Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
黒後家蜘蛛の会〈5〉 (創元推理文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

黒後家蜘蛛の会〈5〉 (創元推理文庫) [文庫]

アイザック アシモフ , Isaac Asimov , 池 央耿
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 691 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

黒後家蜘蛛の会〈5〉 (創元推理文庫) + 黒後家蜘蛛の会 (4) (創元推理文庫 (167‐5)) + 黒後家蜘蛛の会 3 (創元推理文庫 167-3)
合計価格: ¥ 2,419

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

アシモフ自身がでくわした奇怪な人間消失事件を元にした「待てど暮らせど」や、カーに挑戦せんと意気込んで書かれたシリーズ初登場の密室もの「秘伝」など、ご存じブラック・ウィドワーズの面々の侃侃諤諤、喧喧囂囂、甲論乙駁の推理合戦と、名給仕ヘンリーの快刀乱麻を断つ解決ぶりが鮮やかな好評連作ミステリ第5弾。

内容(「BOOK」データベースより)

アシモフ自身がでくわした奇怪な人間消失事件を元にした「待てど暮らせど」や、カーに挑戦せんと意気込んで書かれたシリーズ初登場の密室もの「秘伝」など、ご存じブラック・ウィドワーズの面々の侃侃諤諤、喧喧囂囂、甲論乙駁の推理合戦と、名給士ヘンリーの快刀乱麻を断つ解決ぶりが鮮やかな好評連作ミステリ、第5弾登場。

登録情報

  • 文庫: 349ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1990/10/19)
  • 言語: 日本語, 英語
  • ISBN-10: 448816708X
  • ISBN-13: 978-4488167080
  • 発売日: 1990/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 208,496位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
20 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 第6巻を待つ! 2008/2/26
投稿者 gabee
形式:文庫|Amazonで購入
流石に4巻目あたりからアシモフ先生のパワーの衰えを感じざるを得ません。とは言え、生前何度も言われた通り、死ぬまで黒後家シリーズを書き続けたのですから本当に頭が下がります。アシモフ先生の作品はあまたありますが、このシリーズに対する思い入れはひとしおのようで、まさに代表作品だと言えましょう。小生黒後家シリーズは繰返し読んでおり、原書も全巻揃え、ヘンリーおよびメンバーの生の声を堪能しています。…なのになのに、第6巻にあたる「The Return of the Black Widowers」の翻訳が無視されているのはどういう訳なのでありましょうか? 確かに内容は過去の物語のベスト10の再録で全ページ数の半分を占めますが、新作も7つありますし、最後には編者の Charles Ardai がアシモフ先生の死後10年目、黒後家シリーズ刊行30周年を記念してメンバーに再集合を掛けた最後の一編もあります。東京創元社さん、この巻を出版しないということは犯罪に等しいのだと思いなさい! 別に文庫本でなくても結構。高価でも構いません。豪華箱入り単行本(アシモフ先生またはヘンリーまたは黒後家蜘蛛のフィギュア入りならなおよろしい)で刊行お願いします。…それから、いつも思うのですが、日本のTVで黒後家をベースにしたシリーズを作ったら如何でしょう。月例会場のレストランは毎回変えて和洋中何でもありとします(原作と同様... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 黒後家よ永遠に 2008/10/23
投稿者 かずろう
形式:文庫
黒後家蜘蛛の第5巻で最終巻。

「同音異義」「目の付けどころ」「幸運のお守り」「三重の悪魔」
「水上の夕映え」「待てど暮らせど」「ひったくり」「静かな場所」
「四葉のクローバー」「封筒」「アリバイ」「秘伝」

この巻では「三重の悪魔」のゲストの話が謎解きという以外に
読み物としても面白かったです。

4巻のあとがきにもあるように、全体の5分の2を会員のおしゃべり、
もう5分の2をゲストの話、残り5分の1でヘンリーの解決のくだり
という定形で、ここまで面白く読ませるアシモフはすごいなと思います。

これで最終巻というのが残念でなりません。
ほかの人のレビューを見ていたら、未訳の短編がいくつかあるんですね。
出してほしいなぁ。
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 pfs7 殿堂入りレビュアー
形式:文庫
この名前からして一体どういう集まりなのか?と気になる短編集。私も最初は何やら怪しい話かと想ってしまった。
しかしこれは、アシモフが実在する女人禁制クラブをモデルに(内容は全く違う)作り出したクラブ。 弁護士、画家、数学者、暗号専門家・・・職業も興味もバラバラで、単に親睦を深めるための集まりなのだが・・・・月一度の会合の席で話がミステリアスな事件に及ぶや、各人の推理合戦と化す。この会話の面白さがシリーズ最大の魅力。そして、何故かいつもあっさりと謎を解いてしまうのは控えめな給仕のヘンリー! 謎解きも面白いが、勝手な推理を展開する面々に対して、見事に解き明かしてしまっても控えめなヘンリーの対比が面白い。しかも事件のバリエーションも豊富。アシモフの推理短編は傑作揃いで、本当に多才な人だと思う。
解説は有栖川有栖氏。この解説を『迷宮逍遥』(有栖川氏の書いた解説集)で読み、「そんなに面白いシリーズだったの!!」と慌てて読み始めたのだ。
このシリーズは現在まで5冊出ているが、アシモフは、「生きている限り黒後家シリーズを書き継ぐ」と宣言していた。既に故人となっているがあくまで「既刊5冊」である。今後も何らかの形でまとまるととても嬉しいのだが・・・
彼が編者の短編集『16品の殺人メニュー』は、食べ物飲み物を引用したミステリ集で、こちらも多士済済。 似たものでは
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 よかった♪ 2011/1/21
投稿者 じむ
形式:文庫
主人の誕生日に間に合いました!!とてもきれいな状態で、迅速に送って頂いて、感謝してます。ありがとうございました!!
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック