Amazon Kindleでは、 SPEC II 角川文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 514
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
SPE&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

SPEC II (角川文庫) 文庫 – 2010/11/25


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

SPEC II (角川文庫) + SPEC I (角川文庫) + SPEC III (角川文庫)
合計価格: ¥ 1,542

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係、通称ミショウに持ち込まれる不可思議な事件。捜査を行う当麻と瀬文の前に特殊能力「SPEC」を持つ犯罪者たちが次々現れる。気づかぬうちに2人は、いつしか巨悪の闇に飲み込まれようとしていた…。ニノマエの正体は?公安部・津田の企みは?当麻が抱える大きな秘密とは!?『ケイゾク』のスタッフ再集結で話題のドラマノベライズ、3ヶ月連続刊行第二弾。

著者について

にしおぎゆみえ●作家。脚本家。代表作に『ケイゾク』。 とよだみか●ノベライズ作品に『ホタルノヒカリ』ほか。

登録情報

  • 文庫: 176ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/11/25)
  • ISBN-10: 4043534043
  • ISBN-13: 978-4043534043
  • 発売日: 2010/11/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 208,299位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 shzex VINE メンバー 投稿日 2010/11/26
形式: 文庫
 中盤の4話から6話が収録されています。

 中盤の山場である5話、6話は見どころの多い回でしたが、印象的だったいくつかのシーン、「若造、そのくらいにしておけ」、「心臓が息の根を止めるまで」、「でも、はい」×2回(ドラマ見てない人すみません)なんかは、ドラマで何度も見返しているにもかかわらず、小説ならではの盛り上がりで、まさに「高まる〜っ」て感じです。

 また6話の終盤にはドラマではまるっとカットされたシーンがあります。「病を処方する者」の狂喜を垣間見せるシーンで物語をより一層深いものにしています。

 分冊にしているせいでちょっと割高感はありますが、多くのSPECファンにおすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 紫陽花 投稿日 2010/12/10
形式: 文庫 Amazonで購入
TVドラマ「SPEC」の第4〜6話をノベライズ化したもの。「SPEC1」との比較の観点で論じると以下の様。ストーリー構成、登場人物の主要なセリフがドラマと同一なのは前作同様。その代わり、地の文が随分自由奔放になりドラマの雰囲気に近づいた。同じ作家がノベライズ化したとは思えない程。瀬文の心理描写などを大胆に挿入し、独特の「ブッ翔んだ」感じを出すように心掛けている印象を受けた。

それでも、やや物足りない。映像を完全に文章化する事は不可能だとしても、当麻や瀬文の表情や仕草、あるいは舞台となる部屋や野外の模様など、もっと書き込みが欲しい所。全体的にスカスカしていて、ドラマで味わう濃密な時間とは程遠い。ドラマを観た人間だけが本書を読むという前提で書かれている感じを受ける。尤もな前提だとも言えるが、それならもっと遊びを入れて、ドラマでも実施しているクイズを挿入するとか、「番組グッズ」という位置付けを明確にした方が良かったと思う。ただし、ドラマで聞き漏らした小刻みなギャグを活字で確認出来たのは収穫。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 のびのびー 投稿日 2011/3/31
形式: 文庫
原作が先がドラマが先か。
ドラマの本放送に後追いして発行されたメディアミックスのたまもの。
私は堤シリーズが好きなのでドラマ放映を受けて、事前に予約してすかさず全巻買い。
映像が頭に入っているとストーリーを読みながらも映像がフラッシュバックしてきたが、小説だけだと楽しさは半減するかもしれない。
ドラマでは語られなかった別ストーリーや補完的な文言や展開があるかと期待したが、それはなかったので、ある意味忠実なノベライズ化ということか。
続編を強く待ち望んでいる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sagu 投稿日 2011/3/8
形式: 文庫
これを小説として読むと、とてもイライラすると思います。
文章のリズム感がなさすぎて、気に障りすぎます。

ただ、テレビではよくわからなかったシーンも
「あぁ、そういうことだったのね」と補完できるので
その点を評価し☆三つとしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック