Amazon Kindleでは、 100円のコーラを1000円で売る方法<100円のコーラを1000円で売る方法> (中経出版) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

100円のコーラを1000円で売る方法 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/29


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 806
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1

この商品には新版があります:



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

出版社からのコメント

新人商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、「Appleにできて日本企業にできない壁」だった。彼女は日本が抱える課題----「高品質・多機能。でも低収益」から脱却できるのか?
コトラーからブルーオーシャン、キャズム理論まで、マーケティングがわかる10の物語

「顧客が言うことは何でも引き受ける」という日本人の勤勉さは、高度成長期を通じて無類の強さを発揮しました。しかし、それは同時に過当競争を生み出し、差別化ポイントを失わせ、「高品質なのに低収益」というアイロニカルな矛盾を生み出しています。
本書のテーマ----顧客中心主義とは、「顧客に振り回される」ということではなく、「顧客の課題に対して、自社ならではの価値を徹底的に考え、提供する」ということなのです。
(著者あとがきより)

内容(「BOOK」データベースより)

新人商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、「Appleにできて日本企業にできない壁」だった。彼女は日本が抱える課題―「高品質・多機能。でも低収益」から脱却できるのか?コトラーからブルーオーシャン、キャズム理論まで1冊でつかめる。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 221ページ
  • 出版社: 中経出版 (2011/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806142395
  • ISBN-13: 978-4806142393
  • 発売日: 2011/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (124件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 23,415位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 金象 投稿日 2014/12/30
形式: Kindle版
本書から学べるは、マーケティングだけじゃない。

●:マスターマインド(メンター)。 人の縁:出会いで、人生に化学変化。

●:相手の要望に対し、建設的提案もせず、唯々諾々と応じるだけでは、本物のプロとは呼べない。 プロとは、相手の心底のニーズ(表面化していない、意識下の)に応える為に、断る勇気を持つべき。

●:下位層には、下位層の戦い形・強み・色がある(ガリバー、何するものぞ)。

●:目標は、言葉にすることで叶いやすい(引っ込みがつかないので。 戦略を立て、実行し、やり遂げる情熱を持つ)。

●:部下の指導に於いて、答えを教えてはいけない(ヒントを与え、考えさせるべき)。 教育の手間を惜しむな(最初にキチンと訓練することが、引いては時間の短縮に繋がる)。

●:物事に、締め切りがあることは、能率を上げるコツに。

●:一人で考え込むより、仲間との共同作業&異業種に学ぶ(煮詰まった時こそ、気分転換が、新たな気付きを)。 正攻法が駄目なら、邪道も(押して駄目なら、引いてみる)。

●:営業手法は、人それぞれ(相手の話をキチンと聞くことも、仕事のうち)。

●:仕事の借りは、仕事で返す(目には目を、歯には
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
76 人中、62人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 本好き 投稿日 2012/6/21
形式: 単行本(ソフトカバー)
作者は持論通りの実践をしたと思います。
ただ、タイトルの期待値を上回る目新しい内容ではありませんでした。
20ページで表せることを会話調にして200ページにしたこと、それによって立ち読みを防いだこと、は成功していると思います。
悪くはないけどあくまで全く無知な段階からの入門書です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 help01 投稿日 2014/9/3
形式: Kindle版
題名が軽く、ストーリー仕立てで読みやすい。
しかし中身はマーケティングです。
ストーリー仕立てにすることによって、
とっつきにくい内容を入りやすくしているので
私には良かった。
キャラクター云々は関係ありません
読みやすくしている工夫です。
続編を読もうと思っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
121 人中、92人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スタバでお茶したい 投稿日 2012/6/30
形式: 単行本(ソフトカバー)
なぜ小説仕立てにしたのか。
女性主人公がバブルくさすぎて読むのがつらい。

著者は、奥様に原稿をチェックしてもらい、
この女性のキャラクターを作り上げたそうだ。
アラフィフ女性のキャリアウーマン像とはこのようなものであるかと、
しのばれるのがまた悲しいところだ。
実に「あ・さ・い」

書けないのなら書かなければいいのに。
普通のビジネス書でよかったのに。
小説仕立てである分、説明もわかりづらい。

エピソードを重ねて理解させてくれるような作りがよかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
71 人中、53人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Tokyo 投稿日 2012/4/3
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
タイトルが目立ったので買ってしまった。
中のコンテンツはいまどきの小説風マーケティング入門。
もしドラみたいなものです。
内容は非常に薄く、1400円の価値は全くないです。

出版社が日経で宣伝していたのを覚えていますが、
中身の低俗さから考えると、購入前の期待値とは大きな隔たりがあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 OGS 投稿日 2013/6/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
これほど評価が高いのは、正直残念でさえあります。

鉄道が好きな人、会計ソフトが導入について知っている人、マーケティングについて知識があるひとなら、この本の内容が、例えの範疇を超えていることは、わかるとおもうのですが。

24ページからの鉄道のくだりについてですが、鉄道が好きな方なら、これがすべてでたらめだということはご存じだと思います。

米国はそもそもLobby活動が盛んな国です。ロビー活動とは、ざっくりいうと献金つまりお金と引き替えに、国会議員におねがいをきいてもらうという活動です。

米国では自動車会社と鉄道会社が激しいLobby活動を繰り返してしました。結局、献金額や選挙運などから、自動車会社が勝利を収めました。

このため、鉄道会社は規制緩和の恩恵をうけませんでしたが、自動車会社は、税縦横無尽のフリーウエイまで税金でつくらせました。

(信じられないかもしれませんがLobby活動に負ける前、鉄道会社は米国では花形産業でした。格付け評価で有名なムーディーズ社はかつては鉄道会社の格付け専業企業でした)

27ページからの化粧品会社のくだりも、マーケティングについて知識があるひとならAxisという概念からみて、へりくつだとわかるはずです。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック