1969マイルス がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

1969マイルス

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,621
価格: ¥ 2,340 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 281 (11%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の マイルス・デイビス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


よく一緒に購入されている商品

  • 1969マイルス
  • +
  • Bitches Brew Live
総額: ¥3,332
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1993/10/9)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 64 分
  • ASIN: B000025SHV
  • EAN: 4988009684321
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 33,647位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ディレクションズ
  2. マイルス・ラン・ザ・ブードゥー・ダウン
  3. マイルストーンズ
  4. フットプリンツ
  5. ラウンド・アバウト・ミッドナイト
  6. イッツ・アバウト・ザットタイム
  7. サンクチュアリ~テーマ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

死後1年以上経過しても,多くの未発表録音が登場しているマイルスだが,なかでもこれはもっとも興味深い1枚といえる。60年代の末,アコースティックからエレクトリックへと移り変わる転換期ということもあり,終始テンションの高い演奏を展開する。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 1曲目のディレクションズから怒涛のパフォーマンス!ディジョネット(Ds)&ホランド(b)のへヴィ&フリーキーなリズムセクションに支えられ、マイルス、ショーターが暴れまくる。正直言って、よくこれまで埋もれていられたなと思うほど珠玉の出来です。
 ライナーノーツには「ロックへの転換」などと書かれておりますが、私的には、同時期のスタジオでの取り組みは別としても、本ライブのみロックっぽさよりむしろ60年代フリーブローイング時代の集大成といった感があります。シンプルなクインテット構成から繰り広げられるインプロヴィゼーションの応酬、特にMilestonesでのスイング感はたまりません。
 なお、圧巻なのは、It's About That Timeでのショーターのソロ。ソプラノサックスで奏でるインプロヴィゼーションは、調整とフリーを往復し、まさにコルトレーン。ヴィレッジ・バンガード・アゲインやインター・ステラ・スペースを彷彿とさせます。対照的なのは、前後でテーマ~ソロを吹くマイルス。余りにもシンプル。そういえば、マイルスは、60年代のフリージャズ全盛期でも決して「その道」には足を踏み入れなかった。この曲でのマイルスとショーターの振る舞いの違いが、実は70年代以降の2人の「決別」を示唆しているような気がしてなりません。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
電化時代のマイルスのアルバムはライブも含めて2枚組が多く、疲労困憊の夜なんかには到底BGMになり得ない過激さが最大の売り。しかし、ともすれば冗長さに苦痛を感じることもしばしば、気が付いたらCDが一曲目に戻っていた、そんな経験がある人は少なくないのではあるまいか。そんな時には黙って本作を聴くのがよろしい。CD1枚に凝縮された電化マイルスの神髄を、たっぷり味わえること請け合いだ。
しかし全く、この強烈なサウンドがたった5人の手から生み出されたとは、何という密度の濃さだろう。それも35年前の録音!偉大なるカリスマの元に集った若き天才達の奇跡の結晶。もうマイルスの求心力には、改めて脱帽するしかないってもんでしょう。当時公式アルバムとして発表されていたら、その後のジャズとロックの歴史は確実に変わっていたんじゃなかろうか?それくらいに影響力を備えた作品だと信じて疑わない、疑えない。
ショーター、コリア、ホランドも才気とアドレナリン全開で、御大マイルスを煽る煽る。とりわけジャック・デジョネットの凶暴なドラミングは凄まじすぎて、聴く度に戦慄を禁じ得ないほどだ。これほどまでに高度な音楽性と過激な暴力性を同時に表現し尽くした音楽家なんて、当時のマイルス以外に誰が存在していただろうか?圧倒的に傑出していた天才達の所業に、こうして気軽に対峙できる時代に生きるって、何て幸せなんだろう。ああ、今回も聴き返してやっぱり感動してしまった。マイルスはビートルズを超越した、20世紀最高の音楽家かも知れませんね。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
●個人的なことですが、マイルスが生涯率いた数多くのバンドの中で、このアルバムに登場するいわゆる「ロスト・クインテット」が一番好きだ。人によっては過渡期だと評価する声もあるが、それはそれとして、このロスト・クインテット、何しろ存在感、スケールが大きすぎる。そこに惹かれるのです。

マイルスを根本から知る上では、やはりこのアルバムは絶対必聴です。

●それにしてもロスト・クインテットの公式リリースがこのアルバムだけ(過去にクラウンレコードから『ダブル・イメージ』の2枚バラ売りもあったが)とは何とも寂しい限り。マイルス自身あの自叙伝で、ちゃんとしたライブレコーディングが無いのは本当に残念だ、と語っているくらいだから。

結局、何枚かのブート盤にお世話になっている私であります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 冒頭から猛烈なフル・スロットルで Miles が血管ぶち切れんばかりに吹きまくる。スイングもビブラートもなく、総力が見事なまでに直線的。パワーへの傾倒を深めるロックに合流するには、テナー・サックスやエレクトリック・ギターが楽器特性として持つようなノイズ生成能力は不可欠。西洋音階を爆砕するノイズを得るためにワウワウ・ペダルという手もあるが、ここでは音ではなく演奏によってトランペットにそのパワーを付与しているのは驚くべきことで、こんな音楽は Miles Davis にしか有り得ない。

 さらに素晴らしいのは Miles 天与のメロディセンスはいささかも反故にされていないことで、ソロは相変わらず全てが旋律のかたまりだ。

 これだけ攻撃的でストレートなサウンドが続くと、横揺れを内包する「Milestone」のテーマが始まると一瞬和みが出てしまうほど。が、続く「Footprint」における Wayne Short のたうちまわる壮絶なソプラノ・ソロ。奇襲的イン・テンポで突撃を開始する「Round About Midnight」と、全くアルバム全体が噴火山のようだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック