の文庫) + 9割の病気は自分で治せる2 [病院とのつき合い方編] (中経の文庫 お 7-2) + 一生、「薬がいらない体」のつくり方 (知的生きかた文庫)
合計価格: ¥ 1,851

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

 少し体調を崩すと、安易に薬や病院に頼っていませんか?

 薬は、あくまでも対症療法です。副作用が必ずありますので、長く服用すれば体は本来の機能を失い、確実に蝕まれていきます。そこで、まずは自己治癒力を高めることで病気を遠ざけてみませんか。

 風邪、高血圧、糖尿病、肥満、頭痛、腰痛、不眠、便秘......。実は、これらの病気はすべて自分の力で治すことができるのです。本書では、病気の根本的な原因である生活習慣と考え方を変えることで、体が本来持っている治癒力を高め、健康な体を作る方法をお教えします。

 また、現代医療の危機的状況もお伝えします。薄利多売の病院経営、大量に押し寄せる患者を"さばく"だけで精一杯の医者、大量に処方される不要な薬......。知らず知らずのうちに、あなたも「おいしい患者」になっているかもしれません!

内容(「BOOK」データベースより)

風邪や、高血圧、糖尿病、頭痛、不眠症などの慢性疾患は、本来、自己治癒力で治るもの。安易に病院や薬に頼り続けると、知らず知らずのうちに体が蝕まれ、病院の経営を助ける「おいしい患者」になってしまいます。生活習慣を改めるなどの根本的な治療が、いかに体に必要なのか、現代医療の驚くべき実情とともに、わかりやすく解説します。

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 中経出版 (2009/2/1)
  • ISBN-10: 4806132772
  • ISBN-13: 978-4806132776
  • 発売日: 2009/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (44件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 11,108位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

109 人中、103人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 今倉 投稿日 2010/12/22
形式: 文庫
著者は人間の体が自分で自分の体を治す自己治癒力を重んじます。自己治癒力を高める方法として次の14項目を提示しています。
1 前屈みの姿勢をやめる。前屈みでいると交感神経が優位になり、呼吸が小刻みになる。
2 時々ゆっくりと深呼吸をする。大きな呼吸は心と体をリラックスさせる。
3 食にこだわる。穀物、野菜、果物、海草類、きのこ類、発酵食品、魚類を積極的に摂取し、塩分、白砂糖、加工食品、外食を控える。旬のもの、地産のものをとり、大食をしない。
4 便秘に気をつける。便秘は腸内環境が好ましくない指標になる。
5 天然サプリメントを活用する。食材の栄養素が低下しているからである。
6 爪もみをする。指の爪の生え際を他の手の親指と人さし指で少し強くもむ。自律神経を整える効果がある。
7 ツボを刺激する。自律神経を整える。
8 温冷浴をする。湯船につかった後シャワーで水を浴びることを交互に3〜4回繰り返す。温浴から始め冷浴で終わる。自律神経を整える。
9 ふくらはぎをマッサージする。たまっている血液を心臓にもどす効果がある。
10 易筋功をする。易筋功はマッサージの一種である。
11 1日に6000歩歩く。動かないと自己治癒力は顕著に低下する。
12 7時間睡眠を取る。自己治
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぽるじはど トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/26
形式: 文庫
 CTもMRIも世界の1/3を日本が買い占めており、コスト回収の為検査ノルマがしかれ、微細で殆ど問題ない疾患が発見され、薬剤投与が始まる。

 そして薬は、自然治癒力を下げて、薬への依存度を上げ、離脱を難しくし、その結果医師へも依存するようになり、自分で治す力を低下させるとのスパイラルへと誘う物質であり、94年に出された総処方箋数約30億件中、副作用で入院した患者数が200万人、内10万人が死亡、副作用で余分にかかった医療費¥8,4億、となれば、何の為に検査があり、薬を投与されているのかサッパリ分からなくなる。

 胃薬はせん妄、頭痛薬は胃がんを引き起こし、血圧降下剤は認知症の進行を早めQOLを下げ、血圧が低くても脳出血は起こる。
 それに80年代初頭から99年まで、脳循環代謝抑制剤として使われていた40種類中34種類を、厚労省が全く効果がないといきなり取り消した、と聞けば尚更だ。

 本来医師は、食事をはじめとした生活習慣是正を行い、改善しなければ短期間限定で、薬剤投与など攻撃的な治療を行わねばならぬのだが、生活習慣指導で治療の最低限度を見極める技量は、殆ど点数算定されず、逆に何も考えずに沢山投与した方が、点数加算され報われるとの矛盾した診療報酬体系システムになっているのだから、前述のスパイラルは変わりようがな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
50 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ティアパフ 投稿日 2009/8/21
形式: 文庫
医療費問題が報じられるたびに、感じていて矛盾点をすっきり解決してくれるだけでなく、健康に生活するための智慧を授けてくれました。
「医者に病は治せない、ただ、自己免疫力の手助けをするだけ」、「薬は毒」など、日ごろ考えていたことが、医者の立場から書かれていて、納得できました。
また、健康な生活を送るために、どうすればよいのか提案されていて、早速実行しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミヤコ トップ500レビュアー 投稿日 2011/10/19
形式: 文庫
本書では、日本の医療症例のおよそ9割を占める高血圧、糖尿病、肥満症、
痛風、便秘、頭痛、腰痛、不眠症等を、「喜劇の病気」と捉えており、これ
らは「自己治癒力で治る」(p. 252)という著者のスタンスで書かれている。
そして、この主張が本書のタイトルになっている。

これらの症状で病院を訪れ、医師が言うことを従順に守り、薬を慢性的に
長年使用し続ける患者は、したがって、医師から見れば「おいしい患者」で
あると鋭く指摘し、そのようなことが起こる背景として、医療費の逼迫や
診察料や症例の基準の変更等があることを指摘している。

本書の主張は非常に分かりやすい。自己治癒力を高めるための生活改善
等もせず、薬のみ(薬は必ず副作用がある)で喜劇の病気の治療にあたる、
こういった「おいしい患者」は、実は患者の健康のためにはなっておらず、
日本の医療研究や医師のためにもなっていないことを強く説いている。
そして、普段の生活の中で、自己治癒力を高め未病の状態で平癒すること
があらゆる面において大切であることを主張している。著者は、薬の使用
を完全に否定しているわけではなく、薬というものは、自己治癒力を高め
る改善をしてもなお治らな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック