通常配送無料 詳細
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
NAR&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 パラソル堂。
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆★送料無料★☆★コンビニ支払い対応★☆★コンビニ受け取り対応★☆ 2010年。初版。外箱ありますが1cm程破れ有。ページ部分には折り目や書き込みもなく全体的に使用感の少ない美品です。アマゾン倉庫からの配送のため売り切れの心配もございません。一つ一つ丁寧に防水梱包をして確実に送料無料で24時間以内に発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

NARUTO ド根性忍伝 (JUMP j BOOKS) 新書 – 2010/8/4


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 802
¥ 802 ¥ 250


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

NARUTO ド根性忍伝 (JUMP j BOOKS) + NARUTO-ナルト- 迅雷伝 狼の哭く日 (JUMP j BOOKS) + NARUTO 名言集 絆 ─KIZUNA─ 地ノ巻 (集英社新書)
合計価格: ¥ 2,446

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本当の平和とは何だ。決して諦めないド根性忍者、混沌の戦場を駆ける!その名は―ナルトを、長門を、ミナトを、変えた―自来也が遺した自伝的小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岸本/斉史
1974年11月8日生まれ。岡山県出身。’96年漫画『カラクリ』でデビュー。’99年より『NARUTO‐ナルト‐』にて週刊少年ジャンプ連載開始

東山/彰良
1968年台湾生まれ。第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞し、’03年『逃亡作法TURD ON THE RUN』で作家デビュー。’09年『路傍』で第11回大藪春彦賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 252ページ
  • 出版社: 集英社 (2010/8/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087032299
  • ISBN-13: 978-4087032291
  • 発売日: 2010/8/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 17,889位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

23 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mico 投稿日 2010/8/9
形式: 新書
ネタバレになると楽しみがなくなっちゃうので、あまり書きませんが・・
 なるとみたいに鼻水流して読んだことは書いておきます・・
あと、個人的に・・敵がカッコイイ術を出すんですが、それに、はまってしましましたね。
 それから、読んでいるときに、これをアニメ化してくれたら・・と本当に思いました・・。
そしてなによりも、自来也が好きなので、出版されただけでとても嬉しかったです。
 読む前から、気持ちは☆5つでしたね^^
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ks 投稿日 2010/8/8
形式: 新書
ド根性忍伝
とてもシリアスな作りになっています。ネタバレになるといけないので詳しい事は書きませんが
まさかこういう終わり方をするとは、思ってもみませんでした。
原作は少年漫画だし、と思っていたんですが期待を裏切られました 良い意味で
まあ原作のほうも二部に入ってから全体的にシリアスな作りになってるんですけどね
とにかくNARUTOファンには見てほしい作品です。原作のNARUTOと通ずるところもたくさんあります。
自来也がどんな心情でこの小説を書いたのか なんて事もファンなら伝わってくると思います。
是非読んでほしい。
NARUTOという作品の根幹に大きく触れていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 APPLE 投稿日 2010/8/19
形式: 新書
正直期待しないで読んだんです。原作では重要な
ポイントとなるツールでしたから。
どうか原作のイメージを壊さないでねって位で
軽く読み始めたら、よく練り込んだ内容で
良くできた物語で驚きました。術も多彩で楽しめました。

この作家の方は自来也の世界を上手く汲み取って
ナルトファンの愛する「ナルト像」を見事に
文章で表現してくれました。

これならミナトが我が子にナルトって名付けたく
なりますよね。登場人物に自来也が綱出や大蛇丸に
対する思いも入っていてホロリとさせられました。
ラストは思わず胸が熱くなりました。

他国の持つ強力な武器に対する恐怖感、平和への想い。
やっぱりナルトって深いな、と改めて実感しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 rara VINE メンバー 投稿日 2012/9/14
形式: 新書
原作コミックで、自来也のもとで修業を積んでいた若き日の長門(ナガト)は、「平和ってのがあるなら、自分がつかみ取ってみせる」と自来也に誓います。

自来也はこれをヒントに、そしておそらく長門を主人公にダブらせて、自身初となる小説本を書き上げました。それがこの本です。
主人公の名前「ナルト」は、その時食べてたラーメンの具から思いついたことになってますが、おそらく自来也の頭には長門(ナガト)のイメージがあり、語感が近い名前として「ナルト」にしたのでしょう。
原作通り、「あとがき」にも、作品のヒントを与えてくれた弟子として長門の名前がしっかりと掲載されています。

そこから考えると、当然ストーリーも当時、自来也・長門のいた雨の里のおかれていた環境を反映したものになっているハズで、実際、この本は、大国の争いの間で翻弄され、大国が考える「形だけの平和」を一方的に押し付けられる小国の立場になって「平和とは」を考えさせる内容になっています。

この本を読んだとき、ここで私は、「ちゃんと原作のことわかっているじゃないか」、と大変嬉しくなりました。

そして、大国の武力に対抗するためにやむなく大量殺りく兵器に走らざるを得ないこと、これを大国が武力で押さえつけようとして、また争いが永遠に続くこと、といった
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 pippi 投稿日 2012/2/25
形式: 新書
まず、NARUTOファンなら必ず読むべきでしょう。
長門やナルトまで読み、2人の思い出の本でもあります。
2人の師である自来也が書き残した大切な本です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東山さん、本当に凄いっ!
NARUTOの世界観がとても良くわかっている。
ブラッド・プリズンも凄かったですが、やはりド根性忍伝は
特に凄いです。これはアニメでも(漫画でも)やってほしいです。
最初の書き出しはお馴染みの「俺が諦めるのを諦めろ」。
そして、その後はもっとも自来也が書きそうな…ナルト(話の中の)
が女風呂をのぞいてしかも、仙法を用いてのぞくという事で、
ツユ(登場人物)にボッコボコにされます…。
ここは、かつての自来也と綱手の事でしょう。
とても読んでいて思わされます。
そしてナルトとサスケの事も…。

最後は少し気になります。でも、あえて書いてないのが良かったのかな…?

そして何よりミナト・自来也・クシナの写真(イラスト)は良いですね。
感動します。もう、今は亡き人という事を考えると、泣けてきます。

とにかくこの本は買って損はないし、むしろ得です。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック