この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

高級ブランド戦争―ヴィトンとグッチの華麗なる戦い 単行本 – 2002/11


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 157


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

商品説明

   ヴィトン、グッチ、エルメス、プラダなど、狂乱する高級ブランド人気と業界内の熾烈な競争を、世界的スケールで暴いてみせた衝撃作である。ヴィトンはじめ約40社を有する世界最大規模の複合ブランド企業、ルイ=ヴィトン・モエ=へネシー会長のベルナール・アルノー、グッチ社長のドメニコ・デ・ソーレ、ディオールの主任デザイナー、ジョン・ガリアーノなど、華やかな舞台の表と裏で跋扈(ばっこ)する人物も多彩に紹介しながら、圧倒的な緻密さと迫力、スピードで展開させていく。

   著者は、高級紙「フィガロ」の経済部門の副編集長で、フランス人ジャーナリストのステファヌ・マルシャンだ。ワシントンやイスラエル駐在の経験もあり、国際感覚を持ち合わせた抜群の経済通として知られる一方、フランス人特有の美意識で、狂騰するブランドビジネスの功罪に斬り込んでいく。また、「世界で一番ブランド好きな民族」と揶揄(やゆ)される日本人のなりふり構わない購買欲に、痛烈な批判を浴びせる点も見逃せない。

   華麗なビジネスの裏側の想像を絶する戦争は、どんな超一流メゾンであっても一刻たりとも安穏とできない弱肉強食のサバイバルゲームである。買収、ライセンス取得、訴訟、倒産、広告戦略。膨大なビッグマネーが瞬時に動く戦慄の舞台裏を一度覗いてしまった者は、この先街で目にする華やかなブランドアイテムを、非常に複雑な思いで見つめてしまうだろう。(田島 薫)

内容(「BOOK」データベースより)

一流ブランドの光と影。熾烈なる舞台裏。

登録情報

  • 単行本: 388ページ
  • 出版社: 駿台曜曜社 (2002/11)
  • ISBN-10: 4896921976
  • ISBN-13: 978-4896921977
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 437,832位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2005/4/3
形式: 単行本
この本の主役は、ディオール、グッチ、イウ゛・サンローラン、プラダ、シャネル、
バーバリーといったファッションのトップブランドたちだ。
そこにアレクサンダー・マックイーン、ジョン・ガリアーノ、ジル・サンダー、アズディン・アライヤ、
ジャン・フランコ・フェレ、カルバン・クライン、アルマーニ、ベルサーチ、ピエール・カルダンといった
デザイナー(本の中ではスタイリストという肩書き)が総出演している。

著者の関心は、徹底してそのビジネス的側面にある。
いかに彼等が作る服が創造的かなどということには、一行も言及していない。
その分、グッチのトム・フォードの契約内容とか、彼がどれほどの富をいかにして得ているかとか、
ジル・サンダーの身売りがいかに行われ、どのように速攻決裂したかなどが具体的数字と共に述べられている。

本は、世界のブランドビジネスをリードするLVMHと、その敵陣営であるグッチグループが
激しく敵対的買収合戦を繰り広げるところから始まる。
これに比べたら、最近のライブドアとフジテレビのことなど、無邪気な子供のけんかのように見える。
ヨーロッパでは、国ごとに異なる法律の差を駆使して、ものすごい頭脳戦が繰り広げられている。
日本では「本
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yukix24 投稿日 2003/2/27
形式: 単行本
アルノー氏率いる『ルイ・ビトン』・グループと、敏腕デザイナーのトム・フォードの『グッチ・クループ』を中心再編成なった『ブランド』界。虎視眈々と巨大化するミニマムの女王プラダ夫妻、流行なんのそののエルメス一族、中心を失ったヴェルサーチ兄弟のその後、ダイヤモンド界のデビアス、包囲されたスイス時計業界、便乗しようとする化粧品や香水業界…50以上ものチャプターで今日の世界のブランド業界が早分かりできる。仏人の著者の文章も明解でなかなか楽しいが、内容的には日本のビジネス雑誌で断片的に知っているものの集合でしかなく、目新しいニュースは少ない。つくづく、ファッションとは生物なのだ。続編に期待したい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック