Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) [単行本]

孫崎享 , 鳩山由紀夫 , 植草一秀
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (21件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,512 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ) + アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪
合計価格: ¥ 3,132

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

TPP参加、原発推進、沖縄基地固定化、消費大増税…
国民が求めた、主権者目線の改革はなぜことごとく潰されるのか?
「米国・官僚・財界・政界・大マスコミ」が一体となった既得権構造と闘うための「真実の情報」と知恵を結集。
領土紛争を煽り、尖閣、竹島、北方四島問題で隣国と関係
が悪化したのは、すべてアメリカが仕掛けた地雷だった!
属国のツケは、日本経済の破壊と戦争で支払うことになる。このままでいいのか。
日本を取り戻す政治刷新のため、対米従属勢力に叩かれ、挫折させられた3人が立ち上がった。

内容(「BOOK」データベースより)

北方四島、竹島、尖閣の領土問題はすべて、アメリカが日本に埋め込んだ地雷だった!TPP参加、原発推進、沖縄基地固定化、消費税大増税…主権者目線の改革はなぜ潰されたのか?

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 飛鳥新社 (2013/6/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864102546
  • ISBN-13: 978-4864102544
  • 発売日: 2013/6/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (21件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 43,934位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
129 人中、91人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 「対米従属」という構造を知ること 2013/6/29
投稿者 sawaki
形式:単行本
本書では、戦後から現在に至るまで、アメリカがどのように日本に対して影響力を行使し、その存在感を維持してきたかが一冊に簡潔にまとめられており、その全体像を把握するには最適な本だと思った。

日本の敗戦によってアメリカは、戦果として日本にて多大な権益を得ることになる。それは、日本の領土に関する裁量権であり、軍事基地関連の権益であり、経済面に於ける影響力である。戦争に負けるということは、決定的に何かを失うということなのだ。
アメリカとしては、一旦日本で獲得したこれだけの権益をそう簡単に手放すはずがない。それを自分たちの国益に鑑みて最大限に利用しようとするのは、ある意味で当然の成り行きなのだろう。
人間は、一度手にしたものを失うことを極端に恐れる動物なのだ。だから、その権益死守のためにあらゆる手を尽くすアメリカの姿がそこにある。

そして、戦後から時間が経過していく内に、いつの間にか日本では「対米従属」が社会の構造と化していくことになる。イデオロギーや信念でいくらそれに対抗しようとも、その構造の上に我々がいる以上、構造自体を打破することは原理的に出来ないのではないかとさえ思えてくる。
では、戦後形成されたこの状況を変革するにはどうすればいいのだろうか。まずは日本の多くの方がこの構造の存在や実態を認識することが第一歩となり
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
50 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 つくしん坊 トップ500レビュアー
形式:単行本
孫崎亨著『戦後史の正体』は、日本の戦後史の理解に変革を迫る好著であった。本書は、孫崎氏と、元総理の鳩山由紀夫氏および経済学者植草一秀氏が、主に民主党政権移行以降の政治情勢を鋭く分析した本である。全体として、対米従属の政治家と官僚が政治の流れを操り、マスコミが協賛する、という形は現在も何ら変わっていないことが確認できる。特に、鳩山政権がなぜマスコミからの集中砲火で退陣を迫られ、その後の菅・野田両政権が自民党以上の対米従属となったのかが、『戦後史の正体』の応用編として、ストンと腑に落ちる。

本書が明らかにしているように、消費税増税、尖閣問題、TPP参加、オスプレイ配備、原発再稼働はすべてセットであり、対米従属の官僚(特に、外務、財務、防衛)たちが自らの保身のために仕組み、無知で強欲な政治家がそれに乗っかり、マスコミが囃し立てているというのが、現在の日本である。つまり『戦後史の正体』の構図は不変である。

現在の日米関係は、占領直後の「米軍が使いたいだけの基地を、使いたい期間、使いたい場所に置く」(ダレス構想)関係を、戦後70年近くたっても「日米地位協定」の下で米軍に提供し続けているという、世界にも例を見ない異常な関係である。対米従属派の官僚・政治家・マスコミのあらゆる意図は、この実態を、極力、国民の眼から隠そうということに尽きる。特に領土問題が
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
37 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 貴重な本です 2013/7/29
投稿者 雑学家
形式:単行本
飛鳥新社が出す本は内容が注目にあたいしますね。
他に「中国に立ち向かう日本、つき従う韓国」
古い本ですが「日米魂力戦・敗けるなニッポン」西鋭夫や「国家の品格」藤原正彦
「隠された証言―日航123便墜落事故」藤田
「誰も教えないこの国の歴史の真実」菅沼
を先に読んでおくと本書の主張がより信憑性をおびてきますね。
アメリカが自分は持っているが相手に持たれると怖いので核を持っていると強弁してイラクを攻撃したり、リビアのカダフイ大統領の息子を殺害したり、いまだに謎が多いケネディ大統領を暗殺。月面に米国人がはじめて着陸したがその後
人類がなぜ一度も月に着陸できないのか極めて疑問、なぜ現職の総理がイランやシリアの大統領に
会いに行かないのか?あまりにも米国に気を使いすぎではないか?
安部総理がオバマに会い米国債を50兆円も買う密約、それでアメリカの「財政の崖」を解消できた。
はっきり言って過去の日米首脳会談では貢物の持参のための会談だった。米国債を売ると言っただけで失脚した橋本総理、
アメリカの了解なしに日中会談をして米国からの情報もれでロッキード事件で失脚させられた田中総理。
駐留経費を大量に買わされている米国債で支払えばおもいやり予算など不要なのになぜできない?
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
38 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 良く書いた 2013/8/7
投稿者 海崎弘之
形式:単行本|Amazonで購入
ここまで良く書いてくれました。
対米従属をあまり意識せずに従属させられていた怖さを感じました。
孫崎さんはこんな事を考えながら、外務省の仕事をしていたのですね。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 2.0 「対米従属」は良くないが・・・
孫崎、鳩山、植草、これまた見事な売国奴三羽烏とでも言えるだろうか。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: カレイコ
5つ星のうち 5.0 暗くて長いトンネルもいつかは終わる
「普天間を国外、最低でも県外に」と鳩山が言った。沖縄の願いをこれほど正確・簡潔に掲げた有力政治家がかっていただろうか。悲劇は、この指揮官を支えなければならぬはずの... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: 町田の丘
5つ星のうち 3.0 すぐ届いて良かった
政治の見方は色々
思った事を解かりやすくすぐ実行 でも熟慮は必要?
投稿日: 12か月前 投稿者: 江口喜多枝
5つ星のうち 5.0 アメリカに従属しているという視点は貴重です。
政界、言論界のトップの方々の対談には、小生たちにとって、初めて耳にする事実が多くあります。マスメデイアの流してきた「真実」とあまりにも違っていて、マスメデイアがい... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: Deechan
5つ星のうち 5.0 日本に関心のある世界中の人に読んでほしい本です。
 尖閣列島の棚上げ合意は、日本にとってプラスになることなのに、
なぜこれを大事にせずに日本から放棄しようとしているのか。(P. 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: 影
5つ星のうち 1.0 大妄想の3ばかトリオのむだばなし!!
読んでびっくりした  これほど 偏狂な考え方ができるのかと!!  図書館に 注文すると すぐにきた もちろん こんなバカな本 買うわけがない^^ で するすると... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: たいみそ
5つ星のうち 4.0 幻想からまだ目覚めていないなら・・・
幻想からまだ目覚めていないなら、この本は「目覚まし」にお勧め。
投稿日: 14か月前 投稿者: こたつ猫
5つ星のうち 5.0 日本の独立
この本を読んで、鳩山さんの評価が変わった。中国や北朝鮮に武力で対立し、アメリカのみに従属するという外交方針が、本当の保守ではない。対米従属という呪縛から日本が抜け... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: 児島隆介
5つ星のうち 2.0 今度は意見を異にする論客との対談を
植草一秀さん目当てで買いました。脱対米従属、TPP反対など、植草さんの主張には共感できるところもあるからです。... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: yapparusk
5つ星のうち 5.0 今後の日本の唯一の進路を示している
日米地位協定を破棄して、こそ独立国日本、今後の日本の唯一の進路を示している。
投稿日: 15か月前 投稿者: 平沢信夫
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック