中古品
¥ 150
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 宮 本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少の使用感はありますが外観上、比較的キレイなものを販売しております。 (書き込みやマーカーがない状態※中古の性質上、気にならない程度の日焼け・ 折れ・シミや帯の付属なし等ある場合がございます) 万が一、品質不備の場合は返金対応致します。 丁寧に梱包しての発送を心掛けておりますので、ご注文お待ちしております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魅惑のミャンマー投資 単行本 – 2008/5

5つ星のうち 3 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 150

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“普通の国”に向かうミャンマー。そこはアジア投資の最大の穴場といっても過言ではない。『ASEANプラスワン』として、ミャンマー投資を検討する企業も急増中。ミャンマー投資の必読書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松田/健
1947年7月18日、香川県小豆島生まれ。71年上智大学法学部卒業後、24年間、日刊工業新聞の記者として活躍。95年からフリーに。年のほとんどをアジア各地での取材活動に費やし、アジア・ビジネス・コンサルタントとしても活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 262ページ
  • 出版社: カナリア書房 (2008/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778200667
  • ISBN-13: 978-4778200664
  • 発売日: 2008/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 667,939位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
21世紀になって読んだ本のなかでは最高に誤植が多かったです。
「てにをは」も結構でたらめ。
表に「豪州」と「オーストラリア」があるってどういうこと?
マレーシアドルとか唐突に出て来るけど貨幣価値がわからない。
編集者は仕事したんですかといいたいです。

内容はあちこち視察に同行してルポしたんだなあということは
伝わってくるのですが、筆者独自の視点とか解説は無くて、
今イチ説得力に欠けます。

サイクロンの直前ということもあり、
その後のミャンマー情勢は劇的に変わっている可能性があるということを前提として
読まれるべきだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今まさに変革の最中にあるミャンマー。 これからビジネス・チャンスが拡大していく可能性のある数少ない国のひとつのようですが、欧米の制裁に無策に従ってしまった結果、日本には残念ながらミャンマー自体についてきちんとまとめられた情報(本)がほとんどありません。 

本書はまさにミャンマーとの<ビジネス>を中心に書かれているものです。 マイナス要因やリスク要因についてあまり書かれていないので、内容に100%満足できませんでしたが、ミャンマーを知る最初の入門書としては十分であると思われます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック