この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

13人の賓客―The honorable visitors (英語) ペーパーバック – 2001/1


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 13,295 ¥ 1,400
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 3,858 ¥ 1,268


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

イザベラ・バード、ピエール・ロティ、チャーリー・チャップリン、ジャン・コクトー、トルーマン・カポーティ…。欧米著名人の日本体験を集大成。彼らが日本に見たものとは? 旅行ガイドに匹敵する充実した情報が満載!

登録情報

  • ペーパーバック: 207ページ
  • 出版社: ICGミューズ出版 (2001/01)
  • 言語: 英語, 英語, 英語
  • ISBN-10: 4925080458
  • ISBN-13: 978-4925080453
  • 発売日: 2001/01
  • 商品パッケージの寸法: 11.3 x 1.2 x 20 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 洋書 - 1,609,182位 (洋書のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
12人の外国人による日本の印象記。われわれ日本人が「もてなし」と思っている行為が、外国人のゲストにとってはただの面倒なことだったり、「無礼」と思っている行為が彼らにとっては快適なことだったり・・・ 
つまり日本人的感覚を外国の人たちにそのままあてはめてはいけないということを教えてくれるのが本書です。日本では青い眼をしているというだけで注目されて不快だった・・・等の体験談は本当に身につまされるものがあります。
海外との交渉が多い日本人ビジネスマンの方々には特に読んでいただきたい一冊です。外国の人たちは仕事以上にプライベートを大切にするので、そういう面での気配りはわれわれにとって絶対必要なことですから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 2 件のカスタマーレビュー
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
Literary perspectives on Japan 2004/2/12
投稿者 Zack Davisson - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック
In "The Honorable Visitors," Donald Richie has combed through the writings of illustrious visitors to Japan, collecting their overall impressions and quoting their original writings as much as possible. Richie makes a difference between visitors, such as General Grant, and residents, such as Lafcadio Hearn. This book is interested only in the traveler's tales.
The list of visitors is honorable indeed, ranging from early Meiji-era folks such as Victorian travel writer Isabella Bird, former US President Ulysses S. Grant, true romance novelist Pierre Loti, humorist Henry Adams, to literary figures of various ages such as Rudyard Kipling, Aldous Huxley, Jean Cocteau, William Faulkner and Truman Capote. Some oddballs such as Charlie Chaplin also contribute. All came to Japan with expectations. All saw Japan through their own particular perspectives.
Perspective is what is really being offered in "The Honorable Travelers." People react strongly to Japan, and many seem to find wildly opposite discoveries and adventures. The Victorian travelers brought their snobbery and sense of important superiority. Later travelers came seeking the Japanese "other," only to find disappointingly that Japan was just a real place with real human beings.
As a somewhat long-term resident in Japan, I found the book both sad and enlightening. Sad, in seeing the colonial abuse of people such as Pierre Loti, who bought a girl for $20, married her and then left her behind solely so that he could write a scandalous, racy novel of loose-moraled Japan and her exotic women. Enlightening, in that I can see some perspectives in myself, from when I first came to Japan, or in the faces or friends and family who visit.
People still come like Loti, seeking an exotic love affair with a Japanese woman, giving little thought to her as a person. People still come like Kipling, allowing the country to be what it is, without bias or worship. Given of what I know of Japan today, I tend to wish it's past and present had more Kiplings and fewer Lotis.
While quite tiny in size, good for a weekend read, "The Honorable Visitors" is an important book for those willing to look at Japan from many angles, and from many insights.
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
Interesting glimpse 2003/6/16
投稿者 カスタマー - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック
Richie's glimpse of a handful of famous foreigners and their trips to Japan from the late Tokugawa right up to the post-war period. It is well written, extremely informative and easy to read. Richie not only describes the reactions of various foreigners to Japan but also expertly weaves in various themes that serve to bind the individual tales into a comprehensive whole. Unfortunately, the book contains no footnotes and is thus frustrating for the more serious reader.
これらのレビューは参考になりましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。


フィードバック