Amazon Kindleでは、 2015年放射能クライシス をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 370

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
2015年放射能クライシス
 
 
1分以内にKindleで 2015年放射能クライシス をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

2015年放射能クライシス [単行本]

武田 邦彦
5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,296 通常配送無料 詳細
ポイント:38pt (3%)  詳細はこちら
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
単行本 ¥ 1,296  

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。 無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。>


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

2015年放射能クライシス + 武田教授の眠れない講義 「正しい」とは何か? + 「身近な科学」50のウソ (PHP文庫)
合計価格: ¥ 3,369
ポイントの合計:  38pt (1%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

4年後に起こるニッポンの危機とは何か?

おびただしい量の放射性物質が拡散してしまった日本。かつては「原発推進派」で日本原子力学会平和利用特賞まで受賞した科学者である著者が、2015年が日本の節目であると分析する。チェルノブイリ事故による小児がん患者が4年後に急増したからである。ヨーロッパの論文によれば、今回の事故で最大40万人のがん患者が発生する可能性まで指摘されている。かつて旧ソ連も原発事故が引き金となって崩壊へと突き進んでいった。高度なネット社会のなかで、この厳しい現実に直面した時に予想される国内外の激しいリアクションに日本は耐えられるのか? 放射能汚染によって世界の中で孤立化する日本の辿る道とは? 生活、社会、経済に忍び寄る本当のクライシスとは? あらゆる側面から近未来予想図を描く。そしていまある食品や水は大丈夫なのか?魚はプルトニウムに汚染されていないのか? といった具体的な例を挙げながら現状での危機を避ける生き方も提示する。さらには「事実を隠しウソをつく」企業や政府、メディアの欺瞞と裏側を暴き、2015年の悪夢を回避するためにいま最も必要なものは何なのかを説く。

【編集担当からのおすすめ情報】
これは予言の書ではありません。科学者が極めて合理的に判断し予測した近未来ニッポンの姿です。事故直後のパニック状態から一段落し、いま第2ステージに入った原発問題。ホラー映画のように「見えない」放射能汚染が不気味に忍び寄り、楽観論と悲観論が交錯している現状。著者はこういう時こそ感情に流されない、冷静かつ論理的思考の必要性を説く。人類史上経験したことのない未曾有の危機をどう乗り越えていくのか?論理破綻、思考停止に陥っているニッポン人に警鐘を鳴らす。全国民必読の書です。

内容(「BOOK」データベースより)

4年後に何が起きるのか?注目の科学者が予測する日本の近未来予想図。

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093882061
  • ISBN-13: 978-4093882064
  • 発売日: 2011/9/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 83,446位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

動画を見る



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
211 人中、165人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 この非常事態を生き延びるために 2011/10/14
投稿者 Solem787 トップ100レビュアー
形式:単行本|Amazonで購入
3・11をもって、日本国の平和は終わりを告げた。そして、静かに、しかし、確実に崩壊に向かって、日本は歩みを進めている。この本はそのことを教えてくれる。

2015年に、甲状腺を取り出すために、ざっくりと喉を切り裂かれた、幼子の姿が、ネットを通じて、日本中、そして世界中に流れる。その時、国民を騙し、犠牲を強いてきた日本政府は終わりを迎える。チェルノブイリがソビエト崩壊の要因のひとつであったように、日本でも同じ事が起きると武田氏は言う。

武田氏のことを、危険を煽り風評被害を撒き散らす、とんでもない奴だと言う人がいる。しかし考えてみて欲しい。風評被害で、損をこうむるのと、被曝によって数十万人の子供が死ぬのとどちらが、回避すべき事態であるかを。起こる確率と、起き得る事態の深刻さを掛ける、単純な話だ。

どちらが正しいかを、確信を持って言える人は誰も居ないのだから、最悪の事態に備えるべきではないか。根拠の無い楽観主義のほうが危険である。

子供の命より、お金や、韓国や中国との力比べが、大事な日本人も多いから、その方たちにはもう何をか言うまい。価値観の違いというより、宗教の違いに近いものを感じる。

日本人は30%がガンで死ぬのだから、100mSVで、0.8%、ガンで死亡しても大した事はないと
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
153 人中、110人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 サマセット
形式:単行本|Amazonで購入
 放射能汚染の報道にも慣れてしまい、世の中は一時期と比べてなんとなくのんびりしたムードになっていますが、内部被曝によるクライシスの足音がひたひたと迫っていることをこの本を読んで気が付きました。今こそ、読んでおきたい1冊だと思います。日本各地の被曝量の目安の地図もあり、これだけでも私は驚愕しました。残念ながら東京や神奈川も飲食物や土壌にかなり気をつけなければいけない地域に入っていました。
 なぜ、政府は間違った情報を流し続けたのでしょうか。本当は被曝せずにすんだのに、多くの日本人が政府の誤った対応や情報で余計な被曝をしてしまった事実は動かせません。武田教授が本書で語る「事実」は、恥ずかしながら、知らないことだらけでした。「この本を3月、4月に読んでいたら、余計な内部被曝をせずにすんだのではないか」と悔やまれて仕方ありません。でも、今からでもできることがあると、希望の光も見せてくれます。
 武田教授の覚悟と信念が詰まった本だと思います。哲学的なお話もあり、日本人としてこれからどう生きるべきかも考えさせられる内容でした。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 アマゾン次郎
形式:Kindle版|Amazonで購入
武田氏のこの予想は,当初から「外れる」ことが分かるぐらい,科学的にでたらめな本であった。2011年に読んだとき,私は「これが科学者の言うことか」とあきれ果てた。もう来年のことだから,武田氏は科学者として責任を取ってくれるものと思う。福島県の人たちを苦しめたデマの温床を作った証拠として,この本は長く残すべきであろう。小学館も責任の一端をおっているのは言うまでも無い。その後もこの人の「トンデモ発言」は続いている。もう科学者として引導を渡した方がいいのではないか?
このレビューは参考になりましたか?
109 人中、76人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 切れば赤い血の出る本 2011/10/13
投稿者 とら猫
形式:単行本|Amazonで購入
 武田先生は、若き時代には、原子力に夢を託された方です。 
その先生が、ある時から原子力村の在り方に疑問を持たれ、日本の原子力推進に警鐘を鳴らされて来たのは、知る人ぞ知る事実です。 
 原発事故以来、先生が御自身のブログを中心に、特に子供さんへの被曝を防ぐべく獅子奮迅の働きをされて来たのは広範な人々が知るところです。 また、国会でも参考人として出席され、科学者の立場から何者をも恐れず真実を発言されもしました。 「日本には政府が無い」と真っ直ぐに前を向いての直言には、居並ぶ議員も清聴せずにはおられない迫力がありました。
 その先生が、被曝しつつある弱者、特に子供たちの立場に立ち、科学的な事実を現状に則して、出来るだけ客観的に整理されたのが本書です。 とは言え、行間からは先生の子供たちへの思いや、科学者としての自身の反省等が迸って読む者に迫ります。 
 内容は、科学的根拠に基づく近未来予測であり、「地球温暖化論」のような空虚な仮説ではありません。 「明白且つ現存する危険」を逐一解説される内容には、慄然とせずにはおられず、とても一読して了解出来るものではありません。 一章、一章を納得しながら読む必要があります。 何故かと言うと、数年先には、現実に直面するであろう事実が書かれているのですから。 
 科学者が、本気で、近未来の日本を憂えて科学
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 1.0 貧乏は恥ではない!(ドヤッ
もうすぐ2015年ですが来るべき日のためにたくさん本を書き印税で稼ぎまくります。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: 武田珍玄
5つ星のうち 3.0 淘汰
政府は低農、愚農、愚民などの人の良さに付け込み、大多数の国民の不利益を引き起こしているように感じる。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: 20100402
5つ星のうち 4.0 事故は起こってしまった
自分で情報収集し、対策を考えなければならないと思い購入。一読の価値あり。
投稿日: 10か月前 投稿者: ふーさん
5つ星のうち 4.0 見えない恐怖
放射能と言う言葉は知ていても、その真の恐怖を本誌を読んで思い知らされました。
投稿日: 17か月前 投稿者: 松本嘉明
5つ星のうち 1.0 記述に疑問
データについては、私は素人ですので何もわかりません。ただ、著者の記述に疑問を抱きましたので書かせていただきます。... 続きを読む
投稿日: 2012/2/22 投稿者: 聖歌隊員まりあ
5つ星のうち 5.0 信じる信じないは人それぞれ、ただし
先の東日本大震災で亡くなられた方の多くは、津波情報を直ぐさま信じずに逃げ遅れた原因によるものだそうです。準備して何も無ければ それはそれで有り難いこと。寧ろ... 続きを読む
投稿日: 2011/12/11 投稿者: 板東太郎
5つ星のうち 4.0 4年後の甲状腺がんの問題は恐ろしいシナリオ
こんなことあって欲しくないが、予言通り、4年後に急性白血病や
小児甲状腺がんが、あの、チェルノブイリのように多発してほしく... 続きを読む
投稿日: 2011/12/3 投稿者: 楓
5つ星のうち 1.0 図書館で借りました
この人は言うだけ言って、結局何にもならない内容ばかりな気がするんですが…。... 続きを読む
投稿日: 2011/11/25 投稿者: エッコ
5つ星のうち 5.0 まさにクライシスだったが・・・
 読んで戦慄したが、今の日本の放射能拡散の状況はさらに進行しているとおもわれる。... 続きを読む
投稿日: 2011/11/12 投稿者: こうぞう
5つ星のうち 1.0 受け手のセンスを計るという意味では有用な本
「安全か?」と言われると危険性0を期待してしまう人は案外多いが、これは大きな間違い。... 続きを読む
投稿日: 2011/11/9 投稿者: こんにちわ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック