Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門 [大型本]

橋本 直
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,218 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門 + 拡張現実感を実現するARToolkitプログラミングテクニック + ARプログラミングProcessingでつくる拡張現実感のレシピ
合計価格: ¥ 9,698

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「仮想世界」と「現実世界」を融合する技術は、拡張現実感(AR:Augmented Reality)と呼ばれている。現実世界に3DCGキャラクターなどを上書きする専門性が高い技術だが、この技術を可能にするARToolKitを使った作品が「ニコニコ動画」などで発表され、拡張現実感の魅力が世間に知られるに至った。あなたもこの不思議な現象を体験してみませんか? 現実世界と仮想世界を融合する「拡張現実感アプリケーション」の作り方を、ブームの火付け役となった「工学ナビ」の作者がやさしく解説する。

内容(「BOOK」データベースより)

机の上で3Dキャラクターが歩き回るアプリケーションが作れる。ブームを作るきっかけとなった「工学ナビ」の作者が現実世界と仮想世界を融合する「拡張現実感」アプリケーションの作り方を優しく解説。

登録情報

  • 大型本: 240ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2008/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048673610
  • ISBN-13: 978-4048673617
  • 発売日: 2008/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 299,550位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ARを体験したい方に 2013/3/6
投稿者 うめぼし
形式:大型本|Amazonで購入
本書は
 ・ARとはなにか
 ・ARToolKitの導入
といったところから始まります。導入も丁寧に解説されているため、導入に手間取ることはないかと思われます。言語としてはC言語()、またVisualC++2008が必要です(このVisualC++2008の導入方法も掲載されています)。

後半にはARToolKitを使った作品のサンプルがあります。
ARToolKitのソースも少し解説されています。ただしOpenGL関係の説明は必要最小限にしかされていません。このため、実際に作品を作るとなると、別途OpenGLの参考書籍が必要になります。なお3Dモデルの製作にはMatasequoiaを使っています。Matasequoiaの使い方なども必要に応じて別途参考書籍をみてください。

本のサンプルプログラムは公式サイトからDLできます(本にCD-ROMが付いていたりはしません)。

ハードウェアに関しては、高いスペックのPCは必要ないです。ノートPCでも十分動きます。
 ・CPU 2[GHz]
 ・メモリ 1〜2[GB] 
 ・グラフィックメモリ128[MB]以上
 ・USBカメラも200万画素、30[fps]
ぐらいで動く模様です。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック