この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

馬鹿について―人間-この愚かなるもの 単行本 – 1958/12/10


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 300


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • 単行本: 399ページ
  • 出版社: 創元社 (1958/12/10)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4422930036
  • ISBN-13: 978-4422930039
  • 発売日: 1958/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 319,669位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 take-spring 投稿日 2006/11/19
形式: 単行本
訳者のあとがきによると、精神医学者であるホルスト・ガイヤー(1907-1958)は、カイザー・ウィルヘルム人類学研究所の所員であり、人類遺伝学を専門として研究していたとのことです。筆者は古今至る所にはびこる人間の愚行を「正常の精神活動の範囲を出ない欠陥」として病的な精神状態から区別し、知能(上位概念)と賢愚(下位概念)の二つの概念によって人間の行動を分析する。論述の中には当時のドイツの世相を反映した筆者の体験から発せられる主張も見受けられますが、一方で語られる人間の愚かさについては独自の風刺やユーモアによって学問的成果をくだけた形で伝えています。その誰もが持つ独特な人間性については、結びの「これだけは心得ておくべし(人生の愚かさについての格言集)」に多くが含まれているので、この部分だけを読んでも、あるいはこの部分を読んでから全てを読むべきか判断しても良いかもしれません。ちなみにこの『馬鹿について』(1954)に続いて刊行された『狂気の文学』(1955)がガイヤー絶筆の書に当たります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しにも 投稿日 2014/5/17
形式: 単行本 Amazonで購入
いい本です。
今書いたら……小難しい人々から……の批判が殺到しそうな本ですけど、

こういうのをまじめに書ける時代があったという歴史的意味で良い本。
日本人にとってはあまりなじみのない教養を要求するのは古い本だから仕方ない。

本文なんてとばしていいんでまずは巻末を読もう!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック