通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
魔法でわかる「労働法」 ―間違いだらけの労働現場― がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★2011年1刷。帯有り。★カバー:軽い使用感が有りますが良好です。★ページ:めだつヨゴレ・書き込み等は無く良好、開きクセも無く、読みあとの少ない本です。◆返品返金保障付きですので安心してご注文下さい。◆ポリエチレン袋入・FBA管理シールはその上から貼付しております。◆通常送料無料/Amazonが商品の保管、梱包、発送を行いますので、安心・迅速・丁寧です。◆日時指定・お急ぎ便・コンビニ支払い・着払い等の各種お支払サービスをご利用頂けます。【万が一、品質不備があった場合は、Amazonカスタマーサービスが対応致します】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法でわかる「労働法」 ―間違いだらけの労働現場― 単行本(ソフトカバー) – 2011/9/22

5つ星のうち 3 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
¥ 1,500 ¥ 150

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔法でわかる「労働法」 ―間違いだらけの労働現場―
  • +
  • 恋する日本国憲法 (ナレコミ)
総額: ¥3,043
ポイントの合計: 30pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

多岐にわたる労働法の取り扱うテーマの一部の内容にスポットを当て、現役社労士がマンガで解説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

曽利/和彦
特定社会保険労務士。広島県出身。専門学校卒。25歳の時、勤めていたブラック企業で労働トラブルに巻き込まれ退職に追いやられるが、独力で会社と交渉して解決。そのときに、労働法と社会保険労務士について知る。29歳まで不動産会社の法人営業職で働き、その後、社労士試験に合格。特定社会保険労務士として様々な労働トラブルを解決している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 190ページ
  • 出版社: ハーヴェスト出版 (2011/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434159607
  • ISBN-13: 978-4434159602
  • 発売日: 2011/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.1 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 418,557位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 漫画で読める実用書ということで、実際漫画なので大変読みやすいです。
 ただ著者はまったく絵が描けない人で、この漫画は「コミPo!」というソフトウェアを使って描かれています。ですから「漫画としてのクオリティ」を求めると残念な思いをします。あくまで「文字ばっかりよりは読みやすいでしょ」という本です。
 確かに「労働法とは」はわかりやすいです。でもそれだけです。本書ではいろいろな労働問題を扱っていてそれがストーリー仕立てになっているのですが、たとえば「有給休暇をとったらボーナスが下がった」という事例に対して、主人公の女子高生は、社労士をしている姉に「有休をとるのは労働者の権利」という話を聞いた後「マジカル〇〇〜!」と魔法(!)を使います。後日くだんの上司はボーナスを上げてくれました、というオチ。すべてがこうです。確かに法律がどうなってるのかはわかった、でもその不当である現実に、どう具体策をとれば解決できるのか、が示されません。どこに申し立ててれば良いのか、どのような段取りを踏めば良いのか、が知りたかったんですけど。そこまで求めるとこのボリュームではおさまらないのでしょうかね。個人的にちょっと期待外れだったので☆2つです。
 他の事例は「高校生だからと最低賃金より低い賃金で働かされてる」「酔って警察のお世話になったら懲戒解雇」「過労死しそうなくらい働かされて
...続きを読む ›
コメント 13人中10人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
顧問の社労士の先生から労働基準法勉強のためにといただいた本です。
マンガで読みやすく素人の私にはちょうど良かったです。続編があると嬉しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック