通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Yの悲劇 (角川文庫 ク 19-2) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【迅速発送】年中無休。当日13:00までにご注文確定された商品につきましては、当日出荷させていただきます。(ただし混雑状況により翌日になる場合も御座います。)商品につきましてはクリーニングを行っておりますが、中古品となりますので多少のスレ・傷み・日焼け等はございます。 40208
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Yの悲劇 (角川文庫 ク 19-2) 文庫 – 2010/9/25

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 224
CD, Audiobook, CD
"もう一度試してください。"
¥ 6,151 ¥ 5,110

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Yの悲劇 (角川文庫 ク 19-2)
  • +
  • Xの悲劇 (角川文庫)
  • +
  • Zの悲劇 (角川文庫)
総額: ¥2,276
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

大富豪ヨーク・ハッターの死体がニューヨークの港で発見される。毒物による自殺だと考えられたが、その後、異形のハッター一族に信じられない惨劇がふりかかる。ミステリ史上最高の傑作が、名翻訳家の最新訳で蘇る!

著者について

マンフレッド・B・リー(1905-1971)と、フレデリック・ダネイ(1905-1982)といういとこ同士の合作ペンネーム。1929年『ローマ帽子の謎』で覆面作家としてデビュー。以降、本格ミステリの傑作と呼ばれる作品を次々と世に送り出した。


登録情報

  • 文庫: 429ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4042507166
  • ISBN-13: 978-4042507161
  • 発売日: 2010/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62,018位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 定評のある作品で、個人的には「Xの悲劇」より評価は高いです。「Xの悲劇」は、ニューヨークの雰囲気というか、息吹というかそうしものが感じれておもしろい。が、犯人が小細工をしすぎていてリアルティに欠ける印象があるので、「Yの悲劇」の方をおしたい。もっとも「Xの悲劇」も抜群に面白い。パズラーとして純粋にみたら「Xの悲劇」のほうが上かもしれませんね。この辺は好みでしょう。
 昨今、「Yの悲劇」の犯人が意外じゃないという意見が見られますが、どうなんでしょうね。こういっしゃなんですが、読み方を間違っています。
 「Yの悲劇」は、リアル、リアルといった作品ではありませんが、ディクスン・カーの諸作のような全くの作り事という作風とも違います。ハッター家は、人間の悪意、憎悪といった負の部分のメタファーといったもので、この作品自体ある種の寓話なのです。発見されたエミリー・ハッターの遺体の恐怖に引きつった表情・・・・彼女は死の直前、何にそれほど驚き、恐怖したのか?さらに、およそ撲殺には向かないマンダリンがなぜ凶器に選ばれたのか???・・・・・真相がわかったときに読者も思わずゾーっとする。このイメージを鑑賞すべきなのです。このゾーっとする感覚はこの犯人でなくてはならないのです。

 犯人は分かったよと自慢したってしょうがない。そんなことより、この寓話で語られる救いの
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
謎解きはお好きでも、小説や物語がお好きでない方には、この真犯人への推理の根拠は、実に、くっだらないかも知れませんが、他の方も書かれている通り、エンターテイメントとしてはクイーンの最高峰の作品だと思いますよ。よ~く読んだら、例の実行犯の他に黒幕がいるのもわかるし。1930年代の保守的なキリスト教国のアメリカという背景も考慮して、じっくり味わいましょう。黒幕の絶望が伝わって、より恐ろしいですよ。勿論、犯罪は許されませんけどね
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒデボン VINE メンバー 投稿日 2008/10/17
形式: 文庫
 最初に読んだときは、相当怖い思いをしつつ読んだ思いがある。この越前訳は、2010年9月現時点での最新の翻訳ということで、またあの「ダビンチもの」の巧みな翻訳者ということで「X」に続き衝動買いしてしまった。怖いポイントはわかっていたので、免疫ができていたのか、そのポイントが来てもそれほど怖い思いをしなかった、これは当然かもしれないが・・・・・。

 再度じっくりこの名作を読むと、再読に値する面白さをあらためて発見できる。個々のキャラクターの異常な行動・発言内容を再確認することによって、「あっそうだったのか」との思いが出てくる。再読に値するミステリーというものはそう多くあるものではない。
 しかし異常な犯人の異常な行動を、「奇異な血筋」とか「家系に先天性の欠陥がある」という面に持ってくるという当時のプロットの置き方は21世紀の今読むとあまり気分のいいものではない。本文庫もそうであるが、最近の出版物によくある最終ページに密やかに印刷されている「差別的表現」云々の一文もあり、だからというわけでもないだろうが、「Yの悲劇」が最近ミステリーベスト1ではなくなってきているのかもしれない。

 初めてこの名作を手にする読者がうらやましい。探偵と一緒になってあの「恐怖の部屋」に潜むゾクゾクとする恐ろしさを一緒に体験できるからだ。卓越したプロットの立て方に驚きと感激を味わうことができるからだ。 
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック