¥ 700
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
D.G&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

D.Gray-man reverse2 四十九番目の名前 (JUMP j BOOKS) 新書 – 2006/7/4


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

D.Gray-man reverse2 四十九番目の名前 (JUMP j BOOKS) + D.Gray-man reverse1 旅立ちの聖職者 (JUMP j BOOKS) + D.Gray-man reverse 3Lost Fragment of Snow (JUMP j BOOKS)
合計価格: ¥ 2,100

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

女神像が死者を甦らせる!?妖しい噂に挑むラビの過去を描いた「四十九番目の名前」編。千年伯爵の日常を追う「1000の悲劇」編、エクソシスト大集合、「黒の教団親睦パーティー」編の3編収録。待望の小説第2弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

星野/桂
1980年生まれ。滋賀県出身。2003年週刊少年ジャンプ34号「Continue」にてデビュー

城崎/火也
大阪府出身。第9回ジャンプ小説大賞入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/7/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087031659
  • ISBN-13: 978-4087031652
  • 発売日: 2006/7/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 86,973位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.1

最も参考になったカスタマーレビュー

26 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 暇人 投稿日 2006/9/17
形式: 新書
批評が多い気がしますが、決して面白くないものだとは思えません

個人的にはもっとラビのことについて書いてほしかったのですが、書いていなかったのでそこにはがっかりしました。

前作のほうが面白かったと思います

しかし、「浅い」や「薄い」とか書いてる人が多い様ですがそういう人はもっと濃い感想を書いてほしいですね(人のことは言えませんが・・・)

話が難しすぎないことは若年層にも楽しめるのでいい作品だと個人的に思いました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヒカリ 投稿日 2006/9/13
形式: 新書
とりあえず、本編を全巻それなりに読んでないと番外編でのキャラのギャップとかの面白さがわからないと思います。(当たり前ですかね)

あたしはラビ好きなので、やっぱり過去に惹かれて買いました。

ただ、星野先生がコミックのほうで「ラビの眼帯の秘密は連載が続けば...」みたいなこと言ってたので、眼帯の秘密にはあんまり触れないだろうなという内心で読み始めました。

まぁ案の定、あんまり触れてはいないと思います。

ちょっとは期待したんですけど、なかなか流れが過去方面にいかないうえに、ラビがあまり語りたがらないようなカンジだったので。

やっぱり設定資料とか少しは渡されるんだろうケド、小説を書いているのはあくまで星野先生じゃないですからね。

ラビの口調に違和感を感じましたけど、たしかにいざ小説を書く時にラビの「〜さ」の口調って、難しいと思いますよ。

そこを上手にやるのがプロかもしれないですけど、あくまで書いてるのは星野先生じゃない他の人だからしょうがないんじゃないですかね。

なんか違和感を感じるところは自分なりに変換して読んだらいいかなと。

オチは...あたし的には

(ん〜、ん、んん?
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あろま 投稿日 2008/6/1
形式: 新書
読んでて楽しかったですv
ブックマン面白過ぎます(笑)
仲間相手に容赦なく
イカサマするアレンさん
素敵です!

ちらっとですが
大好きなロードも登場
してたので★5!!

こんなアットホームで
仲良しな敵ズはDグレが
初めてだ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 聖職者1 投稿日 2006/9/24
形式: 新書
ファンとしては待望の二冊目だったはずなのに、少しこの出来はひどいのではないか。著者の城崎火也は一冊目からしてあまり実力がある方ではなかったが、この描写力のなさは一体どうしたことか。文章力、描写力はスポーツで言ったら体力、スタミナなのに、この人は同人レベルに産毛が生えた程度の文章力しかないので最初からグダグダ感丸出しである。

ストーリーの方は同人レベルに剛毛が生えた程度になっているものの、一冊で三話書くという行為自体、そもそも一巻から成功しているとは言いがたい。一話目で千年伯爵の話を童話風に書いてるのに、次はやたらと重いラビの過去話を書いて読者を混乱させるのまでは許せる。しかし、最後のギャグ話に三分の一以上のウエイトを置いて書いているのが決定的にまずい。あまり触れるとネタバレになるが、表題でもあるラビの話にどうして一番ウエイトを置かないのか私には理解できない。そのギャグにしても、決定的に文章力が無いので、ここでもポイントを稼げていない。第一、ラビの話が重く、考えさせられるような話だったのに、どうしてそこまでギャグにこだわるのかなぁ・・・・。

これはもう、D.Gray-manのアナザーストーリーとしても読みたくないし読ませたくない本である。一番危険視していた、一巻がバカ売れしたから仕方なく書きました、というようなオーラが出ていなかったのはせめ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まこと 投稿日 2006/7/27
形式: 新書
ラビが大好きなんで買ったんですが、なんていうかストーリーに厚みがないですね〜ハッキリ言って。

面白さに掛けるって言うか、深みが無いって言うか。

Dグレファンの方は買ってみてもいいと思いますけども、お金の余裕があるときで十分だと思います。

挿絵はさすが星野先生!って感じですね。

軽い気持ちで読まれるといいと思います。

まぁ、少年向けですから大人の方には物足りない一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック