通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
黄昏乙女×アムネジア(5) (ガンガンコミックスJ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

黄昏乙女×アムネジア(5) (ガンガンコミックスJOKER) コミック – 2011/7/22

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 黄昏乙女×アムネジア(5) (ガンガンコミックスJOKER)
  • +
  • 黄昏乙女×アムネジア(4) (ガンガンコミックスJOKER)
  • +
  • 黄昏乙女×アムネジア(6) (ガンガンコミックスJOKER)
総額: ¥1,841
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

今日は丸一日、デートをしますっ!

学園祭。夕子と貞一は二人で楽しい時を過ごす。しかし、七不思議の一つ"アカヒトさん"の怪異が迫り…。大人気「学校の怪談」ストーリー、第5巻!!


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2011/7/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757532938
  • ISBN-13: 978-4757532939
  • 発売日: 2011/7/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 南蛮貿易 投稿日 2011/7/23
形式: コミック
作者の前巻の予告通りこの巻は学園祭編です。
この巻のあとがきでも中休み的に
学園祭編を本編とあまり絡まない状態でとのことで
夕子さんの過去や影夕子さんなどこれまでの物語の核には触れずに進んでいます。
とはいえ全編ほのぼのという訳でもなく
アカヒトさんなど七不思議も絡んできています。
この5巻だけでも一つの作品として読めるような内容でおすすめです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 物語は折返し、秋を迎えて学園祭編。本物のお化けのいるお化け屋敷! から始まって、予告の通り息抜きサイドストーリーで終始するのかと思っていたら。意外な人物が再登場してくるアカヒトさん編は油断のならない重さでした。
 そして重く突き刺さる第三新聞部部長の言葉。あの一言は、お話全体に通じるテーマなのかも知れませんね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2011/7/29
形式: コミック
5巻は中休みの文化祭編です。

本筋と離れ、前の巻と比べるとのんびりした感じです。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、人間関係が進展した感じでしょうか。
本筋は進展しませんが、楽しく読めました。

4巻まで読んで気に入った方なら間違いなくお勧め出来ると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
学園祭の二日間、初日は「ホンモノが出るお化けやしき」を怪異調査部で開催。前巻扉絵のセクシーな死に装束の夕子さんがいるのですが普通は見えません。ただ、何人かは自分が恐れているモノを見てしまうため、それなりに成り立っています。
二日目の夕子さんは貞一と学園祭デート。二人とも楽しんでいます。夕子さんがいろいろ誘いかけるのですが、貞一は頭を撫でるので精一杯。そこに生贄を求める怪談アカヒトさん騒動が発生。前巻で夕子話を使ってクラスメートにいじめられた桐島有子が、策士策に嵌って再び怖い思いをするところを、貞一の「夕子さんが助けなくちゃいけないんです」の言葉で夕子さんが動いて救います。
今巻は本筋とは絡まない、まったり一休み回なのですが、後に鍵となるアカヒト(銅人)さんの登場、怪談や迷信に操られてしまう生徒たちの存在、夕子さんと貞一の関係が「年下の男の子を可愛がる女の子」から「男らしい頼れる男の子と素敵な女の子」という対等な恋人同士へと変化するところは重要ポイントです。
お約束の学園祭回を楽しませながらストーリー上の仕込みをしっかりしているのは見事なので★5つ。
一方、霧江にますます魅力を感じます。脅かされて泣いてしまうところ、貞一に夕子さんと自分とどちらが好きかと尋ねるところ、有子にアバズレ女と叫ぶところ、自分は何者なのかを探しているところ。やることなす
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック