Amazon Kindleでは、 魔法少女おりこ☆マギカ 1巻 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 710
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
魔法少&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) コミック – 2011/5/12

59件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 710
¥ 710 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) + 魔法少女おりこ☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) + 魔法少女おりこ☆マギカ [別編] (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
合計価格: ¥ 2,130
ポイントの合計:  69pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


Amazonで直接、商品を販売
出版社様が商品を委託し、常備することができる 「e託販売サービス」。売り逃し防止に、ぜひご活用ください。

登録情報

  • コミック: 146ページ
  • 出版社: 芳文社 (2011/5/12)
  • ISBN-10: 4832240161
  • ISBN-13: 978-4832240162
  • 発売日: 2011/5/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (59件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

86 人中、75人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 最果ての人 投稿日 2011/5/16
形式: コミック
本編を全話視聴してます&コミカライズされているのは全部買ってます。
で、おりこ☆マギカなのですが・・・

ストーリー自体は、けっこう面白いと思うんです。先の展開が気になるし、マミさんと杏子がメインとなっていて、二人の活躍が見られると思うと嬉しいです。ただ・・・絵が。どうしても、絵がダメな人もいると思います。正直、この絵を「癖が強い」とか「個性」とか言うのが躊躇われるレベルだと。個人的には感じてしまいました。でも、それ以上に先の展開が気になるので次の巻も買うつもりです。

絵についてはかなり否定的な意見も多いと思いますが、所々可愛い絵もあるんですよね・・・次の巻に期待します。

追記

本編の続編である『新編 叛逆の物語』を見ました。
新編に触れようと思うと、どうしてもネタバレ全開になってしまうため多くは述べませんが叛逆の物語を見た方は、おりこマギカの一読をお勧めしたいです。
本作が発表された当時はまさかこんなことになるとは思いませんでしたが、新編が公開された今、この作品は再評価されてもいいのではないかと思います。
キリカ・おりこの在り方とほむらの在り方、それらの対比・比較は肯定するにせよ否定するにせよ既に様々述べられていたと思います。
しかし、今おりこマ
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
55 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しましましっぽ 投稿日 2011/6/19
形式: コミック
話の筋は良い感じなのですが、とにかく画力が足を引っ張っています。
画力というのはこの場合、デッサンだけでなくてマンガとしての説得力を持つ表現の仕方のことですが、
コマ運びといいアングルの変化といい、凡庸なだけでなく分かりづらいものになっています。
もちろんデッサンもかなり怪しく、個性で片付けられないようなコマもいくつか。
また、ほとんど背景が無くてやたら白かったりトーンでごまかしたりしていますね。効果も線よりトーン
が多用されている割に削りがヘタで、貼っただけの使い方も多い。何を描いているのか分からないコマも
あります。

見る者の目線方向を無視した絵の流れはぶつ切り感があふれ、見せ場にするコマを効果的にする対比なども
ほとんどされず、シーンによっては場違い感さえ感じるような孤立したコマがちらほら。
ロングとアップのバランスも悪く、何をやっているのかよく分からないシーンも多々あるので、雰囲気で
読んでいくしかありません。

これはもう商業誌レベルではないと思います。アマチュアが編集の意見を通さずに好きなように描いた本
にしか見えません。
お金を出して買った自分が情けなくなりました。2巻は買わないと思います。

余程強力に脳内補完できる人以外は買ってはいけませんよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/4/2
形式: コミック Amazonで購入
魔法少女まどか☆マギカは、アニメ全話はもちろん、ドラマCDの3話、漫画版、小説版、全部観た/読んだ者からの意見です。
この、おりこ☆マギカも、2巻まで買って読んでいます。

この作品のレビューは、「絵が酷い」派と、「絵は個性だ」派に分かれています。
ストーリー自体は評価できるものだと私は思いますし、実際、ストーリーを問題にしているレビューは少数派です。
絵が特徴的であることは確かです。自分は絵を描く側の人間ではないので、漫画家のスキルの高低は分かりません。

しかし、マミさんや杏子を含めてキャラクターが可愛らしく見えない時点で、魔法少女まどか☆マギカのスピンオフとしては完全に失敗していると思います。
魔法少女まどか☆マギカは、元々、蒼樹うめの「可愛らしいキャラクター」と、虚淵玄の登場人物が死ぬ「暗い脚本」のギャップを狙った作品であると思います。
別に、蒼樹うめのような手法でキャラクターを可愛らしく見せる必要はありませんが、この作品は、キャラクターを可愛らしく見せようとした形跡がありません。
まどか☆マギカのスピンオフである時点で、脚本が暗い内容であることは読者には想定できるのですから、絵を可愛らしくしなければ、まどか☆マギカの基本的なコンセプトである、絵柄と脚本のギャップが完全に崩れ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
81 人中、67人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 (´∀`) 投稿日 2011/5/14
形式: コミック
各人言われている通りなのですが、絵の癖が強すぎます。
背景・人物などの描写も独特すぎて何をしているかが伝わりづらく内容が頭に入り難く思います。
特に見せ場である魔女との戦いも動きがなくがっかりでした。
また魔女のデザインもまどかと比べてしまうとどうも魔女らしさが感じられません・・・。

作者さんの描かれている絵を見る限り癖を抑えめに描く事もできるようですし
もう少し描写を丁寧に描き上げていただければと思います。
オリジナルストーリーということで1巻の内容を読む限りオリキャラ達が
どう動くのかが気にはなるのですが、自分は絵が受け付けなかったので2巻以降の購入は見送ります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック