魁!!男塾 スタンダード・エディション [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

魁!!男塾 スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.5 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,040
価格: ¥ 4,010 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,030 (20%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,675より 中古品の出品:14¥ 579より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 坂口拓, 照英, 尾上寛之, 山田親太朗, 田中哲司
  • 監督: 坂口拓
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2008/05/14
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0015RTEYU
  • EAN: 4988021130677
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 66,234位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

男になれ。
ひとつ!!男は質素を旨とすべし!
ひとつ!!男は忠節を尽くすべし!
ひとつ!!男は武勇を尊ぶべし!

世界に発信するジャパニーズ・アクション・エンターテインメント誕生!
色なし、恋なし、情けあり。熱き男たちの激闘の伝説が幕を開ける!

■2600万部を超える人気コミック「魁!!男塾」が、破天荒な超絶バトルごと、実写映画化!!
■CG無用のリアルアクションが炸裂する!!第三世代アクションの旗手坂口拓、待望の初監督!!
■日本の何処かにあるという、武士道精神を継承し真の男に育てる私塾、男塾。
■大注目!激似キャスト

【スタンダード・エディション仕様】
本編110分+特典約20分
税込¥5,040(税抜¥4,800)
<映像特典>
放送用特別番組(約20分)、劇場用予告編、スタッフキャストデータ付き
※リバーシブルジャケット仕様、ピクチャーレーベル


<出演>坂口拓 照英 尾上寛之 山田親太朗 田中哲司
榊英雄 菅田俊 ナレーション:千葉繁
<監督・脚本>坂口拓
<原作>宮下あきら「魁!!男塾」(集英社刊)
<主題歌>ザ・バックホーン「刃」
<製作>「魁!!男塾」製作委員会
<制作・配給>ゼアリズエンタープライズ

(c)宮下あきら/集英社・「魁!!男塾」製作委員会2007

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

80年代後半に週刊少年ジャンプで連載された同名コミックを、坂口拓が主演と監督をこなして実写映画化したバトルアクション。真の男を育てる「男塾」に入塾してきた男たちが、地獄のしごきと激闘の日々に耐え成長していく姿を熱いタッチで描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

CSで放送したのをたまたま観たんですが、予想外に面白かった。
最初から最後までテンポがよく、またアクションにCGを使ってないようで、本物の迫力を感じました。
ひ弱な感じな赤石剛次以外は、キャラクターもなかなか似てると思う。
こんな映画があったことをいままで知らなかったわけですが、ちゃんと宣伝したのかな。
マンガを知らない人が観ても楽しめる、いい映画だと思うんだけど。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
他のレビューでも書かれてますが、とにかく富樫の照英さんがすべてにおいて文句なし!素晴らしいです。 後はナレーションの千葉繁さん。 この2人だけで買ってよかったと思えました。 他にキャラのビジュアル面に違和感がないのは、鬼ヒゲ、秀麿呂、田沢、松尾、江田島、飛行帽、飛燕(順番)ですかね。
主人公の桃役・坂口さんは話し方や雰囲気などよく桃を演じてられるとは思いますが、いかんせん宮下漫画のキャラを演じるには線が細過ぎます。映像作品である以上絵面がどうしても先に気になってしまいました。 伊達、明石(しかも弱すぎ。伊達のかませ犬扱い)、虎丸、月光は演技云々じゃなく見た目からすでに無理がありました。 特に虎丸、可愛い過ぎるんですよ…。

ただ、男塾の昭和臭い世界観や入塾式・2号生との対面式・日常の授業・油風呂・驚邏大三凶殺のエピソードに加え、秀麿呂と富樫のオリジナルエピソードまでを二時間弱にまとめた製作陣には拍手。 漫画を実写化して失敗だらけの昨今においては、ずいぶんまともな方だと思います。 監督・主演の坂口さんが作品のファンだからでしょうね。 リアルタイムで原作もアニメもカセット文庫もみてきたファンとしては買って後悔はなかったです。

最後に、この作品に中島知子が出てくる理由がまったくわかりません。 業界絡みの何かですかね? あったとしても、一視聴者的には知ったこっちゃないので困ったもんでした。
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
塾長や教官、男塾1号生の主要なメンバーは見た目ソックリで笑えます。
特に富樫は演技面でも存在感でも主役の剣桃太郎を完全に喰っており、
どっちが主役かわからないくらいの存在感。

キャラの中で一番残念だったのが2号生筆頭の赤石剛次。
原作で赤石を初めて見たときは北斗の拳のラオウか?
と思ったほどで、個人的に好きなキャラなのですが
この映画ではただのコスプレ芸人で、迫力の欠片もありません。

この作品の監督兼主演の坂口拓さんと伊達臣人役の方は
リアルアクションを売りにした方で、
一部CGを使っている場面もありますが、
剣桃太郎の戦闘シーンでは一切CG、ワイヤーが使用されておりません。
最後の伊達臣人との死闘はそういう意味で結構迫力あります。
しかし、男塾は普通の人間の集まりではないので、
どんなに迫力あるリアルアクションも少し物足りなく感じました。
戦闘シーンを誤魔化すためではなく、
迫力あるリアルアクションの味付け程度にならCGを使っても
良かったのではないか?と思います。

でも、魁!!男塾ファンならそこそこ楽しめると思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 邪戯 投稿日 2008/6/3
映画自体は観る前からチープな作品だと想像はついていたので、まぁ許容範囲内ですかね。

しかし俺自身、坂口のアクション目的で観たので、物足りなさは否めなかった。
もう少し坂口の本物のアクションが見たかったかなと…
やはりアクションに定評がある坂口拓なんで、役者に専念したほうがいいのではないか。
監督はちょと早かったね

まぁこの作品でもっともいい味だしてたのは、やはり照英ですね
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 沼次郎 投稿日 2016/4/14
つまらない実写化のいい例ですね
男塾ファンからしたらモヤモヤしか残りませんよ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作の初期のファンだったため、処分品セールで本作品を発見した時に飛びつきました。
ジャンプの漫画が実写映画化されるとほとんど駄作になりましたが、本作もやっぱり駄作でした。
最初の30分は普通に観ましたが、その後は早送り。それでも最後まで観れませんでした。
もともと荒唐無稽な原作なので、そのまま実写映画化できるわけないのはわかります。
でも原作ファンを喜ばせようとか、観客を楽しませようという気持ちが感じられず、適当に映画を撮っているなという気がしました。
がっかりするのは赤石と桃の死闘の場面です。舞台である男塾の校庭でブランコや雲梯が映っています。こうなると遊具が気になって映画に集中できません。
また、他の方が指摘されているように、漫画の登場人物を演じるには役者の線が細すぎ違和感があります。
安く買ってしまいましたが、時間がもったいなかったので人には勧められません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック