この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魚々食紀―古来、日本人は魚をどう食べてきたか (平凡社新書) 新書 – 2000/5


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

蕪村さんが好物だった鮒鮨、では他に江戸時代のフナ料理とは?平清盛さんが食べたスズキ料理とはどんなもの?最も旨いマス・サケ類は?ホンモロコが食べられなくなる?ナマズ、ハモ、フグ、ボラ、カツオ、アユ、アンコウ等々について。魚の生態学研究四十五年の先生が、「家が傾く」と呆れ顔の奥方を横目に、食い意地と古今の書物漫遊癖を駆使して綴った渾身の、いや絶品の魚食文化エッセイ。

登録情報

  • 新書: 214ページ
  • 出版社: 平凡社 (2000/05)
  • ISBN-10: 4582850413
  • ISBN-13: 978-4582850413
  • 発売日: 2000/05
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 880,305位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

形式: 新書
この本が抱えるメインの問題、
それは読みづらさにあります。
前触れなしに時に古典が出てきたり
歌が出てきたりするものなので
展開を追うのに非常に苦労してしまいます。

その代わり扱っている魚の解説は非常に
おもしろく、ある魚は分類が不全になっていたり
昔ならでは運搬技術の未熟による
中毒への対策などもあります。

ただ、読みづらさがなければ…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 簿記受験生 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/6/27
形式: 新書
俎上にあげられている魚は、フナ、スズキ、ナマズ、マス、サケ、エツ、タウナギ、タツノオトシゴ、ハモ、フグ、イワシ、ホンモロコ、ボラ、ヒラメ、カレイ、カツオ、アユ、アンコウ、ウナギ等々です。これらの魚たちを日本人がどのような料理法で食してきたかを「万葉集」から江戸期の文献に当たり、博学な著者が解説を加えています。
それよりも著者の独特な語り口に注目。もともと雑誌の連載を平凡社新書にまとめたものであるが、雑誌連載中、著者が細君に原稿を読ませると
「この<魚々食紀>だけは義務でなければ、必ず飛ばして読む。読者がいるとは信じられない。」
と言われてしまうぐらいヘンテコリンな文体。まあ、維新前の古文の引用が頻繁に引用されているのは仕方がないとして、現代の学者先生はともかく、歴史上の人物まで「さん」付けで読んでいるで思わす吹き出してしまう(例:与謝蕪村さん、隋の煬帝さん、紀貫之さん、木曽義仲さん等々)。
著者の「人類平等思想」の発露なのか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック