通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolK... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 kh567812
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し折れ、傷があります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門 大型本 – 2008/9/17

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,218
¥ 3,218 ¥ 647

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門
  • +
  • 拡張現実感を実現するARToolkitプログラミングテクニック
  • +
  • ARプログラミング—Processingでつくる拡張現実感のレシピ—
総額: ¥9,698
ポイントの合計: 220pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

机の上で3Dキャラクターが歩き回るアプリケーションが作れる。ブームを作るきっかけとなった「工学ナビ」の作者が現実世界と仮想世界を融合する「拡張現実感」アプリケーションの作り方を優しく解説。

著者について

橋本 直
1981年生まれ。大学では画像処理の研究室に所属し、拡張現実感、メディア・アート、ヒューマンインタフェースなどインタラクティブ技術に関する研究を行っている。学部3年生のときに立ち上げたサイト『工学ナビ』において、自分が学んだノウハウや画像処理を応用したユニークなソフトを公開している。現在(2008年9月)、九州工業大学大学院工学研究科機械知能工学専攻制御工学分野博士後期課程に在籍中。


登録情報

  • 大型本: 240ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2008/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048673610
  • ISBN-13: 978-4048673617
  • 発売日: 2008/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
本書は
 ・ARとはなにか
 ・ARToolKitの導入
といったところから始まります。導入も丁寧に解説されているため、導入に手間取ることはないかと思われます。言語としてはC言語()、またVisualC++2008が必要です(このVisualC++2008の導入方法も掲載されています)。

後半にはARToolKitを使った作品のサンプルがあります。
ARToolKitのソースも少し解説されています。ただしOpenGL関係の説明は必要最小限にしかされていません。このため、実際に作品を作るとなると、別途OpenGLの参考書籍が必要になります。なお3Dモデルの製作にはMatasequoiaを使っています。Matasequoiaの使い方なども必要に応じて別途参考書籍をみてください。

本のサンプルプログラムは公式サイトからDLできます(本にCD-ROMが付いていたりはしません)。

ハードウェアに関しては、高いスペックのPCは必要ないです。ノートPCでも十分動きます。
 ・CPU 2[GHz]
 ・メモリ 1〜2[GB] 
 ・グラフィックメモリ128[MB]以上
 ・USBカメラも200万画素、30[fps]
ぐらいで動く模様です。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
発売からかなり経ってますが、ARの導入方法から詳しく書かれていて、
とりあえず環境を作って試してみたい人にはオススメ。

入門書として読んで、その後ネットで最新の情報を調べながら
色々試していくと良いかも
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック