Amazon Kindleでは、 100円のコーラを1000円で売る方法 (中経出版) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
100円のコーラを1000円で売る方法
 
 
1分以内にKindleで 100円のコーラを1000円で売る方法 (中経出版) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

100円のコーラを1000円で売る方法 [単行本(ソフトカバー)]

永井 孝尚
5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (113件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


この商品には新版があります:
100円のコーラを1000円で売る方法―マーケティングがわかる10の物語 100円のコーラを1000円で売る方法―マーケティングがわかる10の物語 5つ星のうち 3.5 (105)
¥ 1,512
在庫あり。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 1,045  
単行本(ソフトカバー) --  

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

出版社からのコメント

新人商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、「Appleにできて日本企業にできない壁」だった。彼女は日本が抱える課題----「高品質・多機能。でも低収益」から脱却できるのか?
コトラーからブルーオーシャン、キャズム理論まで、マーケティングがわかる10の物語

「顧客が言うことは何でも引き受ける」という日本人の勤勉さは、高度成長期を通じて無類の強さを発揮しました。しかし、それは同時に過当競争を生み出し、差別化ポイントを失わせ、「高品質なのに低収益」というアイロニカルな矛盾を生み出しています。
本書のテーマ----顧客中心主義とは、「顧客に振り回される」ということではなく、「顧客の課題に対して、自社ならではの価値を徹底的に考え、提供する」ということなのです。
(著者あとがきより)

内容(「BOOK」データベースより)

新人商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、「Appleにできて日本企業にできない壁」だった。彼女は日本が抱える課題―「高品質・多機能。でも低収益」から脱却できるのか?コトラーからブルーオーシャン、キャズム理論まで1冊でつかめる。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 221ページ
  • 出版社: 中経出版 (2011/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806142395
  • ISBN-13: 978-4806142393
  • 発売日: 2011/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (113件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 2,485位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
66 人中、54人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本(ソフトカバー)
作者は持論通りの実践をしたと思います。
ただ、タイトルの期待値を上回る目新しい内容ではありませんでした。
20ページで表せることを会話調にして200ページにしたこと、それによって立ち読みを防いだこと、は成功していると思います。
悪くはないけどあくまで全く無知な段階からの入門書です。
このレビューは参考になりましたか?
133 人中、101人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 100円の本を1470円で買ってしまった 2012/6/30
形式:単行本(ソフトカバー)
本屋さんで平積みされていたので手に取りました。

まず帯に書いてること、実際の内容とは関連薄い。

ここで誇大広告帯に引っかかってしまった私のミスは否定しない。

帯を見て、パラパラっと文体を見て「読みやすそうだし、この内容なら買って読もうかな」と思って買いました。

【概要】
<現場の女性営業担当(主人公)が商品企画に移動。
そこで上司にマーケティングとは何かと教えてもらう>

登場人物のキャラ設定は実に練られたもの。

けどキャラが立ち過ぎて実際の内容の薄さに拍車をかける。

私は入社4年目の平社員ですが、本の設定とは言えど上司や周りの社員に対しての主人公の傲慢さには苛立ちを覚えます。

もう少し常識のある設定で感情的では無く論理的な会話でないと理解し難い。

読み初めの部分も主人公と上司のやりとりが喧嘩腰で読んでて不快。

しかもナイトスクールとかで勉強の為に公然と社員を残業させているのはいかがなものか。

装丁とか綺麗です。

けど内容は100円です。

この内容ならマーケティングの基礎的な安価な本
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
115 人中、87人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 巻末付録の10ページだけでよい 2012/6/30
形式:単行本(ソフトカバー)
なぜ小説仕立てにしたのか。
女性主人公がバブルくさすぎて読むのがつらい。

著者は、奥様に原稿をチェックしてもらい、
この女性のキャラクターを作り上げたそうだ。
アラフィフ女性のキャリアウーマン像とはこのようなものであるかと、
しのばれるのがまた悲しいところだ。
実に「あ・さ・い」

書けないのなら書かなければいいのに。
普通のビジネス書でよかったのに。
小説仕立てである分、説明もわかりづらい。

エピソードを重ねて理解させてくれるような作りがよかった。
このレビューは参考になりましたか?
25 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By ayanam
形式:単行本(ソフトカバー)
これほど評価が高いのは、正直残念でさえあります。

鉄道が好きな人、会計ソフトが導入について知っている人、マーケティングについて知識があるひとなら、この本の内容が、例えの範疇を超えていることは、わかるとおもうのですが。

24ページからの鉄道のくだりについてですが、鉄道が好きな方なら、これがすべてでたらめだということはご存じだと思います。

米国はそもそもLobby活動が盛んな国です。ロビー活動とは、ざっくりいうと献金つまりお金と引き替えに、国会議員におねがいをきいてもらうという活動です。

米国では自動車会社と鉄道会社が激しいLobby活動を繰り返してしました。結局、献金額や選挙運などから、自動車会社が勝利を収めました。

このため、鉄道会社は規制緩和の恩恵をうけませんでしたが、自動車会社は、税縦横無尽のフリーウエイまで税金でつくらせました。

(信じられないかもしれませんがLobby活動に負ける前、鉄道会社は米国では花形産業でした。格付け評価で有名なムーディーズ社はかつては鉄道会社の格付け専業企業でした)

27ページからの化粧品会社のくだりも、マーケティングについて知識があるひとならAxisという概念からみて、へりくつだとわかるはずです。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
65 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 タイトルに騙された。 2012/4/3
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
タイトルが目立ったので買ってしまった。
中のコンテンツはいまどきの小説風マーケティング入門。
もしドラみたいなものです。
内容は非常に薄く、1400円の価値は全くないです。

出版社が日経で宣伝していたのを覚えていますが、
中身の低俗さから考えると、購入前の期待値とは大きな隔たりがあります。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 Very good book
It's a very good story to learn selling something.
投稿日: 4日前 投稿者: Lilico
5つ星のうち 5.0 いいと思います
右も左も分からない私が、お客様にただ振り回される日々は、サッカーで全員がボール目掛けて集まる小学校のサッカーみたいなもので、戦略も考えも想いも何もありません。実践... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 新人営業マン
5つ星のうち 5.0 初心者向けではあるが面白い
初心者セールス、マネージャーに読ませるにはよい程度
ちなみに1-3まで読みました
投稿日: 4か月前 投稿者: 浅田 洋之
5つ星のうち 4.0 共感する部分があります
実際の仕事と照らし合わせて、なるほど!という部分、逆に違うよ!という部分両方あり、
いずれにしてもいろいろ考えるきっかけとなる本でした。
投稿日: 6か月前 投稿者: 佐藤伸祐
5つ星のうち 4.0 おもしろかったです
レビューをみて買いましたが、読む前評判通りの内容でした。シリーズはとりあえずみんな読んでみようと思います。
投稿日: 6か月前 投稿者: 番長
5つ星のうち 2.0 100円のコーラを大量の水で割って
1000円分に見せかけた。
ためになるところもあるが、全体として騙された感じ。
投稿日: 6か月前 投稿者: 弓 長
5つ星のうち 4.0 ストーリーで学ぶマーケティング理論
様々なマーケティング理論をどのようにビジネスの実際に当てはめるかを、「会計ソフト」の商品企画というストーリーの中に落とし込んで説明しており、分かりやすい。続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: ねずみちゃん
5つ星のうち 2.0 100円の本を1470円で売る方法
売れているらしいので買いましたが、買ってびっくりしました。薄い内容のビジネス書をむりやり小説にしたような作品です。まさに100円の本を1470円で買ってしまったよ... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: ken
5つ星のうち 5.0 勉強になりました
とてもわかりやすい解説でスムーズに読めました。みんなに薦めたい本で、マーケティングの基本の理解がとてもしやすいです
投稿日: 7か月前 投稿者: あにー
5つ星のうち 2.0 スラスラ読めるが
ボリュームも少なく、軽めのマンガちっくなストーリー。
だからスラスラ読めてしまう。... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: 樅の木
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック