¥ 648
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鳥籠姫と三つの謎の物語 (創芸社クリア文庫) 文庫 – 2013/1


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫, 2013/1
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 146


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

鳥籠姫と三つの謎の物語 (創芸社クリア文庫) + ネフシュタニアさまの永遠じゃない日々 (創芸社クリア文庫)
合計価格: ¥ 1,296

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

実家の古民具屋『よねざと屋』のお使いで高級マンションを訪れた米里鉄之介は、アッシュブロンドの髪に赤い着物を着た美少女、白綾(九才)に出会う。九才とは思えない大人びた口調で話し、並外れた洞察力と深い知識を持つ白綾の侍従(家来)となった鉄之介。二人のもとには、謎と秘密が舞い込んでくる。「謎はいつも簡単。でも、秘密はいつも複雑」空の鳥篭に囲まれて暮らす「鳥篭姫」白綾が謎を解く時、その裏にある秘密が明かされる…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柿原/巽
作家。別名義で、アニメ『名探偵コナン』のオリジナルシナリオを書いたりもしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 321ページ
  • 出版社: 創芸社 (2013/01)
  • ISBN-10: 4881441728
  • ISBN-13: 978-4881441725
  • 発売日: 2013/01
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 542,565位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 本格神皇正統記 投稿日 2013/3/6
トリックに淫せず人間ドラマに堕さず、手堅いバランスでまとまった日常の謎ミステリ。少女探偵の口から繰り出される衒学推理、明かされる人間模様に、そうくるかと唸らされる。各章メインの大ネタの他にも、衒学知識を生かして行動などを言い当てる小さな謎解きも惜しみなく散りばめてくれるのが嬉しい。
読者の知り得ない情報も使ってすいすい推理が進むので、本格推理の手続きを踏んでほしい向きには物足りない(見取り図がほしい)かもしれない。とはいえあくまで、厳格に本格の基準で見ると手掛かりの開示が不十分という話で、物理と心理の範囲で説明されて頷ける謎解き。出鱈目なものではない。
謎解き以外の面に目を向けると、九歳ヒロインを瑞々しく描写する眼差しはガチで、かわいらしく感じさせる。対して、ラノベのお務めとして各章で淡々と繰り広げられるおっぱいトークは上滑り。同級生がBだFだと上っ面で語りながらその実、視線は薄衣越しに透けて見える小学生の細い脚を丁寧に舐め上げている。本当に見つめているものをくっきりと照らし出す格好の対比。汗で貼り付いた体操服の背中には紐が浮かないのだ。カジュアルな属性消費とは一味違う、深い業もとい愛情を感じる。
あとがきから察するに、本格マニアの欲求は分かった上で、煩瑣になる手続きよりエンタメ性を優先したようだ。本格の手続きを求めるのでなければ、良好なミステリかと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マルオ 投稿日 2013/1/15
ホームズ役=小学生で引っ込み思案の美少女・白綾と、ワトソン役=古民具屋の息子が謎を解く、ミステリー風味の短編集。
「鳥のいない鳥籠」「紅い唐傘の幽霊」「季節はずれの雛人形」の三話収録。

探偵役の白綾、頭の良さと引っ込み思案っぷりのギャップがイイです。
作った雪ウサギをそーっと置いて、ぴゃっと逃げるとか、カワイイw
個人的にはもうちょっとツンデレのツンが多めでも嬉しいですが(コナンの灰原愛とか)、小学生らしい素直なところもある、かわいいキャラクターでした。
表紙イラストのイメージで違和感なかったです。

知らないレーベルだったので躊躇したんですが、読む前のイメージよりはマトモにミステリーだった気がします。ネタがトリッキーで。
ただしノリはGOSICKとか古典部シリーズとかよりライトノベル寄り。

トリック自体が和モノなのは1話目だけだったので、星1つマイナス。
(へえ、和モノのミステリーか、と思って手に取ったもので)

とはいえ、サクサク読めた+白綾がカワイイ=なんだかんだでけっこう楽しかったので、星4つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 1to3 投稿日 2013/3/3
Amazonで購入
まぁ言っちゃえば、ビブリアのヒロインが小学生版とかそういうのを想像して買いました。
そんなに共通点があるわけでもなかったですが、何となく似てるような・・・?
ヒロインの性格というかキャラ付けが、大人でも知らないような知識が豊富で、普通に大人びていて、これじゃ見た目が小さいだけじゃんということで、
あんまりかわいく感じられなかった。ありがちではありますがなんか・・・

話は日常に起きたちょっと不思議な事件を解決していくほのぼのな感じかと思っていたのですが、警察が介入してきたり殺人事件になりかけたり、割と物騒です。
さすが、アニメ版コナンのシナリオを書いてる人(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック