この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

1973年のピンボール 1973 PINBALL 【講談社英語文庫】 文庫 – 1997/4/1


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫, 1997/4/1
"もう一度試してください。"
¥ 9,999


キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

さようなら、スリー・フリッパーのスペース・シップ。さようなら、ジェイムズ・バー。双子の姉妹との“僕”の日々。女の温もりに沈む“鼠”の渇き。やがて来る一つの季節の終り…。TOEICレベル470点~。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

村上/春樹
1949年生まれ。早稲田大学文学部演劇科卒業。1979年に『風の歌を聴け』で群像新人賞受賞。翌1980年に発表した本書『1973年のピンボール』は第83回芥川賞候補作。1982年には『羊をめぐる冒険』で野間文芸新人賞を受賞。1987年刊の『ノルウェイの森』はミリオンセラーとなった。フィッツジェラルド、ジョン・アーヴィング、ポール・ソロー、レイモンド・カーヴァー、ティム・オブライエンなどの翻訳でも知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 215ページ
  • 出版社: 講談社インターナショナル (1997/4/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4770022085
  • ISBN-13: 978-4770022080
  • 発売日: 1997/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 2.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 471,676位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Michael W. 投稿日 2010/1/2
A few years before his translation of Murakami's third novel A Wild Sheep Chase would debut in America, Alfred Birnbaum was interested in bringing the literary world of Murakami Haruki to an English speaking audience. His first translation was Murakami's second novel Pinball, 1973. Birnbaum had hoped that the novel would be distributed internationally by Kodansha, but instead it and Birnbaum's 1987 translation of Murakami's debut novel Hear the Wind Sing were regulated to Kodansha English Language Library. This meant that instead of reaching a broader audience, the translated novel would solel...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nico830 投稿日 2012/6/5
村上春樹「1973年のピンボール」の英語版。
英語の勉強で読みましたが素敵な表現の宝庫です。
「涙を誘うのも哀しい話」 pathetic tear-jerkers
「冗談半分のでたらめ」 jumbles of half-nonsense
「成績でAばかりとってる優秀な女の子がしそうな笑い方」 a sort of straight-A coed smile
「雑魚寝をした」 fall asleep sprawled out any which way on the floor together
「映画の半券」 a movie ticket stub
「実状はまあそんなところかな」 That's about the size of it.
「田舎の単線の電車」 one-track local railroad
「赤い頬をした」 rosy-cheeked
「とても物静かな男」 an ultra-quiet type
「すごい金脈を見つけた」 had struck a real gold mine
「オンザロックを作る」 fix drinks-on-the-rocks
「何月何日までという締め切り」 deadline:such and such a date
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 coper 投稿日 2007/2/17
his is the English version of "Pinball,1973" originally written by Murakami Haruki.

It is well translated into flowing colloquial English, but still keeps the atmosphere of the original book.

The following extract is taken from his novel.

"Call us whatever you like."

The girls always took turns speaking.

It was like an FM stereo check, and

made my head even worse.

"For instance?" I asked.

"Left and Right," said one.

"Vertical and Horizontal," said the other.

"Up and Down."

"
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 Gemma Clark 投稿日 2014/4/22
Amazonで購入
Thank you so much for your help. Great Supplier.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック