この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法少女リリカルなのはMOVIE1st THE COMICS 1 (ノーラコミックス) コミック – 2010/6/30


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 196ページ
  • 出版社: 学習研究社 (2010/6/30)
  • ISBN-10: 4056070717
  • ISBN-13: 978-4056070712
  • 発売日: 2010/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヨヨ 投稿日 2010/7/1
形式: コミック
最初に注意ですが、
これは「劇場本編を漫画で再現」というコミックではありません。
そのため、「この漫画で劇場版の内容を知ろう」というスタイルで読める作品ではありませんので、そこだけ注意してください。

1〜4話が劇場本編が始まる前のなのはとフェイトの物語、5話からが本編で、読めばわかりますが、劇場本編と違って「ある出来事が起きたせいで、ある展開が発生していない」という状態で進む、完全にパラレルなストーリーです。

上記の点も含めて、基本的に劇場を見た人向けのコミックです。 

ただその分、劇場を見ている人にとっては
「あの子のやるせない涙」や「あの人とあの子の悲しい親子関係」
「けなげで切ないあの使い魔の姿」など、見所や補完要素が沢山あります。
バトル描写も相変わらず迫力がありますので、
 
《劇場版を見た人ならオススメ。また見てない人は劇場を見てからどうぞ》
 
です。
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ライチ 投稿日 2010/7/9
形式: コミック
劇場版リリカルなのはを観た人ならより一層楽しめるコミックス
逆を言えば、コミックスのみの読者にはぜひ劇場版を観る事をおすすめする

双方に良い所があるのだが、劇場版とコミック版は表裏一体
2つを見る(読む)事で本当のテーマに辿りつける構成となっているためだ

印象としては劇場版に小説版リリカルなのはの要素を足し、再構成した内容だが
脚本は都築真紀氏自らが出掛けているため心配はない
作画は「リリカルなのは」のコミックを過去に4冊手掛けた長谷川氏なのでファンには安定感がある

1巻で終るかと思われていたコミック版だが2巻もあるとの事
劇場版とは少し違った、けれど、根底にあるテーマはゆるがない
そんなラストを期待せずにはいられない
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 イルカ軽い 投稿日 2010/7/2
形式: コミック
まさしく劇場版を観た人のコミックです。
アニメ版でも劇場版でも描かれていない、けれど裏ストーリーというには勿体無い物語が楽しめます。

アニメ版の後のサウンドステージがそうであったように、劇場版はこのコミックまで読まないと終わらない、そんな感じです。

そして、DVD&BD発売が益々楽しみになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 パピリン 投稿日 2010/7/2
形式: コミック
劇場版なのはTHEMOVIE1stのコミカライズとのことですが、途中から劇場版とは違う展開になっています。

プレシアやリニスやなのはの能力デバイスの気持ちのことなどが深く描かれていて映画とは違った角度でたのしめます。

変身シーンは必見!かっこいいです。 2巻が楽しみ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: コミック Amazonで購入
映画、アニメ共に視聴済みの上で購入しました
まずこの作品は他のレビューにも書いてあるとおり
movie1stの内容をそのまま漫画にしたというわけではなく完全に別の内容になっています。
なのはの苦悩する姿やフェイトの成長の経緯など、映画やアニメとはまた違った視点からの描写があってとても新鮮味を感じました。
私はなのはシリーズのバトルシーン(熱いシーン)が大好きなのですが
この作品はなのはとフェイトのバトルシーンがとてもかっこよく熱く書かれているので良かったです。
また、フェイトの家庭教師リニスの話も書かれています。
個人的にリニスは大好きなキャラなのでとても読みがいがありました。
もう少し書きたいのですが、あまり書きすぎるとネタバレになりかねないのでここまでで(笑)
とにかく、映画やアニメを見た方は必見のコミックだと思います。
評価はもちろん☆5で!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック