通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォー... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 ハードカバー – 2010/3/10

5つ星のうち 4.1 214件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
  • +
  • 未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II
  • +
  • スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 201pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明


Amazon.co.jp の多くのお客様がわたしの本を読んでくれたと聞き、たいへん嬉しく思います。

日本に関することは、スタンフォードの才能豊かで創造力あふれる日本人の学生たちから学びました。彼らは本当に聡明で、大きな夢を抱いています。人生でもっとも興味深いことは、あなたが定められた道をはずれ、常識を疑い、リスクをとり、自分で幸運を呼び込んだときに起こります。このことをわたしは彼らに教えてきました。問題というのはたいてい、見方を変えればチャンスなのです。

Amazon.co.jp のお客様も、それを実感できる経験を積み、自分の限界を試す許可を自らに与えて、可能性に満ちた世界を自分の目で見つめてください。




内容紹介

「決まりきった次のステップ」とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことは起きる。
常識を疑い、世界と自分自身を新鮮な目で見つめてみよう。
――起業家精神とイノベーションの超エキスパートによる
「この世界に自分の居場所をつくるために必要なこと」。

本書は「起業家精神」と「イノベーション」に関する最良のテキストであると同時に、
「人生への贈り物」とも言える言葉がいっぱい詰まった自己啓発書です。
第2弾、イノベーションを開花させるためのヒントが満載の
『未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II』もぜひ!


■『第1章 スタンフォードの学生売ります』より

いま、手元に5ドルあります。
2時間でできるだけ増やせと言われたら、みなさんはどうしますか?

これは、わたしがスタンフォード大学で実際に学生に出した課題です。
(中略)
おなじ課題を出されたら、みなさんならどうしますか?
いろんなグループにこの質問をすると、たいてい「ラスベガスに行く」とか、
「宝くじを買う」と言う人が出てきます。
ドッと笑いが起きます。
こういった人たちは、大きなリスクを取って大金を稼ぐという、ごくごく低いチャンスに賭けているわけです。

次によくあるのは、5ドルで道具や材料を揃えて、
「洗車サービスをする」、あるいは「レモネード・スタンドを開く」といった答えです。
2時間のあいだに、使ったお金よりも多少儲けようという人にとっては、それもいいでしょう。

ですが、わたしが教えた学生のほとんどは、こうしたありきたりな答えのはるかに上を行く方法を見つけました。
できるだけ多くの価値を生み出すために、課題に真剣に向き合い、常識を疑った結果――
豊かな可能性に気づいたのです。

じつは、大金を稼いだチームは、元手の5ドルにはまったく手をつけていません。
(中略)
では一体、彼らは何をしたのでしょうか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 231ページ
  • 出版社: CCCメディアハウス (2010/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4484101017
  • ISBN-13: 978-4484101019
  • 発売日: 2010/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 214件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,183位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
著者ティナ・シーリグ女史の授業は、5月からのNHK白熱教室で放映されています。
第1〜3回目を見ました。まさに、学生に考えさせる体験型の授業です。
本書を読んで、感じ取れるままですね。

NHKの白熱教室でも、基本的な授業スタイルにおいて日本とアメリカの違いを感じます。
特に、女史の授業における学生とのやり取りで印象的だったのは『決して否定しない』
『どのようなアイデアでも、良いところを見つけて褒める』というところでした。

第1章の『スタンフォードの学生売ります』に紹介されていた「2時間で、元での5ドル
を出来るだけ増やす」課題にありましたが、一般的な日本では、与えられた条件の中で
最適解を求めようとするのに対し、スタンフォードの授業では前提を疑う、目的に
フォーカスし課題の設定までも変えてしまう、という、柔軟さ(発想、態度)を発揮し
ています。
日本で起業がなかなか上手くいかないのは、この柔軟さの欠如のためだと言われてい
ますが、まさにアメリカの強みを見せつけられた気がしました。

一般的に、アメリカ人はポジティブであると言われています。
それはその通りですが、本書の内容や白熱教室で放映されている授業の様子を見
...続きを読む ›
コメント 178人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
■本書の位置付けと価値
本書の内容は、著者自身が「社会に出たときに知っていれば良かった」と感じたことを整理したものです。
整理した目的は、著者の息子が20歳になった時(当時16歳)に伝えたいという想いがあったからです。
その後、大学から講演依頼を受け、整理した内容を講義として話し、更に書籍化につながったようです。
※著者はスタンフォード大学で起業家精神とイノベーションの講座を担当されています。

その事実を知ることで、本書の本当の価値を感じました。
本書は、大学の講義である以前に、母から息子へのメッセージです。
目次の前には、「ジョシュ(息子の名前)へ 20歳の誕生日に」という中表紙があります。

■内容
本書には無駄な箇所が全く無く、全てが印象的でした。
しかし、このレビューの中で、触れることができる部分は限られています。
ただ、より自分を高めたいという想いを持っておられる方には、価値ある書籍であることは間違い無いです

本書全体での著者の主張は下記です。
「快適な場所から離れ、失敗することをいとわず、不可能なことなど無いと呑んでかかり、
輝くためにあらゆるチャンスを活かすようになれば、限りない可能性が広がる。」
...続きを読む ›
1 コメント 393人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Z? VINE メンバー 投稿日 2010/10/31
形式: ハードカバー
期待を込めて本書を手に取ったが、がっかりだった。
例外はあるものの、本書で「成功者」として取り上げられている人達には共通点がある。
大学や大学院に進学し、さらには博士号を取得した人たちのエピソードばかり。
つまり、学業に費やす金と時間に恵まれた人たちの成功体験ばかりがつまっている。

著者自身にしても大学院に進学した後、すぐに休学し、「風に舞う一枚の木の葉のように」なれる環境が提供されていた。
そんな人の「やりたいこと探し」は身勝手かつ呑気である。
何しろ「神経科学に関する本を読みたいと思う気持ちが湧く」まで続くのだ。
それでも「まだ大学院に戻る気になれない」などと聞くと、成人した子供としか思えない。
納得できるまで学問を追求するのはいいが、世の中、経済的にそういったことが許される人はごくわずかである。

また、著者の息子にしても、重量挙げの州記録を塗り替えたとのエピソードが書かれているが、
実際に読んでみると、全てをトレーニングに打ち込める環境を親から提供されていたからこそであるとわかる。
なので「幸運なんてものはないよ。すべては努力次第だ」という息子自身の言葉に何の重みも感じない。

こういう人達はまず、自分たちが幸運に恵まれてい
...続きを読む ›
6 コメント 679人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TSK トップ1000レビュアー 投稿日 2010/5/18
形式: ハードカバー
なぜこんな本が売れているのか不思議に思えた。

メッセージ自体は他の自己啓発本に書かれているものと同じ。
その短くても済むメッセージを脚色(殆ど嘘も含む)が多々含まれる
エピソードを交えて紹介。冗長。論理が破綻している箇所もあり。

本をほとんど読まない20歳が読めば学ぶことがあるのかも知れない。
30歳で絶賛してたら自己を見つめ直した方がいい気がする。

売れるタイトルって大事だと勉強になった。
コメント 154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック