通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
風華のいる風景 2 (まんがタイムきららコミックス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: キズ・ヨレ・汚れ・書込みなし。使用感が少なく全体的に良好なコンディションです。中が透けないように梱包いたします。迅速・丁寧な発送。(簡易防水包装)あくまでも中古品です。完璧な状態をお求めの方は、ご遠慮ください。付録、CD、DVD等明記ない場合は無。発送は、ゆうメールです。商品の状態違い、記載ミス等ございましたら遠慮なくご連絡ください。誠心誠意、最優先で対応させて頂きます。 在庫がない場合、ご注文をキャンセルとさせて頂く場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

風華のいる風景 2 (まんがタイムきららコミックス) コミック – 2005/9/27

5つ星のうち 5 2件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 風華のいる風景 2 (まんがタイムきららコミックス)
  • +
  • 風華のいる風景 1 (まんがタイムきららコミックス)
総額: ¥1,400
ポイントの合計: 26pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

好奇心旺盛な大城風華は、とある街の中学生。時には笑顔、時には悲しみに涙する人々と風華が交差する——。大井昌和が描くハートフルストーリー待望の第2巻!


登録情報

  • コミック: 156ページ
  • 出版社: 芳文社 (2005/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832275488
  • ISBN-13: 978-4832275485
  • 発売日: 2005/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
前巻もレビューしましたが、大井昌和さんの描くハートフルストーリーのコミックです。
残念ながら、この第二巻で終了となってしまいました。
タイトルどおり、女子中学生の風華の周りの人々の人間模様を描いています。
前巻で、直接は風華に関係ない、まさしく「風景」の人たちの話でしたが、今回は風華自身も含めた近い人々の話が中心です。
親友の家族、学校の先生、etc…
お奨めは第十八話の「思い出挽き語り」(←誤記ではないです)。
定年を迎えた課長さんのお話です。
もちろんそれ以外も良い話ばかりです。
そして、最終回で綺麗にまとめてくれてます。
読んで損はさせない作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
『風華のいる風景』はこの巻で残念ながら完結します。
この作品は風華という中学生の少女の周りの人々のヒューマンドラマを描いたハートフルな短編集です。ただし、短編集といっても風華は毎回出てきますし、以前出てきたキャラクターが再登場したりしています。
前巻では基本的にラブストーリーが中心だったのと同様、この巻でも恋愛ものが中心です。だから苦手な人は読めないと思います。僕は楽しませていただきましたが。
僕は最後の話は風景と彼女の親友との話になると思っていたのですが、風華は最後まで脇役だったということが印象に残りました。しかし、こういうところは風華はちゃんと「風景」役に徹していると思います。
2巻は1巻に比べて風華の身近な人物が多々登場してくるせいか、風華の登場シーンが増えます。
さすがに前巻のかなり始めの方に出てきた人物が再登場していたのには驚きました。
読み応えのある作品だと思いますよ。
もちろんまとめて読むに越したことはありませんが、個人的には1巻の方が好きです。ただ、1巻は心が温かくなりますが、2巻ではなんだかいろいろと考えさせられましたね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック