Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで (光文社文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで (光文社文庫) [文庫]

宮部 みゆき
5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


この商品には新版があります:
鳩笛草―燔祭/朽ちてゆくまで (光文社文庫プレミアム) 鳩笛草―燔祭/朽ちてゆくまで (光文社文庫プレミアム) 5つ星のうち 4.2 (5)
¥ 700
在庫あり。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
新書 --  
文庫, 2000/04 --  

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

他人の心を読むことのできる女性刑事・本田貴子は、その能力ゆえにさまざまな試練に直面し、刑事としての自分の資質を疑ってゆく…。(「鳩笛草」)高校生の妹を殺害された兄に代わって報復の協力を申し出た青木淳子。彼女は、人や物を念じただけで発火させてしまう能力を持っていた…!(「燔祭」)超能力を持つ3人の女性をめぐる3つの物語。

内容(「MARC」データベースより)

祖母の死で独りぼっちになった麻生智子。8歳のとき事故で両親を亡くし智子は記憶喪失となるが、祖母の隠していたビデオを見て、以前の自分には「ある能力」があったことを確信する。情感溢れる異色ミステリー三部作。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 363ページ
  • 出版社: 光文社 (2000/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334729851
  • ISBN-13: 978-4334729851
  • 発売日: 2000/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 523,541位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 短編なのに巧く味付けされてます 2004/4/19
投稿者 海山ごはん
形式:文庫|Amazonで購入
生まれながらに超能力を持ち合わせた人たちが主人公として綴られる短編集です。
予知能力、念力放火能力(パイロキネシス)、そして心を読み取るをもったそれぞれの女性たち。
共通するのは、その能力故にその身が決して幸福ではないこと、むしろ不幸であるといえる。
小説的には、SF小説として位置づけられるのだろうが、能力者の悲哀を存分に描ききった鳩笛草を含め能力者の人物像の描写と物語の構成はさすが宮部みゆきだと思わされる。
それぞれ、手ごろな短編3つですから、是非手にとって読んでみてください。
3編それぞれ違った後読感が得られますよ。
それから、「燔祭」は、長編小説「クロスファイア」へつながる重要な話なので、クロスファイアに手をつける前に是非読んでおいてください。
余談ですが、「燔」にはたきぎを燃やしすという意味があるようです。なるほど、感じ入るタイトルのつけ方です。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 クロスファイアの前に 2001/4/29
投稿者 キク
形式:文庫
中の一編燔祭は、クロスファイアの前編です。クロスファイアは映画にもなったのでお読みになった方も多いと思います。しかし、それだけ読むと、ちょっと不明な点が出てくると思うので、まずこの本を読みましょう。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 好運來了
形式:文庫
「燔祭」は高熱放射能力者の青木淳子ではなく、彼女の能力を活用してあることをしようかと考えた多田一樹の視点からのストーリー。人には誰でも成長と生活の歴史があり、それを見守ってきた人たちがいる。だから、誰も誰かを殺してはいけない、という観点が入っているようで、私は「クロスファイア」よりもこちらに好感を持ちました。同様の観点は併載の別作品「朽ちてゆくまで」の背後にも入っていると思います。
「クロスファイア」のような、勧善懲悪でばたばたと悪者を倒していく一種の爽快感はありませんが、主体の精神状態はこちらの方が健全であるように思います。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 まっとうな弱者へのやさしさ 2004/2/10
投稿者 乱 読人
形式:文庫
SF 少年もの 短編オムニバス形式の長編 時代物 著者の得意技はいくつもあるけれど、そのうちの一つ超能力ものを3篇集めた作品集。普通超能力ものというとその能力をつかえることからくる爽快感が前面に出ているものが多いんだけど宮部作品はちがうんだよね。いつもそれをもってしまっていることのかなしさが描かれている。人にはない力を持ってしまったことで異端者として扱われることへの怖れ。自分自身の本能や欲望のため能力を使ってしまわぬようにする制御。こういう視点があるから深い。大ヒット作『クロスファイア』のプロローグ的な作品「燔祭」が話題の中心とならざるを得ないだろうけど、個人的には表題作の「鳩笛草」がいい。力を持つものがそれを失っていくときのせつなさ。見事に描かれている。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 ikutti
形式:文庫
超能力を持つ女性を主人公にした中編3編。
「朽ちてゆくまで」能力を失った状態で登場するというのも一興。
「燔祭」クロスファイア初出。正義のために使わないと何のためにこの力を持って生まれたのかわからないという主人公青木淳子に存在感を感じます。
「鳩笛草」能力を仕事に生かしてきたが、能力を失っていく不安が能力など持たない読者に伝わるように書かれているようでした。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 クロスファイアの前に 2005/10/1
投稿者 理系の文系
形式:文庫
 3短編に共通しているのは主人公たちが超能力を持っているということ。中でも「燔祭」は秀逸。
 他者を圧倒的な力でねじ伏せることの出来るパイロキネシス(念力発火能力)を持つ青木淳子。この作品には短編ゆえの魅力が凝縮されていて無駄の構成で一気に読ませてくれる。
 本作から「クロスファイア」「龍は眠る」といった大作に発展して行ったのだろう。宮部みゆきファンなら読まない手はあるまい。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 異能者でなくて良かった 2002/11/24
投稿者 カスタマー
形式:文庫
超能力者に関する短編集です。
他の2作に関してはラストにかすかな救いがありますが、クロスファイアの前作に当たる燔祭は、異能者である主人公のクロスファイアにおける悲しい宿命を考えると、感慨深いものがあります。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 「朽ちてゆくまで」不思議な話。 2013/5/26
投稿者 kaizen #1殿堂
形式:文庫
「朽ちてゆくまで」不思議な話。長編小説の一部を切り出した感じ。やや不完全燃焼。予見能力と記憶喪失という2つの事象を組み合わせたところは妙味がある。詳細を書き直して長編にしてもらえると嬉しい。あるいは、もう少し、切り刻んで短編集か掌編集に入れるか。 「燔祭」嫌な話が2つ。できれば別々の方が嬉しい。悲しさが二倍。 「鳩笛草」能力が切れ切れになり不安に陥る刑事。3話とも超能力者だけど、不遜でないところがよいのかも。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 想像した通りとてもよかった。また次の商品も購入したいと考えている。
想像した通りとてもよかった。また次の商品も購入したいと考えている。
投稿日: 17か月前 投稿者: 田中知信
5つ星のうち 5.0 移動中に読むのに最適な一冊
クロスファイアのプロローグ的な短編が載っていることを知らないで購入しました。... 続きを読む
投稿日: 2011/10/19 投稿者: 関羽さん
5つ星のうち 5.0 心の吐露の描き方が巧い
超能力を持った3人の女性のお話。
数ある宮部作品の中でも、一番好きな作品です。... 続きを読む
投稿日: 2010/11/8 投稿者: キリ
5つ星のうち 3.0 クロスファイアを読む前も、読んだあとも楽しめる
超能力者が主人公の3つの小説集。
このうち燔祭は、後日クロスファイアという続編になる。
青木淳子の初登場する小説だ。... 続きを読む
投稿日: 2010/5/24 投稿者: nh
5つ星のうち 5.0 望まないものを生まれ持ってしまった女性たちの悲しみと再生
本書は超能力を持つ3人の女性を描いた、3つの短編小説集です。私は通常この手の非現実的なジャンルの小説は距離を置いて読むのですが、宮部さんの著書には引き込まれるよう... 続きを読む
投稿日: 2009/12/7 投稿者: nimoscomos
5つ星のうち 4.0 宮部作品、初めて読む方におすすめします。
超能力を持つ人々を主人公にした3作品。
ぜひ、初めて宮部作品を読む方におすすめします。... 続きを読む
投稿日: 2007/11/5 投稿者: Beee
5つ星のうち 3.0 自分に自信が持てないという葛藤の描写
超能力を持つ女性が登場する3つの中編SFミステリー小説を収録。

「朽ちてゆくまで」は両親を幼くして亡くしていた主人公が、... 続きを読む
投稿日: 2006/9/7 投稿者: SAH
5つ星のうち 5.0 宮部のうまさが詰まった中編集
うまい
宮部みゆきの「うまさ」がつまった中編集。
未来予知・念力放火・読心という異能をもつ3人の女性の物語。... 続きを読む
投稿日: 2003/7/29 投稿者: ナツナオ
5つ星のうち 5.0 さすがにうまい!
宮部みゆきの「うまさ」がつまった中編集。
未来予知・念力放火・読心という異能をもつ3人の女性の物語。... 続きを読む
投稿日: 2003/7/26 投稿者: ナツナオ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック