20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [D... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: ブックオアシス高木堂
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: 翠公堂
カートに入れる
¥ 3,500
通常配送無料 詳細
発売元: まごころ一番堂 (↑店名クリックでラインナップ確認できます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.1 95件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,010 (25%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、さくらACが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]
  • +
  • 20世紀少年(第2章) 最後の希望 通常版 [DVD]
  • +
  • 20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 通常版 [DVD]
総額: ¥8,859
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 唐沢寿明, 豊川悦司, 常盤貴子, 香川照之, 石塚英彦
  • 監督: 堤幸彦
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2009/01/30
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 95件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001KEM11Q
  • EAN: 4988021132657
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 44,640位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

世界が終わろうとしています。
ぼくらの“ともだち”によって―。


累計発行部数2500万部超!
浦沢直樹の世紀のベストセラーコミック、待望の実写映画!

★監督は『TRICK』の堤 幸彦
★唐沢寿明、豊川悦司ら超豪華オールスターキャストが集結
★製作費は3部作合計で60億!壮大なスケールのストーリー
★2008年8月30日~全国東宝系にて公開の大ヒット作品
★「20世紀少年<第2章> 最後の希望」 2009 年1 月31 日(土)公開決定!!

<ものがたり>
1969年。少年ケンヂは、地球滅亡を企む悪の組織に立ち向かう正義のヒーローを夢見て、仲間たちと「よげんの書」を作り上げた。
そこに描かれたのは、現実には起こりえない“未来”のはずだった…。
1997年。
大人になったケンヂの周りで、幼なじみの死をきっかけに次々と不可解な事件が起こり始める。時を同じくして、世界各国では謎の伝染病による大量死が相次ぐ。実は、これらの事件はすべて、かつてケンヂたちが作った「よげんの書」のシナリオ通りに起こっていた!世界を陰で操る謎の男“ともだち”とは?
果たしてケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救うヒーローになれるのか?
そして、2000年12月31日。「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する“その日が訪れる・・・。

出演:
唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子
香川照之 石塚英彦 宇梶剛士 宮迫博之
生瀬勝久 小日向文世 佐々木蔵之介
石橋蓮司 中村嘉葎雄 黒木 瞳

監督:堤幸彦 原作:浦沢直樹(「20世紀少年」小学館ビッグスピリッツコミックス刊)
脚本:福田靖長崎尚志 浦沢直樹渡辺雄介 音楽:白井良明 主題歌:「20th Century Boy」T.REX(Imperial Records)


<通常盤内容>
アウターケース付トールケース仕様

収録:本編+予告編 / 第2章予告編
※仕様・内容は変更する場合があります。
(C)1999 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館 (C)2008 映画「20世紀少年」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

浦沢直樹の大ベストセラーコミックを映画化した全3部作の第1章。冴えない毎日を送る青年・ケンヂは、「ともだち」と呼ばれる謎の教祖率いる教団が引き起こす事件が子供の頃に作った「よげんの書」とそっくりであることに気付く。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

‥‥と思わせてくれる作品。

漫画では良かった迫力あるシーンがうまく表現出来てない。例:ドンキーを想い元『ともだち』のメンバーに殴りかかるケンジや「ラブ&ピースはお預けだ」の決め言葉で出てくるオッチョ。

ずいぶんお金かけたらしいけど、どこにお金かけたの?と問いたくなる。

某コミュニティーで爆発したシーンのCGが凄かったと感心してた女性がいたが、この映画より20年近く前のターミネーター2の方がよっぽどCGの技術凄いからね。

テレビで観るだけで十分!ゾンビナイト、シューテムアップと並ぶ駄作。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
異様におもしろくない。これほどおもしろくないのは稀だと思うし、随分時間を無駄にしてしまった感が・・・・
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DrestimiC 投稿日 2010/8/21
知識がないと全くわからないと思います。

逆に知識があれば
「よく再現できてるな」
って感じです!

まあ、映画としては駄作です。観て損します。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
3部作60億円という邦画では異例の予算で作られる第1章。浦沢直樹の同名漫画が原作。

原作との相違やオミットは小説や漫画の原作があれば当たり前のことだが比較的忠実に作られている。特にキャラクターにおいては原作からそのまま飛び出してきたかのよう(子役においても)で、次々に出てくる有名どころの役者や芸人を見ているだけでも楽しい。友情出演並の数秒のカットに次々と出てくるので見つけた時の喜びもあるだろう。

ただ、これってレビューできんのかな?原作を追っているだけで映画の意味は?って感じ。つまり映画にする意味はと問いたい。脚本がない時代だからこそ賞金にしてでも良い脚本家を見つけるべきだ。

この作品はお化け屋敷に似ている。偽物と分かっていても『よく出来ている』=似た出演者、無駄なCGで何だか楽しい雰囲気を味わうのだ。映画が芸術や美術と捉えるだけの人には向かないのは当然。

しかし、如何せん『浦沢直樹』なのだ。彼の原作を読んでいる人なら分かるだろうが、映画やドラマにするのはとても難しい。あの素晴らしいストーリーと画の調和は漫画の紙面で力を発揮する。脚本や音楽で協力するなど前向きな姿勢を見せてはいるが、なんだか日テレのお祭り騒ぎに付きあわされた感は拭えない。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
漫画に忠実。

「原作原理主義」を謳うなら、服装、髪型よりも、微妙な仕草から読み取れる内面をしっかし研究してほしいかも。

オッチョ&カンナ(3歳)の初対面の場面で、オッチョが立ったまんまカンナを見下ろすように自己紹介するところに、違和感が覚えました。(漫画だとかがんで、子どもと同じ目線の高さになって こんにちわ と言ったはず)。そういう細かいしぐさにこそ人間の内面が描かれているのに、それを見落としてるから、深みが全然感じられなくって・・・。

 

ビージーエムでむりやり盛り上げてる印象も。

2時間半くらいの上映時間であの内容を詰め込むのは難しいとも思います。

クラノスケさんのキャスティングはハマっている。そこだけがよかった・・・。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 原作の漫画は未読で、初めてDVDを買って観ました。第一印象は、「映画にする必要が本当にあったのだ
ろうか?」というものでした。アニメの方が良かったような気がします。悪の「ともだち」が街を破壊し
たり、殺人をするシーンが、随所にありますが、リアリティや緊迫感がなく、なぜ主人公たちが個人で立
ち向かわなければならないのかが分かりません。
 
 もはや、一般人で対応できる限度を超えた被害が出ているのだから、国家権力や世界に訴えなければ解
決できないだろうと思ってしまいました。

 真剣にストーリーの背景を読んでしまうと面白くなくなってしまいます。原作が好きな人が、その世界
を再び楽しむ作品だと思います。キャスティングは、原作のイメージ通りのような気がします(原作未読
ですが)。ただ、有名人ばかりの配役は、やはり感情移入がしにくいですね。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック