Amazon Kindleでは、 30日でできる! OS自作入門 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
15点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
30日でで... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 未開封CD付きです。カバーに擦れや小さい折れ跡があります。ページは書き込みの無い比較的綺麗な状態です。商品はクリスタルパックに入れその上から管理シールを貼ってあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

30日でできる! OS自作入門 単行本 – 2006/3/1


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 2,599


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


¥ 4,104 通常配送無料 詳細 15点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

30日でできる! OS自作入門 + CPUの創りかた + 12ステップで作る組込みOS自作入門
合計価格: ¥ 11,664
ポイントの合計:  352pt (3%)

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

出版社からのコメント

プログラミングの基礎からはじめて、30日後にはウィンドウシステムを有する32bitマルチタスクOSをフルスクラッチで作り上げるという入門書。ビギナーでも無理なく作成できるようPCの仕組み・アセンブラ・Cの解説から始まり、試行錯誤を繰り返しながらアルゴリズムを学びつつ、たのしく自由な雰囲気でOSをゼロから構築していくという、他に類を見ない手法による、趣味と実用と学習を兼ね備えたOS作成の入門書です。

■備考
・CD-ROM収録内容
Cコンパイラ、イメージファイル作成ツール

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川合/秀実
1975年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 705ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2006/3/1)
  • ISBN-10: 4839919844
  • ISBN-13: 978-4839919849
  • 発売日: 2006/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 24 x 18.5 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (36件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 34,019位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

191 人中、177人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 rui-saifa 投稿日 2006/3/7
形式: 単行本
本書では、決して初心者向けでは無いハードウェアであるPC/AT互換機(つまりパソコン)をターゲットにしてOSをフルスクラッチで開発する手段を公開し、そこで必要となる各要素を実践を通して学べるように書かれた本です。OSの書物といえば、一般的にはかなり敷居が高くなりますが、この本の敷居はそれらに比べて格段に低いと言えます。

但し敷居を下げるために、文章がくだけていたり、あるいは萌えという程ではないものの、女の子もイラストで出てくるような内容ではあります。こういう書物に抵抗があると、読み進めるのが辛いかもしれません。

OSの技術を解説するよりも、とにかくOSを一から作って動かすという方に重点を置き、通常OSの本で書かれるべき項目がいくつか省かれています。ですので、OSそのものを深く学ぶ目的で買う本では無いでしょう。しかし、その割り切りをしなければここまで敷居が低くはならなかったと思いますし、その目論見は私は正しいと思います。

この本はOSそのものを学ぶというよりは、”OSをつくる”という知的好奇心を満たし、その中でカーネル寄りのプログラミングを体験するための本だと思います。

敷居が低く、しかも実践的なOSの書物という難しい事柄が実現された本としてお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
64 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ktwウェヒヒヒ 投稿日 2006/4/8
形式: 単行本
詳細な記述に関しては賛否両論あるようですが、

切り口としてはとても面白いです。

ライブラリに頼らずに、くみ上げていく方式は少し前の時代のファームウェアを思い出しますね。

普段はOSに隠蔽されているハードウェアの制御などが見えてくるのが

とても面白いです。

フロッピーのブートセクタから起動コードを読み込みOS本体を起動させたり、マウスやキーボードからデータを取得する等は他の書籍では

なかなか扱っていない為、非常に興味深く新鮮です。

これを読んで実用的なOSを作れるかといえば、もちろん答えはNOですが、普段ハードの存在を意識せずにコードを書いているWindowsプログラマーは読む価値のある一冊だと思います。

また全くプログラミング経験の無い方には向かないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/12/10
形式: 単行本
OSをつくる本といいたいところだが、この本に書いてある
ことを鵜呑みにしてはいけない。間違っているというわけでなく
”本の行間”を自力で埋める作業は必要であるということである。

他のレビューで
著者のホームページを参照することが多いと書いてある。
これがOS?ファイルシステムがなければOSじゃない。
初心者には敷居が高い。と書いてあります。

しかしあくまでも本書は”OS自作”が目的である。
だからアンセブラやC、その他の知識の解説はオマケである。

本気で自由自在にOSをつくりたいなら”足りないところ”を
自分で補う必要がある。

著者は勉強なしでOSをつくりはじめようとは言ってますが、
分からないこと、疑問に思ったこと、自分が欲しい機能
この言語で書きたいなどは後から学べばいいと言っているので
あって勉強をしなくていいとは言ってません。

この本からPCの変な難しさから脱却し、楽しく勉強しましょう
というのがこの本の行間です。

だから上記をふまえて学習してください。
この本は良書です。ポイントとしては

ハード目線でソ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2011/5/27
形式: 単行本
オフィスワークに開発に、普段何気なく使っているOS。一体どうやって実現しているのだろう?という好奇心を満たしてくれる1冊だと思います。
OSに詳しい人から見れば内容には不満があるのかも知れません。
また、筆者の語り口や進め方に対しても賛否両論あると思います。
でも、この本は「OSを作りたい人のための本」ではなく「OSの中身の様子を知りたい人」向けの本だと思います。

もちろん知っている人からしたら、「OSの中身のちゃんとした説明になっていない」と言われるのかもしれませんが、現代の一般的なエンジニア(特に.NetやJavaで主に開発している人)からしたら「ちゃんとした説明」よりも概要や雰囲気を掴むほうが役に立ちます。
例えば、本書では
・OSをロードする仕組み
・割り込みを使ってキーボードやマウス入力を扱う方法
・セグメントレジスタを使ってメモリへの不正アクセスを防ぐ仕組み
・マルチタスクの仕組み
といったことを実物を作りながら学ぶことができます。こういったことは普通に業務システムの開発者として過ごしている中では経験できないことです。

自分が開発しているプラットホームの背後にある世界について(完璧でないにしても)少しでも理解を深めることは、今やっている開
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック