中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで (光文社文庫) 文庫 – 2000/4

5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2000/4
¥ 1

この商品には新版があります:


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

他人の心を読むことのできる女性刑事・本田貴子は、その能力ゆえにさまざまな試練に直面し、刑事としての自分の資質を疑ってゆく…。(「鳩笛草」)高校生の妹を殺害された兄に代わって報復の協力を申し出た青木淳子。彼女は、人や物を念じただけで発火させてしまう能力を持っていた…!(「燔祭」)超能力を持つ3人の女性をめぐる3つの物語。

内容(「MARC」データベースより)

祖母の死で独りぼっちになった麻生智子。8歳のとき事故で両親を亡くし智子は記憶喪失となるが、祖母の隠していたビデオを見て、以前の自分には「ある能力」があったことを確信する。情感溢れる異色ミステリー三部作。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 363ページ
  • 出版社: 光文社 (2000/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334729851
  • ISBN-13: 978-4334729851
  • 発売日: 2000/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 659,090位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
生まれながらに超能力を持ち合わせた人たちが主人公として綴られる短編集です。
予知能力、念力放火能力(パイロキネシス)、そして心を読み取るをもったそれぞれの女性たち。
共通するのは、その能力故にその身が決して幸福ではないこと、むしろ不幸であるといえる。
小説的には、SF小説として位置づけられるのだろうが、能力者の悲哀を存分に描ききった鳩笛草を含め能力者の人物像の描写と物語の構成はさすが宮部みゆきだと思わされる。
それぞれ、手ごろな短編3つですから、是非手にとって読んでみてください。
3編それぞれ違った後読感が得られますよ。
それから、「燔祭」は、長編小説「クロスファイア」へつながる重要な話なので、クロスファイアに手をつける前に是非読んでおいてください。
余談ですが、「燔」にはたきぎを燃やしすという意味があるようです。なるほど、感じ入るタイトルのつけ方です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「燔祭」は高熱放射能力者の青木淳子ではなく、彼女の能力を活用してあることをしようかと考えた多田一樹の視点からのストーリー。人には誰でも成長と生活の歴史があり、それを見守ってきた人たちがいる。だから、誰も誰かを殺してはいけない、という観点が入っているようで、私は「クロスファイア」よりもこちらに好感を持ちました。同様の観点は併載の別作品「朽ちてゆくまで」の背後にも入っていると思います。
「クロスファイア」のような、勧善懲悪でばたばたと悪者を倒していく一種の爽快感はありませんが、主体の精神状態はこちらの方が健全であるように思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中の一編燔祭は、クロスファイアの前編です。クロスファイアは映画にもなったのでお読みになった方も多いと思います。しかし、それだけ読むと、ちょっと不明な点が出てくると思うので、まずこの本を読みましょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
超能力を持つ女性を主人公にした中編3編。
「朽ちてゆくまで」能力を失った状態で登場するというのも一興。
「燔祭」クロスファイア初出。正義のために使わないと何のためにこの力を持って生まれたのかわからないという主人公青木淳子に存在感を感じます。
「鳩笛草」能力を仕事に生かしてきたが、能力を失っていく不安が能力など持たない読者に伝わるように書かれているようでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
SF 少年もの 短編オムニバス形式の長編 時代物 著者の得意技はいくつもあるけれど、そのうちの一つ超能力ものを3篇集めた作品集。普通超能力ものというとその能力をつかえることからくる爽快感が前面に出ているものが多いんだけど宮部作品はちがうんだよね。いつもそれをもってしまっていることのかなしさが描かれている。人にはない力を持ってしまったことで異端者として扱われることへの怖れ。自分自身の本能や欲望のため能力を使ってしまわぬようにする制御。こういう視点があるから深い。大ヒット作『クロスファイア』のプロローグ的な作品「燔祭」が話題の中心とならざるを得ないだろうけど、個人的には表題作の「鳩笛草」がいい。力を持つものがそれを失っていくときのせつなさ。見事に描かれている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「朽ちるまで」
事故によって両親と過去の記憶を失った女性が再生する物語。
希望のある結末がすごくよかったけれど、
そこから先が読みたい!のに続編はないのですね。長編で読みたい。

「燔祭」
妹を殺されて復讐を誓う男性主人公と、
彼の復讐を助けようとする念力放火能力を持った女性の話。
男性が復讐しようと思った理由はよくわかるのだけど、
それを成し遂げるだけの気迫が伝わってこなかったので、収まるところに収まったという感じ。
最後の別れのシーンが温かい切なさがすごくよかった。

「鳩笛草」
一番好きな話。
透視能力を活かそうと刑事になったのに、今その力が失われようとしている…。
主人公の焦る気持ちがわかるだけに、相棒の男性刑事や周囲の協力者たちの支えに胸が熱くなりました。
ただ、病院にはきちんと行って欲しい…。
症状が進行してからは脳腫瘍かな?脳梗塞かな?と余計なことを考えていました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
超能力者が主人公の3つの小説集。
このうち燔祭は、後日クロスファイアという続編になる。
青木淳子の初登場する小説だ。

燔祭では、青木淳子は地味な女の人だが、クロスファイアになると地味な印象だが、きれいな顔立ちになっている。
キャラクターの洗練があったのだろうが、「地味な存在」を徹底した方がいい気もするが、クロスファイアにおける青木淳子の心の変化を考えると、きれいな顔立ちは欠かせないわけで、それなら燔祭でも「よく見ると整った顔立ちだが、それを拒むかのような地味な服装や化粧だった」ということにしておけばよかったような。

燔祭に限らず、鳩笛草も朽ちていくまでも、終わり方がちょっと唐突というか、宮部みゆきは、長編が得意なのではないかと思う。
いいたいことはもっともっとあるのに、原稿用紙がつきてしまった、そんな作品集だ。
その「いいたいこと」を探すのも、楽しいことでもあるのだけれど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック