¥ 5,940
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
21世紀の... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

21世紀の資本 単行本 – 2014/12/9


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,940
¥ 5,940 ¥ 5,397


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

21世紀の資本 + 【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める! + トマ・ピケティの新・資本論
合計価格: ¥ 9,720
ポイントの合計:  216pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

r>g

≪資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、
資本主義は自動的に、
恣意的で持続不可能な格差を生み出す≫

格差は長期的にはどのように変化してきたのか? 資本の蓄積と分
配は何によって決定づけられているのか? 所得格差と経済成長は
、今後どうなるのか? 18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと、
明晰な理論によって、これらの重要問題を解き明かす。格差をめぐ
る議論に大変革をもたらしつつある、世界的ベストセラー。


「本年で、いや、この10年で、最も重要な経済学書になると言って
も過言ではない」ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)

「地球規模の経済的、社会的変化を扱った画期的著作だ」エマニュ
エル・トッド(フランス国立人口統計学研究所)

「時宜にかなった重要書だ」ジョセフ・スティグリッツ(コロンビ
ア大学教授)

「かれの解決策に賛成するにせよ、しないにせよ、資本主義を資本
主義から救おうとする人たちにとって正真正銘の課題だ」ダニ・ロ
ドリック(プリンストン高等研究所教授)

「この事実の確立は、政治的議論を変化させる、ノーベル賞級の貢
献だ」ローレンス・サマーズ(ハーヴァード大学教授)

「かれの研究が、スマートな人たちを富と所得格差の研究に惹きつ
けることを望む」ビル・ゲイツ

「情報の豊かさがすばらしい」ロバート・シラー(イェール大学教
授)


本文より
「本書の答えは、これまでの研究者が使えたものよりもはるかに広
範な、長期的で比較可能なデータに基づいた答えとなっている…格
差の根底にある仕組みについて、もっと深い理解を与えてくれるよ
うな、新しい理論的な枠組みに基づいたものでもある」
「1970年代以来、所得格差は富裕国で大幅に増大した。特にこれは
米国に顕著だった。米国では、2000年代における所得の集中は、19
10年代の水準に戻ってしまった――それどころか、少し上回るほど
になっている」
「私の理論における格差拡大の主要な力は、市場の不完全性とは何
ら関係ない…その正反対だ。資本市場が完全になればなるほど、資
本収益率 r が経済成長率 g を上回る可能性も高まる」
「格差の問題を経済分析の核心に戻して、19世紀に提起された問題
を考え始める時期はとうに来ているのだ」
「あらゆる市民たちは、お金やその計測、それを取り巻く事実とそ
の歴史に、真剣な興味を抱くべきだと思える…数字との取り組みを
拒絶したところで、それが最も恵まれない人の利益にかなうことな
ど、まずあり得ないのだ」

内容(「BOOK」データベースより)

資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す。本書の唯一の目的は、過去からいくつか将来に対する慎ましい鍵を引き出すことだ。

登録情報

  • 単行本: 728ページ
  • 出版社: みすず書房 (2014/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622078767
  • ISBN-13: 978-4622078760
  • 発売日: 2014/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.8 x 4.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (79件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 23位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

388 人中、333人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぷぅ〜ん 投稿日 2014/12/25
形式: 単行本
「r>g」、「グローバル資本課税」等のインパクトある主張が大きく取り上げられていますが、本書の貢献はそれだけではありません。本書は資産の歴史書であると同時に、マクロ経済学の歴史書、そして著者自身の歴史書でもあります。彼の研究姿勢は今後のマクロ経済学を大きく展開させるかもしれません。

著者のトマ・ピケティは若干22歳でLondon School of Economics及び社会科学高等研究院からPhDを取得した後、経済学の本場アメリカのMITで研究員となります。当時の彼は高度な理論研究をしており、「証明を量産する天才」と持て囃されたそうです。しかし彼は2年でアメリカを去ります。その理由について、「でも何か奇妙なことが起こったのだ。私は自分が世界の経済問題について何も知らないことを痛いほど思い知ったのだ。」と本書にあります。

フランスに帰ってからは、トニー・アトキンソンやエマニュエル・サエズといった著名な研究者と共に、資産や課税に関する歴史的データの発掘をしています。それらの研究は数々の論文で発表され、その集大成が本書です。また、本書ではあまり触れられていませんが、彼はサエズと共に最適課税理論の分野で理論研究を続けます。それらの研究は彼の主張である「課税」に関する理論的根拠となるものですが、以前の論文と比べ直感的に理解しやすく示唆に富んでいる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
396 人中、339人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 picander トップ500レビュアー 投稿日 2014/12/8
形式: 単行本
資本収益率が経済成長率を上回るため、資本家は益々富み格差は拡大する、そしてこの傾向が今後も続くだろうという分析については、本書の発売前から多くの紹介、書評があり(週刊東洋経済が特集まで組んだ)、それに対する、トリクルダウン効果や資本収益率の低下等アメリカを中心とする経済学者の批判も既に多く目にしている。
そんなおおよその議論を踏まえた上で読者は本書を手に取るだろうから(ただふらっと買ってみるような内容・分量の本ではない)、本書の主要な論点についての意見よりもまず興味深いのは、これほどの専門書かつ大著にもかかわらず本書が各国でベストセラーになったという事実であり、格差に対する知識階級の切実な(こんな分厚い本に手を伸ばすほどの)問題意識の高まりが先進国に共通したものであるという大きな知的トレンドである。
IMFはじめ多くの国際機関が格差が経済成長を阻害するという認識を明らかにしはじめているし、イデオロギーではなく実証的に、かつグローバルに格差の未来を論じ、格差の解消を訴えるピケティの議論が、今後先進国の知的潮流と相まって、大きな国際的な政治的解決を生み出すことができるのか、という点にこそ注目していきたい。
成長によって生まれる格差が成長の持続性を損なうという逆説は、グローバルでの所得や資産への累進課税とそれを可能にする各国の協調によって解決可能なのか(それ
...続きを読む ›
12 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
173 人中、143人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 職業・マンガ評論家 投稿日 2015/1/9
形式: 単行本
本書は本文だけで600ページを超える大部だからであろうが、読まずして内容を理解できるという趣旨の解説本がいくつか出ている。
実際、本書の主たる主張はごく簡単に言い表すことができ、本文中で何度も繰り返される。
- 人類の歴史のほとんどの期間において、資本収益率は成長率を上回っている。(つまりr>g)
- r>gであると、富は賃金所得や産出を上回って成長し、持てるものと持たざるものの格差はどんどん拡大する。
事実、20世紀以前には一握りの金持ちと大多数の生活に困窮する庶民で社会が構成されていた。
- 20世紀後半に比較的格差が縮小し、そこそこ裕福な中間層が出現して穏健な市民社会が実現したのは、2度の世界大戦による富のリセット、インフレ、各国の格差縮小的な税政策、歴史的に見て例外的な高度成長の継続、などの要因が重なったためであったが、今や成長の時代は終わりを告げ再び格差拡大の時代に戻ろうとしている。
- 格差拡大を防ぐためには、高度な国際協力と資本に関する情報開示を基礎とした累進資本税の導入が最適な解決策である。

本書によって巻き起こされる議論に付いていきたいだけならこのぐらいの筋を理解しておけば十分であろう。

本書の特色は、多大な過去のデータや実例の紹介によってこの主張に強い説得力
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
161 人中、124人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 HistInv 投稿日 2014/12/24
形式: 単行本
もはや周知の世界的ベストセラーになっている本書は、読み手の様々な立場・意見によって「お好み解釈」されている感も強いと思いますが、一義的には数量経済史の「金字塔」として評価されるべきでしょう。
本書およびネット上の補遺で示された分析の本質的価値は、(著者がその存在を否定する)逆U字曲線でもお馴染みのS.クズネッツの歴史統計観察の手法を継承し、各国の所得申告データ・国民経済計算、A.マジソンのような先行するデーターベースに基づいた(→相対的に信頼性の高い)推定歴史統計を整備したことにあると思います。経済学者としての著者の立場は「左派」に分類されているようですが、本書を読む限り、指令性経済を支持する(マルクス経済学的)発想とはかなりの距離を置き、グローバリズム・リフレ政策にも一定の効能を認めながら、「経済格差」の弊害の指摘と改善で資本主義の平和的延命を目指す(ケインズ様とした)修正主義者に近いように見えます。

本書は四部構成になっており、第1部では本書で扱われる「資本」が農地・住宅・その他金融・非金融資本(生産財・株式など)の総和として定義される最広義の概念(≒国富)であること等の基本概念が整理されます。

第2部ではβ(資本/所得比率)の歴史的推移が考察され、欧米を中核とする世界のβは、19世紀末〜20世紀初頭まで450〜500%水準
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック