Would you like to see this page in English? Click here.

買い取りを申し込む
最大 ¥ 1,232分のAmazonギフト券
買取
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
鬼畜 [DVD]
 
イメージを拡大
 

鬼畜 [DVD]

岩下志麻, 緒形拳, 野村芳太郎 DVD
5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (45件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


おすすめ情報:【最大70%OFF】DVD・ブルーレイセール(2014年5月31日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。
Visit Amazon Instant Video
映画やドラマが今すぐお楽しみいただけます : Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるサービスです。 PCやKindle FireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 岩下志麻, 緒形拳, 蟹江敬三, 田中邦衛, 大竹しのぶ
  • 監督: 野村芳太郎
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • DVD発売日: 2005/11/26
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (45件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000BKJF3W
  • EAN: 4988105046306
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 35,714位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

松本清張が事実を基に書き下ろした傑作小説の映画化。現実の壁にぶつかり、惰性へと身を任せていく父親と、どこまでも父を思い続ける息子の親子の絆を描く。出演は岩下志麻、緒形拳、岩瀬浩規ほか。

レビュー

製作: 野村芳樹/野村芳太郎 監督: 野村芳太郎 原作: 松本清張 脚本: 井手雅人 音楽: 芥川也寸志 出演: 加藤嘉/蟹江敬三/岩下志麻/緒形拳/小川真由美/大滝秀治/大竹しのぶ/田中邦衛/浜村純/鈴木瑞穂/岩瀬浩規/吉沢美幸/石井旬
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
25 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 荒野の狼 トップ500レビュアー
形式:DVD
松本清張原作に基ずく、サスペンスと人間ドラマです。時間は110分と適当です。タイトルと緒方拳、岩下志麻主演というと激しい凄惨な内容が予想されますが、血が出るなどの残酷シーンはなく、恐ろしさは精神的なものです。アメリカ販売のDVD(The Demon)では“ヒッチコックのような“という表現がとられています。実の母親の小川真由美に捨てられた3人の子供に次第に殺意を抱いていく緒方と岩下ですが、何気ない出来事が殺意につながるシーンや、犯行にいたる直前の親と子供との間に生ずる緊張感がこの映画の最高のサスペンスです。最後まで抑えた演技の緒方、美しいだけに怖い岩下の主役に加え、人のいい蟹江敬三、婦人警官の初々しい大竹しのぶなど脇役も光ります。人間ドラマとして終わらず、さすが松本清張と思わせるトリックも楽しめますので、ミステリーファンにもお薦めです。性描写は穏当で、犯行そのものの残酷シーンはありませんので、小学生高学年くらいからの鑑賞が適当です。最後に、あくまで、スリラー・サスペンス映画ですので、最小限の予備知識で鑑賞するのが適当です。その点で、商品説明などにストーリーの9割が書かれていることがありますので注意が必要です。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:DVD
確か小学4年生か5年生のとき、月曜ロードショーで部分的に見ました。 長女が東京タワーに置き去りにされるあたりから長男が海に捨てられるところまで見た記憶があります。 とにかく強烈な印象を受けました。主演の男優さんが(当時はもちろん名前も知りませんでした)なんだか気持ちの悪いニヤニヤ笑いをしていたかと思うと突然怒鳴ったり、あげくは泣きべそをかきだしたりー。 子供心にもなんか、すごく見てはいけないものを見たような気にさせられました。 それまで自分にとって映画というのは、ただただ楽しくて面白いだけのものだったのですが、その概念をすっかり覆されてしまった作品です。 今見直してもやはり緒方さんの演技はすごいと思うし、それに私自身子供たちが可愛いと心から思える年代になってきただけに、捨てる方と捨てられる方両方の痛みがわかって、切ないです。いやはや、日本映画はやっぱりすごい。

小川真由美さんが緒方さんと岩下さんの家に泊まり込んで、夜中についにキレる場面で、3人全部をミドルで捉えたショットー、監督、カメラマン、女優まで“八つ墓村”のメンバーなのでもう怖いの何のってー。 
このレビューは参考になりましたか?
26 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 「親子」という呪い 2006/8/7
形式:DVD
この映画で「鬼畜」と呼ばれ告発されているのは一体誰だろう。

邪魔な隠し子の始末に手を染める夫婦なのか。

男の口車に乗って産んだ子供を捨てた愛人なのか。

それともそんな奴らの存在を許してしまったわれわれ、全ての大人なのか。

親になりたい人にはぜひとも見ておいて欲しい作品。

緒方拳を始めとする俳優陣の演技も子役のトラウマになりやしないかと

心配になるほど鬼気迫るものだが、刑事たちの怒りと

大竹しのぶ演ずる婦警さんの暖かさに救われる。
このレビューは参考になりましたか?
24 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 泣けた 2006/11/25
形式:DVD
腹黒い大人とは対象的に、子供が純粋でどこまでも健気である事に泣けた。虐待シーンや、緒方拳が子供を置き去りにする場面など真に迫り過ぎて胸がつぶれる思いがした。ここまでショッキングで哀しい作品は滅多にないと思う。
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By ゆでめん VINE メンバー
形式:DVD
テレビの前で感情移入せずにいられませんでした。もう20年以上も昔のことです。これ以上はこのような場に相応しくないので割愛しますが、緒方拳演ずる自分の欲望優先に生きていく「鬼畜」が、奔流のように情愛と悔恨を剥き出しにさらけ出すクライマックスには、正直涙が止まらなかった。それは正しく一つの救済であり、未来への希望でもあったのでしょう。
ラストで婦人警官役の大竹しのぶが放つ、主人公の長男への励ましの台詞も忘れられません。当事者にはキツイ一言であっても、誰もが相応の重責を担って生きているのだと思い知らされます。翻って、当時と比較すれば相対的には明らかに恵まれた現在、このような作品がどこまで訴求力を持ちえるものか、実に興味深いところですね。
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:VHS
犯罪者を演じたらこの人の右に出る者無し、トレンディドラマの学芸会の様な演技で、俳優や女優が通用する様なこの国のドラマ・映画界で、本物の演技派と言えば数えるほどしか居ない。緒方拳はそんな稀少な役者の筆頭で有りましょう。男のだらしなさ情けなさ弱さと卑屈。そんな鬱屈を背負ったダメ男が、追い詰められてゆく様は鬼気迫るものがある。「動物と子供と競演すると食われる」などとよく言われるものだが、二人の子役も実に達者。めかけの小川真由美の苛立ち、岩下志摩が赤ん坊に飯を食らわす迫真のシーンなども、あの赤ちゃんトラウマにならなきゃいいが...と思わず心配になってしまう。ともかく見事な役者陣により、この悲劇は成立している。確かにラストの歌はちょっとねぇ...なのだけど、主人公が振り向きざまに点灯する東京タワーの俯瞰とか、新幹線の窓から見え隠れする東京タワーとか、野村芳太郎監督は淡々と物語りながらワサビをちゃんと利かせている。とにもかくにも役者・緒方拳の凄みを見る傑作であります。役者を目指す方々は是非観ておくべきでしょうし、ドメスティックバイオレンスとか子殺しが日常茶飯事の昨今、見直され再評価されるべき本作であるのかも。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 悲しいし、怖い。
タイトル通り、悲しいし、怖い。辛い。岩下志麻さんも小川真由美さんもあまりに凄すぎる。逆に緒形拳さんが喰われてる。子役もリアリティーある。いやぁ頭から離れない、最後... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 玉山文彦
5つ星のうち 5.0 ある意味「誰も知らない」。
虐待という同じテーマを扱った作品です。
こちらは、直接的な虐待。
「誰も知らない」はネグレクト。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: エンド
5つ星のうち 5.0 私的、野村監督最高作品
わたくしがこの作品に出会ったのが18の時。てっきりホラー映画の類いか?と劇場の椅子に座したのです。(苦笑)やがて本編が始まり、此はえらい映画だと…。岩下さんのキレ... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: ぬけさく与平
5つ星のうち 5.0 購入した
緒方拳の鬼気迫る名演技と、父と子の葛藤は永遠のテーマである。
投稿日: 11か月前 投稿者: ケンケン社労士
5つ星のうち 5.0 子役の演技がすばらしい。
冒頭、愛人と本妻の対決シーンの迫力で一気にのめりこみます。子供の頃に断片的にTVで見ていたのですが今、見直すとこういう話だったのかとびっくりでした。一見する価値の... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: キムチチャーハン
5つ星のうち 5.0 トラウマCM……
『弟は死んだ……妹は棄てられた……』ナレーションと一緒にブランコに乗っている子どもたちが、次々に消えていく……... 続きを読む
投稿日: 18か月前 投稿者: 惠子
5つ星のうち 5.0 優柔不断
優しさ…という、人に好まれる言動の裏側に潜む罠について、考えてみたことがあるでしょうか。... 続きを読む
投稿日: 23か月前 投稿者: 亜紋
5つ星のうち 5.0 古いけど、古くない。
多分20年ぶりくらいに観てみた。
確かに子役の演技が×、というのはあるが、冒頭、三人の子連れ・小川真由美が... 続きを読む
投稿日: 24か月前 投稿者: hatcho_bori
5つ星のうち 4.0 清張+野村+怪物俳優のトライアングル!
松本清張の作品+野村芳太郎監督+怪優!
このトライアングルは、切れるナイフ。... 続きを読む
投稿日: 2012/3/27 投稿者: ふとん
5つ星のうち 5.0 リアリティ
松本清張原作ですが、推理ものの要素はほとんどありませんでした。... 続きを読む
投稿日: 2011/9/3 投稿者: こやすみちこ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xad55ea08)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック