Amazon Kindleでは、 鬼灯の冷徹 壱 モーニング KC をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 596
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
数量:1
鬼灯の&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鬼灯の冷徹(1) (モーニング KC) コミック – 2011/5/23


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

鬼灯の冷徹(1) (モーニング KC) + 鬼灯の冷徹(2) (モーニング KC) + 鬼灯の冷徹(3) (モーニング KC)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容説明

あの世には天国と地獄がある。
地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。
そんな広大な地獄で日々さまざまなトラブルに対処する鬼神がいる。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯である!
冷徹でドSな鬼灯の仕事ぶり、とくとご覧あれ!

あの世には天国と地獄がある。地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯である。冷徹でドSな鬼灯とその他大勢のわりかし楽しげ地獄DAYS ! 作品内の地獄が楽しそうだからって、現世で悪いことしないように!

著者について

江口 夏実
2010年、『非日常的な何気ない話』で第57回ちばてつや賞佳作を受賞。
その中の一編「鬼」に登場したキャラクター・鬼灯を主人公にした『地獄の沙汰とあれやこれ』が「モーニング」2010年32号に掲載されデビュー。
その後数回の掲載を経て、タイトルを『鬼灯の冷徹』と改め連載開始!

登録情報

  • コミック: 128ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/5/23)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4063870170
  • ISBN-13: 978-4063870176
  • 発売日: 2011/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (75件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

28 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ひー 投稿日 2014/2/5
形式: コミック
扉絵、背景の細かい描き込みは見ててワクワクします!
壁、床、服、キャラクターの所持品等、細かく作り込まれてるなぁと思いました。

個人的に女の子のマツゲと、髪の描き方がすごく好きです。動物もかわいい。

アニメよりシュールで独特な雰囲気があり、私はアニメよりも原作の方が好きでした。

キャラクターや世界観が、読めば読む程奥深くて、愛着が湧きます。
でも「ギャグ漫画」を期待して買うと、ちょっと残念に思われるかもしれません。

キャラクターがワイワイしてる所をまったり眺めたい人は是非!おすすめです。

1巻はそこまで印象には残らない作品かもしれませんが、じわじわ面白くなっていきます。
1巻だけで切ってしまうのはとても勿体無いとファンとしては思うので、5巻以降の皆さんのAmazonレビューも参考にして頂けると嬉しいなと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sawamura 投稿日 2014/1/1
形式: コミック Amazonで購入
あらゆる創作物がそうでしょうが、その人の好みに合うかツボかどうかで評価ががらりと変わります。
ただの欠けた壷でも見る人が見れば芸術品、鼻が割れた仏像でも美術品になり得ます。
ギャグものは特にそうで、合わない人にはさっぱりわからず、むしろ嫌悪感すら抱くでしょう。
この漫画もそれに当てはまります。
第一巻の第一話を読んで笑えれば、面白いと思えれば、この漫画は大丈夫です。
私は一話目からゲラゲラ笑ってましたのでツボだったようです。
もし興味をお持ちになったら、ネットで公開されている第一話をお読みになることをオススメします。
そこでハマったら買ってみましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
111 人中、75人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 なお 投稿日 2012/10/13
形式: コミック
 ◇『聖☆おにいさん』との設定の類似
 ◇絵柄の独特さ
 ◇笑いどころの得にくさ
レビューに散見される以上の項目を自分も感じていました。1巻の読み始めあたりは。

ところが巻を進めて、その世界観や背景設定、キャラクターの拡充と深化がすすむにつれて
実に味わい深い作品に変貌していきます。これには驚きました。
ほどなく1巻から読み直すことになるのですが…

すると最初はなんのこっちゃと感じていたアレやこれが
実に巧みな計算と伏線で構成されていることが判明してきます。
たとえば、2巻の「第七話」で登場する某有名怪談の犯罪者が
すでに1巻「第一話」のカラーページで指名手配されていることが明記されているとか。
作中のアイドルの電話番号と、それにまつわるその後の展開とか。

また、この作品の下敷きになっている日本文化とその他界観について、
和歌で言うところの「本歌取り」の効果が存分に発揮されています。
知らなくてもそれなりに楽しめるのですが、
元ネタを知っていると「べき乗」級の楽しさが味わえる、深い深い仕掛けです。

自分はちょっとだけ富士山の文化史をかじっているのですが
コノハナサクヤ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
51 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 田代真里 投稿日 2014/2/1
形式: コミック
TUTAYAのおすすめになっていたのを思い出して購入したのですが、
(好きな人には申し訳ないのですが)自分には全く面白く感じませんでした。
ひねりがないというかなんというか…ギャグが見え透いてて押し付けがましく、
下手な芸人のコントを見ているような気がします。
ただ、ほかの方もおっしゃっているように、テーマやキャラ設定は斬新で面白いと思います。
肝心のギャグがおもしろくなればもっとよくなると思うのですが、残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
140 人中、90人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ナキャコウ 投稿日 2012/1/3
形式: コミック
漫画好きコミュニティ内で評価が高いので試しに購入。

なんだろう、自分には合わないタイプのギャグでした。
個人的に好きなギャグ漫画はシュールギャグや少々の毒が効いているネタ、パロディなどですが
この作品のギャグはこれらの趣味とは噛み合いませんでした。

「テルマエ〜」や「聖お兄さん」などのタイプがツボな方にはいいかもしれません。
もちろん上記の作品の方が何倍も笑えますが。

久米田康治や沙村広明のギャグが好きな人(自分)にはオススメできません。

絵は微妙、表紙買いするとギャップに戸惑います。

誤解を恐れずに言えば、これで笑える人はたいていの作品で笑えると思います。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック